292件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

◎喜多浩人 環境部長   私からは、2点目の環境問題について、ミヤマガラス対策として実施したLEDライトによる照射実験の成果についてお答えいたします。  ミヤマガラスは、10月から3月ごろまで、越冬のために主に朝鮮半島中国大陸北部から九州を初めほぼ全国に飛来する渡り鳥です。佐賀公園の周辺の市街地をねぐらとし、集団で行動するのが特徴であります。

みやき町議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第5日) 本文

先ほど議員から写真で御紹介があったように、1階はウエルカムフロアとして事務室、エコライブラリー、ガラス工房などの部屋が、2階はエコリサイクルフロアとして研修室、和室、体験工房、浴場、トイレなど、3階にガイダンスホールやルーフガーデンを備えております。  今回御指摘のように、災害時の避難施設から仮設住宅などへ移るまでの一時的な仮住まいの場として活用ができないかとの御質問でございます。  

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

ヒアリングの中で、現在、鳥獣害の、主にカラスですけど、個体の減少ということで、毎年減少を狙って、箱わなで900羽程度、それと猟友会による駆除で700羽程度ということで、年間千五、六百羽程度、個体数を減らしているということでしたけれど、実はJAさがの中部地区の農政協議会との意見交換会があった折に、やはり農家の方から、ことしは非常にミヤマガラスが多かったということで、麦をまいた後にミヤマガラスが悪さをして

佐賀市議会 2018-12-20 平成30年11月定例会-12月20日-09号

次に、本事業の方針を決定する起案文についてですが、社会バスケットボールチームに使用させることが体育館整備に至った大きな理由の一つであるにもかかわらず、そのことには一切触れられておらず、また、理由として記載されていた窓ガラスの破損については、実際にはそのような事実はなかったことがわかりました。  

佐賀市議会 2018-12-20 平成30年11月定例会−12月20日-付録

──────────────┤ │ 7日  │  9 │福 井 章 司│1.コンベンションについて                    │ │ (金) │   │       │  市の考え方を問う                      │ │    │   │       │2.カラス対策について                      │ │    │   │       │  ミヤマガラス

みやき町議会 2018-12-14 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第4日) 本文

平成30年9月4日午後2時30分ごろ、みやき町立中原中学校駐車場において、刈り払い機による除草作業中にはねた小石が駐車場の車両の左側後部座席のドアガラスに当たり破損した事故でございます。  本件は、学校施設維持管理作業に起因した事故であり、町が加入しております全国町村会総合賠償補償保険により、相手方に対し損害賠償金として全額の21,384円を支払っております。  次のページをお願いします。  

佐賀市議会 2018-12-13 平成30年11月定例会−12月13日-08号

通学路にはブロック塀を初め、屋根瓦や看板、窓ガラスなどの落下物、また自動販売機など、倒れてくる可能性があるものなど、危険と思われるものが多くあることから、地震が発生した場合には児童・生徒がみずから周囲の状況を確認して、倒れてこない場所、落ちてこない場所に身を寄せることなど、みずから身を守る行動をとることを指導しており、今後も指導を徹底したいと思っております。  

佐賀市議会 2018-12-12 平成30年11月定例会−12月12日-07号

◎百崎芳子 教育部長   現在、児童コーナーには東側ガラスで仕切られて独立したおはなしの部屋がありまして、児童を対象にしたおはなし会などを行っております。また、西側児童書の書架の一角には、カーペットを敷いた円形の赤ちゃん絵本コーナーがございまして、赤ちゃんや乳幼児を対象にしたおはなし会の利用のほか、家庭的な雰囲気の中、家族で読書を楽しめる場所となっております。  

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

また、旧富士小学校体育館改修事業の起案文には、「旧富士小学校の各施設を調査したところ、体育館の床については、経年劣化によるだけでなく、不審者のいたずらによると思われる消火器の粉末の散乱や、窓ガラスの破損及びそれにより浸入した雨水による床等の腐食など、ひどく損傷していることが判明した。

