94件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥栖市議会 2019-03-20 平成31年 3月 定例会-03月20日−04号

また、発生したバイオガスを、発電利用、年間410万キロワット発電量、これは一般家庭の約1,000軒分がありました。  鳥栖市は組合に対し、生ごみバイオマスなど、焼却施設でない、環境に配慮した施設について検討するよう要望を行われたのでしょうか。お尋ねいたします。 ○議長(齊藤正治)  橋本市民環境部長。

佐賀市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-08号

その後、平成22年には市立図書館に年間約3万キロワット太陽光発電設備平成23年には下水浄化センターに年間約340万キロワットの消化ガス発電設備の導入が進められ、平成24年以降につきましては、学校公民館等の公共施設太陽光発電設備が次々と設置され、現在、市立図書館と合わせて年間約58万キロワット太陽光発電設備による発電量となっているところでございます。  

鳥栖市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日−03号

対策では、全国およそ120の河川で決壊を防ぐための工事や、全国16の重要な空港を対象に、電源設備の浸水対策や、ターミナルビルの耐震対策を実施するとしているほか、北海道地震で発生したブラックアウトを防ぐため、工場や事業所に自家発電設備など、おおよそ55万キロワット分の分散型電源を導入するなどとしています。  

佐賀市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会−09月20日-06号

そこは全電源の61.82%を全て太陽光発電で賄いながら再生可能エネルギーでやっているということで、年間の電力の約2,100万キロワットアワーを予定価格の70.5%、約4億4,500万円で落札したということだったんですが、佐賀市では電力調達はどういう状況にあるのかということをざくっと説明していただきたいと思います。

多久市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−03号

ただ、非常用発電機の出力が3.5キロワットとなっておりますので、テレビとか照明程度であれば対応可能かと思いますけれども、クーラーとか空調設備の稼働はできないものと考えております。 ○議長(山本茂雄君)  樺島永二郎君。 ◆8番(樺島永二郎君)  わかりました。それは大きな発電機を準備しても、多分そのような状況になるのかなと思います。よっぽど大きいやつじゃない限りはですね。  

みやき町議会 2018-06-11 2018-06-11 平成30年第2回定例会(第5日) 本文

第6項は、5,000キロワット以上の特定水力発電設備での固定資産税の課税標準額を3分の2にするものでございます。  第7項は、1,000キロワット未満の特定地熱発電設備固定資産税の課税標準額を3分の2にするというものでございます。  第8項は、1万キロワット以上2万キロワット未満の特定バイオマス発電設備で、固定資産税の課税標準額を3分の2にするものでございます。  

佐賀市議会 2018-03-23 平成30年 2月定例会−03月23日-11号

2017年の九州電力の需給実績を見ると、供給力2,022万キロワットに対し、最大需要は8月1日に1,585万キロワットで、437万キロワットの余力がある。予備率も27%であることから、全国の他の電力会社と比べれば大きな余力がある。  これらのことから、原発の再稼働の必要性はない。再生可能エネルギーへの比重こそ高めるべきである。  よって、玄海原発3号機及び4号機の再稼働には絶対反対である。  

佐賀市議会 2018-03-06 平成30年 2月定例会−03月06日-04号

実際、九州電力供給力2,020万キロワットに対し、昨年の最大需要であった8月1日でも1,585万キロワットで78%しか使っておらず、わざわざ危険でコストのかかる原発を動かす必要は全くないと思います。とはいえ、現に存在する原発の事故の確率はゼロではなく、もしも苛酷事故が起きた場合にどうなるかということを意識しておく必要があります。  

佐賀市議会 2017-03-13 平成29年 2月定例会−03月13日-08号

さらに、再生エネルギーのコストについても、日経新聞の1月28日付で、規模拡大で再生エネルギーのコストの低下が加速しているということで、ヨーロッパの洋上風力発電が1キロワットアワーで約6円とか、アラブ首長国連邦太陽光プロジェクトは約3円とか、それに比べると安いとされてきた原発も、一旦苛酷事故が起きれば賠償金だとか、事故の収束、廃炉に至るまで天文学的なバックエンドコストがかかると、それを考えたら、どっちを

佐賀市議会 2016-12-05 平成28年11月定例会−12月05日-02号

なお、太陽光発電の設置数は、国、県、市の補助が終了した後もふえ続けておりまして、固定価格買取制度を利用した住宅向きの10キロワット未満の太陽光発電の件数は、平成27年度の新規導入数が524件となっております。また、平成23年度から自治公民館への太陽光発電システムの設置に対する補助も行っておりまして、これまで31件の設置を支援いたしました。  4つ目は、市民や事業所への普及啓発活動です。  

多久市議会 2016-09-16 平成28年 9月 定例会-09月16日−03号

ただし、九州電力から入手いたしました平成28年9月7日時点での資料によりますと、高圧50キロワット以上の事業用太陽光の契約件数は6件ありますし、低圧50キロワット未満の敷地分割型の契約件数は127件ございまして、合わせますと合計133件となっています。  次に、苦情等の処理についてのお尋ねです。  

みやき町議会 2016-09-12 2016-09-12 平成28年第3回定例会(第4日) 本文

現在、500キロワット以上の高圧電力事業者に電力を販売できる新電力、これが特定規模電気事業者と言っておりますけれども、11月30日現在、経済産業省に753社が届けられているというふうなことでございます。登録を認められた企業においては、一般向けなどで積極的な電気販売事業を展開できるようになったというふうなところであります。  

佐賀市議会 2016-03-09 平成28年 2月定例会−03月09日-06号

なお、この施設発電量が2キロワットから3キロワット程度のもので、平成28年度に水利権取得の手続を終え、平成29年度までには工事に着手をしたいと考えております。  現在、県内には河川や水路を利用した小水力発電は実績がございません。そこで、施設整備後は小水力発電のモデルとして再生可能エネルギーの普及、啓発への活用を図っていきたいと考えております。  以上でございます。

みやき町議会 2015-09-09 2015-09-09 平成27年第3回定例会(第2日) 本文

現在の調達価格については、10キロワット以上の非住宅太陽光発電設備については、1キロワット当たりの買取価格が税別の27円というふうになっております。買取期間については20年となっているところでございます。この調達価格を基本といたしております。  それから、使用料算定の受益率につきましては、募集要項の中で100分の3以上の提案とすることを定めております。  

佐賀市議会 2014-12-10 平成26年11月定例会−12月10日-06号

原発の正体は何かといえば、100万キロワットの原発が1日稼働するだけで、広島型原爆の3発分、1年間で1,000発分の死の灰をつくるんだということを改めて考えていただきたいと思います。玄海原発3、4号機というのは大飯原発の3、4号機と同じ加圧水型で、出力は同じく118万キロワットが、それが2つですよね。ですから、再稼働すれば膨大な死の灰が生まれるわけですよ。  

佐賀市議会 2014-09-16 平成26年 9月定例会−09月16日-03号

佐賀市じゃないんですけど、佐賀県において、これは新聞等で発表されましたけど、伊万里のほうで木質バイオマス、これはヤシがらを使った、木質バイオマスを使って発電をするということで、20万キロワットの非常に出力の高い、木質バイオマスの中では国内最大級の施設を建てるということでありますけど、このヤシがらについては農業のほうでもヤシがらを使った土壌改良剤等もこれは施設園芸農家等も使われており、いろんな形で使われておりましたけど