8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例会−10月05日-10号

そして、合意事項の3点目に、オスプレイの安全性に関する情報共有ルール構築とありますが、オスプレイの安全性については、直近の例だけでも、昨年8月にオーストラリアで、そして、9月にはシリアでオスプレイの重大な事故が起きました。沖縄での事故の調査報告もなかなかはかどらず、昨年9月にやっと出された状況です。  

佐賀市議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会−09月21日-07号

オスプレイの安全性については、直近の件だけを見ましても、昨年9月に沖縄での事故調査報告がやっと出され、また昨年8月にはオーストラリアで、9月にはシリアでオスプレイの重大事故というのが相次いでおります。  自衛隊佐賀空港利用だけのところをとってみましても、年間1万7,000回、1日60回あるとされるんですね。

佐賀市議会 2017-12-19 平成29年11月定例会−12月19日-10号

その後も、ことし8月にオーストラリアで、9月にはシリアでいずれもクラスAの事故が相次ぎ、オーストラリア事故では3名の死亡者も出ました。このほか、大分空港新石垣空港への緊急着陸などがあり、国民市民もオスプレイに対して大きな不安を抱いています。  これまで国はオスプレイの安全性については問題がないと言い、事故率は海兵隊機全体より低いとしてきました。

佐賀市議会 2017-12-11 平成29年11月定例会−12月11日-08号

米海兵隊のオスプレイは、昨年末の名護市沖での不時着水という墜落事故から、ことしに入ってもオーストラリア沖、あるいはシリアといったところでの大規模な事故、さらには大分空港石垣島での緊急着陸というふうな事故やトラブルが相次いでいるところです。市民の皆さんからも、またかとか、あるいは余りに多過ぎるんではないかというような声も聞かれるところではございます。

佐賀市議会 2017-12-01 平成29年11月定例会−12月01日-02号

次に、9月29日に九州防衛局から米海兵隊普天間飛行場所属のMV−22オスプレイ2機が新石垣空港へ予防着陸した旨の報告があり、また、シリアでもオスプレイ1機が墜落した旨の報告があっております。  次に、11月8日には、防衛省から米海兵隊MV−22オスプレイの最新の事故率について、平成29年9月末時点で3.27という数字が公表されました。

佐賀市議会 2017-06-29 平成29年 6月定例会−06月29日-09号

国際的に見ても、地域最低賃金をとっているのは日本のほか、中国インドネシアフィリピンベトナムメキシコベネズエラシリアなど10カ国にすぎず、全国一律の最低賃金制度が59カ国、部門別、職業最低賃金制が30カ国という状況です。また、金額決定の考慮の要素として、いわゆる事業者側の支払い能力基準項目にしているのは日本だけです。

鳥栖市議会 2013-09-20 平成25年 9月 定例会-09月20日−06号

なぜこうして急ぐのかというふうなことでありますが、今、アメリカ軍ベトナム戦争では10万人、イラク戦争では6,000人、アフガニスタン戦争では4,000人、そして今回、またシリアでの戦争に加担するようなことについて、どうしても自衛隊を一緒にそこに配備しなければならないというようなもくろみがあるのではないかというふうに思います。

  • 1