611件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥栖市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会-03月22日−05号

タイトルにありますように、新鳥栖駅から武雄温泉駅51キロをフル規格にした場合の財源内訳の表でございます。  まず、貸付料を2,400億円、ここにございますけれども、これを控除しました。  お手元にある資料3を見ながら聞いていただければなと思うんでありますけれども、その右下に、フル規格のほうの収支改善効果約86億円という数字がございます。

伊万里市議会 2019-03-11 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月11日−04号

この小学校を中心に半径2.5キロ圏内には博多港、また天神地区、それと福岡空港とJRの博多駅が入っているという好立地条件だったです。でも、空洞化でどうしても小学校の人数が少なくなったという、これまた奇妙な現象のところでもございました。この特区申請を福岡市が行ったのが、髙島市長が東京で同様な施設を視察に行かれて、ぜひこれを福岡でもやりたいということで実現したそうです。

唐津市議会 2018-12-17 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月17日−07号

呼子─唐津間20キロ弱でありますけれども、渋滞の折には1時間以上かかるわけです。マイカー、家族で唐津にイカを食いに行こう、名護屋城に見学に行こうというときに渋滞に遭い、トイレは行きたい、子供たちからやんや言われる。しかし、どこにトイレがあるかわからない。こういうことでは観光客に対する優しさというか、私は不足しておるなと強く感じておるところです。  

多久市議会 2018-12-14 平成30年12月 定例会-12月14日−03号

その後、交通量の増加に伴いまして、平成6年度に佐賀唐津道路として地域規格道路の指定を受け、整備を進めており、現在までには全延長約40キロメートルのうち、厳木バイパスでございます6.3キロメートル、また、厳木多久有料道路であります3.6キロメートル、さらに、東多久バイパスの6.7キロ、合計16.6キロが供用開始となっています。  

唐津市議会 2018-12-13 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号

また、原発再稼動に対する30キロ圏内自治体による同意権の要求も多数となっております。再生可能エネルギー推進の取り組みも聞くところです。  そうした中で、私は原発問題についていろいろと課題が生じていて、立地自治体と同等の安全協定が必要であるが、協定締結についてどのように考えているのかと、市長に就任されてから、毎回質問をしてきましたけども、現在の協定に基づいて運用していくとの答弁の繰り返しであります。

鳥栖市議会 2018-12-13 平成30年12月 定例会-12月13日−05号

57億円に12億円が、国道3号がキロ32億円なんですよね。  鳥栖市が試算されている酒井西宿町線、この、コカ・コーラさんまでぶった切ると、大体キロ47億円かかるということなんで、もうちょっとかかるかもしれんけど、とりあえずキロ50億円で計算したら12億円。何やかんやでプラス3億円で72億円と。  これも、考えれば、7,200万円ぐらいのイメージ会社でいう。  おまけに設備投資ですよね。

伊万里市議会 2018-12-13 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号

はこの事業は原発立地自治体に助成するものであったが、今回からUPZ圏内の自治体に対してということで状況が一部緩和されたということですが、本来、私はこういう微々たることでもあるんですが、将来に向かっていい事業をやっているわけですから、各自治体が特定された自治体じゃなくして、全国そういう方向性を持っている意欲のある自治体であれば、どこの自治体だって取り組むべきだろうと思っているんですけれども、今回から30キロ

鳥栖市議会 2018-12-12 平成30年12月 定例会-12月12日−04号

では、もう一点、期日前投票所の増設とか、投票所の見直し、また、投票所の増設というのは、今後検討できないのかなというふうに思うんですが、例えば、期日前投票所、今現在、鳥栖市では鳥栖市役所1カ所でございますが、これを各まちづくり推進センターで投票できるようにするというのは難しいのかなというふうに思うし、また、現在の投票所の編成では、地区によっては、投票所まで3キロ近く離れている地区もございます。

伊万里市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号

右側の真ん中の上のほうに、1キロ540円ですから、60キロに換算しますと約3万円ぐらいになるという高級な食材になっています。とても貴重なお米であります。  このつくり方もですけれども、商品を販売するときにどういうパッケージが大事なのかということで、佐賀大学芸術地域デザイン学部の方々の協力を得て、ホシユタカのパッケージができ上がったところです。

唐津市議会 2018-10-03 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号

事業実施による成果でございますが、平成30年1月から稼働しておりますので、平成30年1月から8月までの期間で前年と比較を行いますと、まず出荷量でございますが、前年11万9,705キロから13万1,213キロと、9.6%の増加となっております。次に、販売高でございますが、前年1億2,572万円から1億2,766万円と、1.5%の増加となっております。

唐津市議会 2018-09-18 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月18日−07号

原子力発電所30キロ圏UPZ自治体避難計画作成が義務づけられましたけども、ということは、30キロ圏まで危険ですということです。本市においても、権利だけじゃなくて我々は義務を獲得するやはり必要があると思います。  再度お尋ねしますけど、立地自治体と同等の安全協定締結の考えはないのですか。 ○議長(田中秀和君) 峰市長。           

伊万里市議会 2018-09-14 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月14日−06号

この中もイラストがたくさんあって、本当に子どもにもわかりやすいようなものがつくられておるんですが、この篠山市は前にも紹介いたしましたが、福井の原発から50キロ以上、50キロですよ、離れています。ここの市長の思いで、憲法保障された皆さんの人格権を守るために原発事故に備えているという一文がこの中にあるんですよね。

伊万里市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月13日−05号

敷地面積が7,000坪以上、建築面積が4,200坪以上、半径10キロ人口50万人以上、こういうところがあって、駐車場が800台以上、こういう要件をクリアすることはできるなと思ったんですけど、この人口50万人以上がクリアできなかったものですから、逆に、松島搦を中心に50万人になるようにコンパスで線を引いて、1時間以内で来れる50万人というふうにつくってやってみたんです。佐世保市唐津市平戸市

唐津市議会 2018-09-12 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−04号

◆30番(白水敬一君) 大雨の中をどうして歩いていけるか、こういうのは考えたらすぐにわかると思いますし、しかしこういったことも、正確な情報の伝達というのが、僕は必要になってくるというふうに思いますので、もう一度伝達の方法について、また、避難所の選定についても、いきなり市民センターに来いって言われても、例えば厳木についても、あそこまで3キロもあるところに、わざわざ歩いていかなければならないというのもおかしい

唐津市議会 2018-09-11 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月11日−03号

まず、消防車両の更新年限についてでありますが、これまでの更新実績や佐賀県内の各消防本部消防車両更新整備状況を参考に、唐津消防本部として、内規の基準を定めており、高規格救急自動車にあっては、購入から8年経過、または、走行距離10万キロ以上というものを更新の基準としております。  今回更新予定の中部分署配置の救急自動車の状況です。

伊万里市議会 2018-06-27 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月27日−06号

やはり30キロ圏内の市町が連携をとることによって、県のほうも国に対してのいろんな要望あたりもスムーズにいくのじゃないかなと思っております。伊万里も避難道路あたりも、なかなかまだ整備はされておりません。そういった整備をする費用あたりも、国に対しても要望していかなければならないと私も考えております。

伊万里市議会 2018-06-26 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月26日−05号

伊万里からいうと先になりますけど、踏切のところまで約1.2キロから1.3キロあります。ここは先日の議会報告会の中でも、地元の方が危なくてしようがないという指摘もいただいております。  久原インターができる前に、地元の市民も当時の市長も、そして伊万里市もみんな、あそこを高架で渡したほうが安全でいいよねと思っていたわけなんですよ。