468件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

◆御厨洋行 議員   厳しい答えが来てしまいましたけど、確かにストライダーというのは実際スピードも結構出ますもんね。そもそも一般公道では乗れない乗り物と。そこは確かにそうです。  ただ、しつこいですけれども、先ほどお伝えしたように、自転車のトレーニングとしては、部長技術習得ということも最初に言われました。そういうふうにしてトレーニングとしては最適な乗り物です。

みやき町議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第6日) 本文

とてもじゃないけど、目が回るようなスピードでする必要は私はないと。もっともっと中原校区の残された財産である綾部神社から北部丘陵地域の宝でありますところのこの土地の計画、開発については慎重に対処すべきではないかというふうに思っております。  それと、私はもう一つ、町長に申し上げたいのは、定住対策事業に取り組まれてきたわけですね。それから7年か8年の日時が経過をいたしております。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

それから、中にはパトロールということで通過されるタイヤの大きな車が早いスピードでだっと行かれると間違いなく家の中に水が入ってくると。こういうふうな状況というのはあちらこちらで見受けられているわけです。  こういった苦情が絶えなかったわけでありますが、こういったことについて根本的な対策はできないのか、お伺いいたします。

みやき町議会 2019-09-18 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5日) 本文

年内の早い時期に、まず本町の西の行政境の候補地について示させていただき、来年の4月には間に合わないかもしれませんけれども、その待機児童解消とともに、定住促進に歯どめというか、スピードが、早くても今その体制があれですけど、とまらないような整備をしていきたいと考えています。西側については年内に候補地を示させていただきます。  

みやき町議会 2019-09-11 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日) 本文

また、駐車場に入る車、出る車、この中には駐車場内にもかかわらず、結構なスピードを出されている車、これも目にいたします。多くの方が利用される町の施設駐車場での事故を防がなければなりません。事故防止策についてお尋ねするものです。  ここで写真をごらんください。     〔タブレットにより説明〕  この写真は、体育館入り口東から駐車場入り口を見たところでございます。  

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

そしてまた、先日は福岡高齢者の運転するワゴン車が反対車線を交差点に向かって猛スピードで逆走し、対向のタクシーと衝突、交差点に進入し右折しようとした2台とぶつかり、歩道に乗り上げ、付近にいた数人が巻き込まれるという悲惨な事故が起きました。  最近は交差点や横断歩道で待っている方が交通事故に巻き込まれて亡くなったり、歩道に車が突っ込んで亡くなったりする事故が本当に多くなってきているような気がします。

みやき町議会 2019-06-07 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

一定の評価をいただいているところでございますので、今後は集落内の人口が減少し、かつ空き家が廃屋等となり、住環境等を損なっていくことが予想以上のスピードでありますので、その点を踏まえながら、集落内の人口維持とコミュニティの維持のために、この戸建て住宅PFIも用いていきたいと思っております。  

鳥栖市議会 2019-03-25 平成31年 3月 定例会-03月25日−06号

もっとスピード感を持ってやらないといけないのではないでしょうか。  では次、執行部が言われる現実問題として、どうもあの二択を見ると、5条でっていうところには、いっぱい課題が書いてあります。  ところが、こちらのほうにはそういう課題のことについては書いてないですね、追認。  だから、今の執行部としての方向性は大体決まってあるんじゃないかと思うんですね。だから、そういう意味で言っているんですよ。  

みやき町議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

これまでとは桁違いのスピードで我が国の安全保障環境は厳しさと不確実性を増している。従来からの枠組みにとらわれた発想のままではこの国を守り抜くことはできない。平成自衛隊国民の信頼が揺るぎないものとなった時代。次は私たちが自衛官諸君が強い誇りを持って職務を全うできるように環境を整えるために全力を尽くす決意であるということを安倍首相はおっしゃっています。

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

特に給食費の無料化とか、子供医療費の無料化とか、そういう子育て施策の御提言に基づいて年次で行ってきた結果が、そのスピードが予想以上です。現在でも把握しているだけで二百数十区画の開発計画を今協議しています。今、一旦スピードを緩めてもらっているのは、受け皿の保育所が足らないということで、今年度は緊急的に小規模保育園と2カ所、それとさくらの杜保育園も50名、それでもなおかつ申し込みがふえています。

佐賀市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-08号

ICT分野における進展は一段とスピードが上がっているように感じております。このため、次期指針におきましても、有効なICTの製品やサービスを適切なタイミングで柔軟に取り入れていくことができる指針を策定したいと考えているところでございます。  次に、タブレット端末の運用状況についてお答えいたします。  

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

また、自由意見として、車線が減少することでスピードが落ちる、安全になるというふうな御意見、それから、朝夕のアパホテル前の交差点渋滞緩和のための対策をしてもらいたい、それから、自転車は双方向じゃなくて左側の片側通行にしてもらいたいという御意見をいただいたところでございます。 ◆御厨洋行 議員   それでは、少し話が戻りますが、地域住民が一番心配していることです。

佐賀市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会−03月04日-03号

一方で、電動モビリティにつきましては、国交省のほうも、いわゆるグリーンスローモビリティ、そういった名称を使いながら時速20キロメートル未満といいますか、そういったスロースピードで、人数も制限しながらということの自動運転をやっておりまして、これは公共交通機関というよりも、やはり観光目的ですとか、一定の区間を往復するようなシャトル便、こういった部分に有効ではないかというふうに考えておりまして、それぞれの

佐賀市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会−03月01日-02号

また、国立社会保障・人口問題研究所が公表した平成30年の人口推計におきましても、5年前の平成25年当時の推計に比べまして、人口減少のスピードが若干緩やかになっております。しかしながら、日本全体、また、本市においても長期的に人口の総数が減っていく見込みであることには変わりはございません。

鳥栖市議会 2018-12-20 平成30年12月 定例会-12月20日−07号

世界に類例を見ないスピードで高齢化が進む我が国において、認知症の人は年々ふえ続けています。2015年に、推計で約525万人であったものが、2025年には、推計で700万人を突破すると見込まれています。  認知症は、今や誰でも発症する可能性があり、誰もが介護となり得るため、認知症施策の推進は極めて重要であります。  

多久市議会 2018-12-17 平成30年12月 定例会-12月17日−04号

国や県、市町でもそうした取り組みはされていますが、少子・高齢化の流れのスピードにはまだまだ追いついておらず、これからどうなるか心配です。  そこで、少子・高齢化の実態と対策について。  1点目、多久市高齢者の実態について。  2点目、高齢者のひとり住まい、夫婦ふたり住まいは、これは全てそうなることではありませんが、今後、空き家になる可能性がある、その対策について。