25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐賀市議会 2019-12-06 令和 元年11月定例会−12月06日-04号

都市計画をつかさどる部長であったし、今、佐賀市コンパクトシティを目指しているわけでしょう。それで、なおかつまちづくりの観点から、現在の交通局の場所がどういう場所か、商業地域になりますよね。それを考えたときに……それともう一つは、交通局が今建設資金として出せる金額というのは少ないと私は感じるんですが。

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

アンケートでは移住を希望する地域の類型としまして、地方都市の市街地が多くを占めており、生活するに当たり、利便性の高いコンパクトシティを求められているのではないかというふうに考えられます。  また、農村、それから山村がそれに続く類型となっておりまして、田園回帰の傾向も見られる結果というふうになっております。  

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-付録

   問   事   項          │ ├────┼───┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 14日 │  1 │宮 崎   健│1.自転車交通安全対策について                │ │ (金) │   │       │2.エクストリームスポーツの振興について            │ │    │   │       │3.コンパクトシティ

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

しかし、その反面、本定例会一般質問初日に宮崎議員からのコンパクトシティに関する質問にもあったように、市街化区域、つまり本来家を建てられる区域に影響が出てきていることも事実であります。都市計画の観点からいくと、このままの制度では問題があるといった意見もあるようで、平成30年2月定例会では嘉村議員も同様の指摘をされております。  

佐賀市議会 2018-03-02 平成30年 2月定例会−03月02日-02号

要するに職住融合の企業誘致を、それから人口減少で廃校になった小学校とか保育所を使って企業誘致を進めるという、とにかく最初に申したコンパクトシティ的なつくり方でやる企業誘致の戦略を練っていると。やはりこのように自治体自治体によって独自性を出さないと、もう今から先の企業誘致って非常に難しいんじゃないかと思うんですけれども、その点、経済部長どうお考えなのか、お答え願いたいと思います。

佐賀市議会 2017-03-13 平成29年 2月定例会−03月13日-08号

もっと前にさかのぼりますと、実は中世は市の立つところに人が集まり、まちが発展したという事実があるわけですけれども、本市のように中心商店街が減少して郊外にまちが広がることは、人口減少時代には大変危惧を覚えるわけで、そういう意味では、佐賀市が取り組んでおられますコンパクトシティという考えがございますけれども、今後のコンパクトシティについての取り組みについてお尋ねいたします。

佐賀市議会 2017-03-07 平成29年 2月定例会−03月07日-04号

そういった部分を解消するために、50戸連檐制度等ですね、これは片方ではコンパクトシティとちょっと矛盾する部分もあるわけですが、50戸連檐制度等を生かしたまちづくり、戸数を伸ばすというんですかね、人口を維持すると、そういう部分ができないかなと思ったんですが、それも余りできていないというような状況。

佐賀市議会 2016-12-07 平成28年11月定例会−12月07日-04号

このように、コンパクトシティづくり及び中心市街地と地域拠点が連携、補完するまちづくりが人口減少、高齢化社会に対応するまちづくりの考え方といたしております。  以上でございます。 ◆江頭弘美 議員   それでは、一問一答に入らせていただきます。  まず、1問目の佐賀駅周辺整備についてでありますけれども、この質問に先立って、私はJA佐賀市中央の関係者とも話し合う機会を得ることができました。

みやき町議会 2015-06-15 2015-06-15 平成27年第2回定例会(第4日) 名簿

長┃ ┃  │       │  いる地方創生事業への取り組みの現状と今後の │副 町 長 ┃ ┃  │       │  見通しについて伺う             │企画調整課長┃ ┃12 │12番 松信彰文│ 1)子育て学びの拠点づくり→事業名:ユニバー │      ┃ ┃  │       │  サルタウンプロジェクト           │      ┃ ┃  │       │  コンパクトシティ

みやき町議会 2015-06-12 2015-06-12 平成27年第2回定例会(第3日) 本文

職場や商業施設の集まる中心市街地に住居を置くコンパクトシティを目指す」ということで、うちの町も、こすもす館の横に商業施設、こういうのを先取ってやっております関係で、できるならば私も商業施設の関係近くで、ここを全体を開発ということで、この部分をケーズデンキがして、ここをこのままにするんじゃなくて、これをコンパクトシティということで宅地ですね、戸建てをしたらいかがなものかと思いますけれども、その点を踏まえた

佐賀市議会 2015-03-06 平成27年 3月定例会−03月06日-02号

このようなことから、市街地の拡散を適切に抑制するとともに、生活に必要な都市機能がそれぞれの拠点に集約され、効率的で持続可能な都市構造、いわゆるコンパクトシティの実現を目指す必要があると考えております。  具体的には、平成22年3月に策定した佐賀市都市計画マスタープランにその方針が示されており、市域全域に共通する方針としましては、次の2点を示しております。

みやき町議会 2014-12-11 2014-12-11 平成26年第4回定例会(第2日) 本文

東京一極集中というものを、県境を越えて、道路や川を越えて、ともに久留米にないものをみやき町、みやき町にないものは久留米、鳥栖市にないものをみやき町、お互いの県境を越えたエリアの中で、東京に負けないぐらいの、自然文化を守りつつ、コンパクトシティをつくるのが、そのことによって人が都会へ行かなくて、むしろ都会に行った人が地方に帰ってきて、働く場、暮らしがある場をつくろうというのが地方創生基本理念です。

佐賀市議会 2014-06-25 平成26年 6月定例会−06月25日-付録

──────────────────┤ │    │  4 │千 綿 正 明│1.市営団地の電気料金削減について                │ │    │   │       │2.二世帯住宅固定資産税減免について              │ │    │   │       │3.中学校でのネット教育について                 │ │    │   │       │4.コンパクトシティ

佐賀市議会 2014-03-19 平成26年 2月定例会−03月19日-付録

取り組みについて             │ │    │   │       │ (5) 対象学年の引き上げについて              │ │    ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │    │  3 │松 尾 和 男│1.まちづくりについて                    │ │    │   │       │ (1) コンパクトシティ

佐賀市議会 2013-12-20 平成25年12月定例会−12月20日-付録

事業予算の概要は  (2) 現在までの発注状況と進捗は  (3) 入札の不調が多く発生しているようだが実態は  (4) 平成24年度予算の繰り越し分の年度内事業完了のめどは 11 ▲野中康弘 1.公民館のあり方について 2.佐賀国体招致について   2023年の国体招致について市の考え方を問う 3.市のあらゆる行政サービスについて現状を問う   正規・非正規職員の現状について 12 ▲宮崎健 1.コンパクトシティ

佐賀市議会 2013-06-14 平成25年 6月定例会−06月14日-07号

そういった意味で言えば、中心市街地に人を集めなければいけない、コンパクトシティにしなきゃいけないという、片方で旗を掲げておられるならば、そちらに向かって交通機関をある程度集中させていくということは、当然理屈としてあるべきことであるというふうに自分は考えるわけでございますが、これについては堂々めぐりになるのでやめておきます。  私は現在63歳、もうすぐ64歳になります。団塊の世代の最後でございます。

  • 1
  • 2