165件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 多久市議会 平成31年 3月 定例会-03月01日−01号 発災時に、災害対応の職員が、携帯タブレット端末等を活用して画像交信を含む災害情報共有や、IoT技術を活用した水位計による情報把握等により、適切で迅速な災害対応に繋げます。  佐賀広域消防局多久消防署の(仮称)多久南西出張所が、東原庠舎西渓校南東側に平成32年度までに整備予定であります。 もっと読む
2019-02-08 みやき町議会 2019-02-08 平成31年第1回臨時会(第1日) 本文 私は特別委員会の委員になっているんですけれども、先ほどリストを特別委員会のほうに示されたということで、このタブレットの中にもリストは入っているわけですよね。 もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 例えば、茨城県の石岡市では、電子決裁システム導入やタブレットによる決裁資料の確認の検討、会議時間の上限時間設定、午後4時以降の会議開催の原則的な禁止などを文書で明らかにしております。滋賀県の長浜市では、時間差出勤を打ち出すなどしております。  今ほど業務の効率化という部分にも触れていただいたかと、効率化の部分には。 もっと読む
2018-12-12 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月12日-07号 広場の中で、タブレットで仕事をしているビジネスマンや、会話を楽しむ小さなお子様連れの若い母親のグループ、ストレスレスに過ごされている高齢者の方のひなたぼっこの風景など、いろんな人生がその広場で交錯していました。 もっと読む
2018-12-11 みやき町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 そのとき、子供たちが生まれたときにこういうのを差し上げているんですといって出されたのが、皆さん、タブレットの中に見ていただければおわかりと思います。開いてください。     〔タブレットにより説明〕  「たからもの」というもので、こういう冊子があるんです。この冊子はどこが出しているかといったら、教育委員会が出しているんです。 もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 みやま市では、市が55%出資したみやまスマートエネルギーの太陽光発電による売電収入で、電力販売とセットにして高齢者の見守りサービスとか、それから、みやま横丁というタブレットの中につくられた商店街で、農産物や6次産業化で開発された地域の特産品など、1,000点を取り扱って、注文を受けたみやまスマートエネルギーが各商店や事業所から物を集めて、注文したおうちに配達するという買い物サービスをすることで、買い もっと読む
2018-12-10 みやき町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 タブレットにより説明〕  そのときの答弁によると、以前より県に対して改修の要望をいたし、平成10年度から護岸設計と用地買収に着手したが、地権者の同意が得られずに事業が中断しました、これは平成10年度からですよ。そして、平成18年度も再度交渉を行ったが、このときも同意が得られなかった、この左部分の地権者ですね。再度また平成21年度に県に対して要望書を提出されております。 もっと読む
2018-12-06 みやき町議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 行政視察研修関係では、10月18日に福岡県広川町議会より議員6名が「議会のタブレット導入によるペーパーレス化の取り組みについて」、10月22日に静岡県焼津市議会より議員5名が「学校給食について」、10月26日に愛知県東浦町議会より議員4名が「ふるさと納税の取り組みについて」、11月12日に鹿児島県志布志市議会より議員7名が「学校給食の無償化への経緯について」をテーマに研修にお見えになりました。   もっと読む
2018-12-06 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月06日-03号 誰もが市ホームページを支障なく利用できるように、パソコン、スマートフォン及びタブレット等の機器や、ブラウザ等のさまざまな環境においても利用しやすくなるような対応に努めております。  ホームページの運用については、各業務の担当部署が随時、最新の情報を提供できるように更新しております。 もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 事業の概要といたしましては、小中学校の各学級に電子黒板を配備し、特別支援学級には電子黒板及びタブレット型情報端末を配備、また、小学校には国語、算数、社会、理科、中学校には国語、数学、社会、理科、英語のデジタル教科書を全学年分整備しております。   もっと読む
