98件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

講座の後半の基礎課程では、講義5時間、実技40時間の計45時間で延べ27日間のカリキュラムになっており、障がい福祉の概要、手話奉仕員活動の概念等を講義の中で学び実技においては、手話の基本文法の取得及び応用練習により、聾者との手話による会話を通じ、実践的なコミュニケーション能力を習得していただきます。  

鳥栖市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会-03月22日−05号

過去の市長答弁で、受け手の受け取り方の問題であるとは、コミュニケーション能力が未成熟な子供たち同士では、ときにいじめるつもりはなくても相手にいじめられたと受け取らせてしまう場合があると市長は御発言をされました。  しかし、受け手がいじめだと感じたら、もうそれはいじめであり、受け手の受け取り方の問題では絶対にありません。  市長の発言は大変重いものです。

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

乳幼児期は、言葉の発達を初めとしたコミュニケーション能力、対人関係や社会性の育ち、さまざまな認知機能の習得、集団生活などその後の自立や社会参加の基盤を形成する時期であり、この時期に適切な支援を受けることができないと就学後の学習面や生活面にさまざまな困難を抱えることも多くなり、情緒不安や不適応行動が生じる可能性もあります。  

佐賀市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-04号

ここではちょっと紹介を省きたいと思いますけれども、部活動の意義から考えますと、やはり部活動というのは技能とか競技力向上のみが目的ではなく、生徒の体力の向上、あるいは生涯を通じてスポーツに親しむ基礎を培う、好ましい人間関係コミュニケーション能力の向上等幅広い教育効果を期待して行うものでございます。  

鳥栖市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日−03号

そこは、保育園と並立されているところで、入ったらメーとヤギが鳴き、ここにはウサギがぴょんぴょんはねて、遊具がすごく、大工さんがそこに専属でおられて、その大工さんの隣で、不登校学校に行けなかった子たちが、トントンって手伝いながらとか、ほか、隣の保育園に行って、子供たちをあやして、コミュニケーション能力をすごく高めて、今まではびくびくしていた子たちが、どんどん成長していくっていうのを、もう本当、目の当

鳥栖市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日−02号

「また、子供たちに対してでございますが、コミュニケーション能力精神的な強さ、これを鍛えていって、できるだけ困難な状況に陥らないようなすべを身につけさせること、そしてもし陥ったとしても、それに打ち勝っていく力を身につけさせて、本人がどう乗り越えていくかというところが重要でございまして、そういう力を育んでいくのが教育ではないかというふうに考えております。」と、市長は御答弁をなされました。  

唐津市議会 2018-09-18 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月18日−07号

また、部下を育てるための会話にはコミュニケーション能力等が不可欠になりますので、議員がいろいろご心配していただいておりますような、そういった管理職に欠かせない研修をぜひやっていくべきだというふうに私も思っております。現在は、一時中断をしておりますけども、コーチング研修を実施しておりましたのは、そういう能力を培うということを意識していたところでございます。  

佐賀市議会 2018-06-20 平成30年 6月定例会−06月20日-07号

包容力と統率力があり、コミュニケーション能力の高い人が求められますとありました。まさにそのとおりだと思います。  しかし、行き過ぎた指導と申しますか、高圧的な態度や言動をする指導者に困っていると相談を受けることがあります。確かに、スポーツとして、またアスリートにとって、強い精神力は必要不可欠ではありますが、それと高圧的な態度での行き過ぎた指導は違うと思います。

多久市議会 2018-06-19 平成30年 6月 定例会-06月19日−04号

資質の向上や能力向上、コミュニケーション能力とか、いろんな話がありました。今、学力の向上の部分については、9年生については、前の議会でも言ったんですが、なかなか高校入試を受けたりするのが難しいような成績の層に対しての夏季の補習とかいう部分があるんですが、これについて対象者を広げていく必要はないのかどうか、お尋ねをいたします。 ○議長(山本茂雄君)  学校教育課長