佐賀市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例会−10月05日-10号

その際、委員より、佐賀バルーナーズが活用するようになった経緯と体育館の改修内容、改修時期を説明してほしいとの質問があり、執行部より、体育館への投石によるガラスの破損・散乱、雨水の浸入による床の腐食等について平成29年12月に確認を行い、このままでは腐食などの劣化が進み、床の張りかえの必要が出てくるため、補修することとした。

鳥栖市議会 2018-09-21 平成30年 9月 定例会-09月21日−07号

特に、学校関係では、158人に及ぶ児童生徒が重軽傷を負い、1,200を超える学校で、校舎等の天井ガラス等の破損、壁のひび割れ、断水等の物的被害を受けております。  中でも、学校施設ブロック塀が倒壊して下敷きになって、児童が亡くなられたことは大変痛ましく、二度とこのようなことはあってはならないことです。  

唐津市議会 2018-09-18 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月18日−07号

1つは、ガラスの固化設備のトラブルということ。これにつきましては、改良機の実証実験等を成功裏に終えられておりまして、改良機が再処理工場の現場に既に設置済みというふうな情報を得ております。また、工事おくれの主要原因の2つ目につきましては、新規制基準適合審査の対応のことでございます。

唐津市議会 2018-09-13 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月13日−05号

ブロック塀屋根瓦、自動販売機ガラス、外壁、電線等の落下物や転倒物、液状化や隆起するマンホールなどにも注意が必要とされていることを踏まえまして、改めて通学路を確認し、地震が起きた際に、児童生徒が自分自身の判断で身を守ったり、迅速に避難できる安全教育を充実させて、いわゆる生きる力育成を図るための指導を徹底するようにとの通知があったところでございます。  

多久市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−03号

いろんなアンケート調査をする中に、2番目の通学路及び一般道の安全確保の取り組みという中で、通学路に空き家があって、例えば、このアンケートをとる中で、中学校の少し上の北のほうの市道近くに空き家があるところで、子どもが空き家のガラスを石を投げて割ったりとか、そういうふうな状況もあるというアンケートを受けておりました。

みやき町議会 2018-09-12 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第2日) 本文

それから、弁当の殻、中にはガラスの瓶を持って、草刈りしよっときに草刈り機の歯が瓶に当たって、それでガラスが散るということで、非常に後々まで困るという状況でございます。その中でも釣り大会が年に2回ぐらいあっているらしいんですよ。それは社会教育課ではしていないと思うけど、その辺どうか。城野課長、わかればちょっと答弁していただきたいと思います。  

鳥栖市議会 2018-09-10 平成30年 9月 定例会-09月10日−02号

学校関係では158人に及ぶ児童生徒が重軽傷を負い、1,200を超える学校で校舎などの天井ガラスの破片、壁のひび割れ、断水などがございました。また、学校施設ブロック塀が倒壊し、下敷きになった児童死亡しました。  学校施設耐震化は進められていますが、通学路などのブロック塀は盲点になっている可能性があります。  

伊万里市議会 2018-06-21 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月21日−03号

例えば、窓ガラスが割れた。教育委員会に連絡しても、本来だったらすぐに対応されるんでしょうけれども、何かがあってなかなか教育委員会が動けなかったと。そういった場合、こういった校長裁量予算が使えないかなと。使おうとされる校長先生もいらっしゃると思うんですね。そういった際に、一旦、校長裁量予算学校が出しておいて、後から修繕費で教育委員会に上げると。

佐賀市議会 2018-03-23 平成30年 2月定例会−03月23日-11号

初めに、第1号議案 平成30年度佐賀市一般会計予算中、歳出4款2項2目環境予防費のうち、カラス対策業務委託料503万7,000円について、委員より、箱わなを設置すれば捕獲数がふえるという実績があるが、1基だけではなく、もっと設置数をふやせないかとの質問があり、執行部より、現在、箱わなにかかっているのはハシブトガラスとハシボソガラスだが、冬場に飛んでくるワタリガラスのミヤマガラスは入らない。