2018-09-19 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月19日-05号 そこで私は、コミュニケーションをいろんなケースでとられる際のボード型、もしくはラミネート型、スマホ、タブレット等のICT機器などのコミュニケーションツールは有効的に活用できるのではないかと思います。窓口で今、一番説明が難しいといいますか、例を挙げますと、マイナンバーとかは、(資料を示す)こういった写真や絵、イラストですごくわかりやすくされている自治体もございます。 もっと読む
2018-09-18 みやき町議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第5日) 本文 今回、認定第1号から認定第7号により平成29年度みやき町一般会計及び特別会計への歳入歳出決算認定について御説明を申し上げますが、説明資料といたしまして、決算概要説明書及び決算額前年度対比表をタブレットに掲載しておりますので、説明は概略説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。   もっと読む
2018-09-14 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 市民課の窓口で、写真もささっと撮影してくださり、デジカメの画面を見せて、この写真でいいですかというふうに、具体的に優しく確認をしてくださり、申請書はもちろん自分で記入することもなく、タブレットをタッチするだけでオーケーでした。市報にも書いてありましたが、本当に5分程度で申請処理ができ、1カ月後ぐらいに受け取りに行くだけだったように思っております。   もっと読む
2018-09-14 みやき町議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 通瀬川の日常時と、大雨時の通瀬川、前川の状況については、写真を準備しておりますので、後ほどタブレットでごらんをいただきます。  この一連の動きと現地視察の中で私が強く感じましたことは、通瀬橋以北の通瀬川につきましては、上流部の開発と長年の放置状況によって河川としての機能を果たせなくなってきており、越水というSOSの緊急信号を通瀬川が発信しているのではないかということを感じた次第であります。   もっと読む
2018-09-13 みやき町議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 タブレットにより説明〕  まずティアラみね苺館ですが、これは正面です。  2枚目いいですか、あそこにちょこっと鉄棒が2個ついているんですね。あれが多分もう最大の設備、遊具だと思いますけど、ほかには何もなかったです。それで、なかなかスペースが狭くて設置しようにもちょっと厳しいかなというのもありまして、3枚目をお願いします。 もっと読む
2018-09-12 みやき町議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 タブレットにより説明〕  これは国道34号、鳥栖方面から佐賀方面に向かって右側が昔のNOKです。このガソリンスタンドのところです。これは鳥栖方面から来た車は左側、ゼブラゾーンが薄くありますけど、この左側を旧国道34号、中原地区に入っていくところです。ここが全くわかりません。 もっと読む
2018-06-26 伊万里市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月26日−05号 本市の課題でありますパソコン1台当たりの児童生徒数、要するに可動型のパソコン、いわゆるタブレットをふやすということですよね。それから無線LAN、これが現在7%ということで、ある意味、2020年に向けての早急な対策が必要になるのではないかなと思いますけれども、どういう認識をされているのか伺いたいと思います。 ○議長(前田久年)  教育部長。 もっと読む
2018-06-20 佐賀市議会 平成30年 6月定例会−06月20日-07号 スマホやタブレット──パソコン等もありますが、こういった便利なツールを利用したバスのロケーションシステムをことし3月に導入されたと思いますが、どういったものなのか、お伺いいたします。 もっと読む
2018-06-11 みやき町議会 2018-06-11 平成30年第2回定例会(第5日) 本文 節の9.旅費は、官民連携視察のための特別旅費を、節の11.需用費ではタブレット関連の消耗品費を計上いたしております。  款の2.総務費、項1.総務管理費は16,902千円の増額です。  9ページをお願いします。目1.一般管理費、節9.旅費は官民連携の調査研究のための経費等をお願いいたしております。   もっと読む
2018-06-08 唐津市議会 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月08日−02号 これは救急活動を支援するシステムであり、専用のタブレット端末を活用して、傷病者の症状を含む一連の救急活動をデータ化することで、年々増加傾向にある救急出動に対し、円滑な業務ができ、次の救急出動に支障なく待機できるようになるというものです。  以上です。 ○議長(田中秀和君) 古藤議員。 もっと読む