みやき町議会 2018-06-07 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第3日) 本文

文部科学省が示しております外国語活動充実の目的は、グローバル化に対応できるコミュニケーション能力の向上とコミュニケーションスキルとしての外国語の向上となります。町教委としましては、ALTの学校教育課程における外国語科での活用にとどまらず、配置時間数、派遣委託を含めた委託内容の検証、各学校における需要時数等、より効果的な事業となるよう検討を進めていきたいと考えております。

唐津市議会 2017-12-14 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月14日−06号

そのため、これからの社会生きる子供たちは、みずから課題を発見し、解決する力、コミュニケーション能力、物事を多様な観点から考察する力、さまざまな情報を取捨選択できる力などが求められると考えられます。このような社会の構造的な変化の中、次代を担う子供たちの生きる力を育むことが、より一層重要となると思います。  

みやき町議会 2017-12-12 2017-12-12 平成29年第4回定例会(第2日) 本文

自己アピール枠による採用につきましては、専門性で区切った募集方法ではなく、ある分野において培われた能力、挑戦する意欲や行動力、コミュニケーション能力や物事をなし遂げる力などをはかった上で採用を行っており、早急に町として必要となっていましたITなどの情報分野や高齢福祉分野の企画調整課や地域包括支援センターへ配置をいたしまして、総合土木につきましては建設農業土木免許を持ち、従事した方を採用し、建設

佐賀市議会 2017-12-07 平成29年11月定例会−12月07日-06号

8番目に、保全活動の推進に直結するCEPA活動──いわゆるコミュニケーション能力養成、教育参加、普及啓発活動を意味する略称でございますけれども、これを推進することとされております。  以上でございます。 ◆山田誠一郎 議員   この佐賀ステートメントを、今後どのような形で進めていかれるのか、お示しいただきたいと思います。

唐津市議会 2017-10-04 平成 29年 9月 定例会(第5回)-10月04日−11号

地域活動支援センターへの通所利用は、目的を持った定期外出を促すことにより、生活のリズムが整い、また交流会などへ参加されることにより、社会参加に必要なコミュニケーション能力の形成などにも有効であるというふうに考えております。  また、地域活動支援センターの活動内容によりましては、軽作業などで工賃が支給される方もおられまして、就労意欲への向上など、効果もあっているというところでございます。  

唐津市議会 2017-09-12 平成 29年 9月 定例会(第5回)-09月12日−04号

また、市役所におきましても、障害者就業・生活支援センターなどと連携し、平成22年度より、チャレンジ雇用として働いていただきながら、事業所等で働く上で必要なコミュニケーション能力向上などに取り組んでおります。  平成28年度までに10名働いていただき、うち3名の方が一般就労されているところでございます。本年度も3名の方を雇用しております。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 白水議員

鳥栖市議会 2017-06-12 平成29年 6月 定例会-06月12日−04号

もし、いじめを受けて、いじめが受け手の問題だとしたら、発達障害子供たちは、どうやってコミュニケーション能力精神的な強さ、打ちかつ力を身につけ、本人がどう乗り越えていくことができるのでしょうか。果たして、乗り越えていく教育ができるのでしょうか。私は疑問に思います。  私は、自分への尊厳、自分をとうとぶこと、そして、相手を敬い、相手を尊重する人間教育こそが大事であると思います。

唐津市議会 2017-03-15 平成 29年 3月 定例会(第2回)-03月15日−07号

社会グローバル化が急速に進展する中で、これからの時代を生きる児童生徒の外国語、なかんずく英語教育、それから異文化理解教育コミュニケーション能力育成はますます重要になると考えております。  同時に、個人的な意見を言わせてもらいますと、外国語教育は大事であります、これから。同時に、国語教育日本語教育が大事と考えております。外国語を理解するためには、我々の母語の力がないといけません。

鳥栖市議会 2017-03-10 平成29年 3月 定例会-03月10日−04号

また、子供たちに対してでございますが、コミュニケーション能力精神的な強さ、これを鍛えていって、できるだけ困難な状況に陥らないようなすべを身につけさせること、そしてもし陥ったとしても、それに打ち勝っていく力を身につけさせて、本人がどう乗り越えていくかというところが重要でございまして、そういう力を育んでいくのが教育ではないかというふうに考えております。