運営者 Bitlet 姉妹サービス
582件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月20日-09号 それに、さまざまな政策で低所得者を考慮するなら、最低限のインフラである水道やガス、電気は10%にせずに8%にとどめるべきだと考えます。  そして、何より政権が取り組むべきことは、国民が求める将来への不安の解消で、世論調査などで優先的に取り組んでほしい政策課題の上位には必ず社会保障が上がります。将来の年金にも不安が残るからです。総理は自民党総裁選でも、こう言われています。 もっと読む
2018-12-20 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月20日−07号 この中では、少子高齢化や教育、インフラ整備、産業振興、地域の問題点など、さまざまな意見や問題が出たところであります。この先、人口減少が進み、財政状況が厳しさを増す中、我々議員、伊万里市議会に求められている役割は大変大きいものがあると思っているところでございます。   もっと読む
2018-12-17 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月17日−07号 平成28年度当時におきましては、合併特例期間が終了する平成33年度に向け残り5年間のスタートとして各種インフラ整備、人口減少対策に重点を置いた施策の展開を図ったところでございます。  その後、合併特例期間につきましては平成37年度まで再延長されましたが、合併特例債につきましてはこれまで調整を進めてきた結果、現在のところ、本庁舎建設事業に残りの活用を予定しているところでございます。   もっと読む
2018-12-14 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月14日−06号 また、市内各地域の均衡ある発展の観点も含め、既にインフラの整備がされているところへ人が住むことで、既存インフラの有効活用にもできるコンパクトシティのまちづくりの検討もあわせて必要かと考えます。   もっと読む
2018-12-13 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 浜崎駅南側の地域につきましては、JR筑肥線、西九州自動車道、国道202号など、鉄道、道路といった交通インフラ整備がされ、利便性がよいことから、企業の進出意向があるなど、将来的な開発が見込まれる地域でございます。   もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 3つ目の視点ですが、「すべての旅行者がストレスなく快適に観光を満喫できる環境に」とされており、それに対する改革は、ソフトインフラを改善することで、快適な滞在を実現することと、全国で快適な旅行の実現のための地方再生回廊整備、働き方と休み方を改革し、躍動感ある社会を実現することとされております。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 石﨑議員。 もっと読む
2018-12-12 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 ◎政策経営部長(山邉賢一)  周辺部への対策といたしましては、これまでの市の歴史の中でも均衡ある発展の観点からさまざまなインフラ投資でありますとか、例えば、中山間地など、農林水産業への各種支援、地域交通への支援などに取り組んでまいりましたが、今後の人口減少、高齢化に伴う担い手不足や医療、介護費の増加などの課題も踏まえ、先ほどの答弁で申し上げましたこうした現実を直視した上で、まずはそれぞれの地域が主体 もっと読む
2018-12-11 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 この公営企業会計のメリットとしては、複式簿記の採用によって損益計算書、貸借対照表、財務諸表を作成することで、企業の収益性、安定性、将来性を正確に指標分析できるようになり、下水道事業の経営状況を把握するとともに、適切な資産管理を行うことで効果的かつ有効的な施設更新も可能となり、事業コストの削減や公共インフラとしての維持管理にも努めることができるなど、理論的なメリットとしての説明はありました。   もっと読む
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 投資的経費は、公共施設や幹線道路といったインフラが整備されることにより、市民の利便性が向上するという側面だけではなく、地域経済を下支えする役割も持っておるわけですよね。一定の事業費を確保していく必要が私からいえば考えられますけれども、そこで、投資的経費で主にどのようなものが伸びているんでしょうか。 もっと読む
2018-12-07 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月07日-04号 こういうのはやっぱり、基本的にインフラ整備については市が責任を持ってやらなくちゃいけないと思いますけど、そういう開発に市がかかわって、千綿議員の質問じゃないけど、成功した事例はほとんどないんですよね。それをあえてまたする必要があるのかなと思うんですけど、それについてはどうなんですか。 もっと読む
2018-10-05 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号 決算の概要では、前年度、平成28年度は合併特例債期間の終了する平成33年度に向けての残り5年間のスタートの年と位置づけをし、合併特例債を活用したインフラ整備の推進や将来に向けた人口減少対策に重点を置き、安心安全な暮らしなど、7つの項目に沿った施策を中心に事業展開をし、成果としては、1つ目は安心安全な暮らし、2つ目は笑顔を育む暮らし、3つ目がつながりのある暮らし、4つ目がクリーンな暮らし、5つ目が豊かな もっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-10号 このコンセッション方式は、現在でも高速道路などの有料道路、それから、空港などの交通インフラ等でよく用いられているPFI、民間活力の導入の一つの手法であります。 もっと読む
2018-10-04 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号 人口減少、高齢化が進展する中で、本市は社会インフラである公共交通を維持するため、42路線で1億2,071万円をバス運行のため補助金を支出しております。そして、この補助金は年々増加傾向にもあります。今後、人口減少、少子高齢化が進展するのは確実ですし、通学、通院、買い物等を考えますと、公共交通機関は非常に重要なインフララインです。地域の実情に応じた運行形態の見直しが必要と考えます。   もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 また、地方交付税が縮減方向にある中、社会保障費や扶助費の増大や、本庁舎や市民センター、学校などインフラ整備の多額の財源が必要になっていく状況である中、当然、歳入に見合った歳出の削減への努力も必要ですが、新たな財源確保などへも取り組む必要があるのではないかと思っております。新たな財源確保に向けた市の考え方について伺いたいと思います。 ○議長(田中秀和君) 北方財務部長。            もっと読む
2018-09-26 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月26日-09号 また、取りつけ道路や排水路、上下水道の整備など周辺インフラの整備状況なども重視されます。さらに、既に久保泉工業団地等に進出されております企業との取引の関係から、既存の工業団地との距離について関心を示される場合もございます。  一方で、これらの企業ニーズに対応するための課題といたしまして、交通アクセスの利便性ということも求められるところでございます。   もっと読む
2018-09-21 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月21日-07号 一般的に10ヘクタール程度の工業団地を開発する場合、農政協議や開発等の法規制の整理、それから、造成等のインフラ整備で、最低でも四、五年が必要と言われております。現在、県からは具体的なスケジュールは示されておりませんけれども、今後、市と県とで連携して開発に向けたスケジュール調整を行っていきたいと考えております。 もっと読む
2018-09-18 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月18日−07号 以前に比べてかなりインフラ整備は進んでおると思いますけども、それでも自然の猛威になすすべもなし、ただただ祈るしかないわけです。  原子力発電ゼロを訴えている小泉元総理が、佐賀市で講演をされました。皆さんたちも何人かは聞かれたと思いますけども、原子力発電所事故を自然エネルギー大国に変わるチャンスと呼びかけられました。 もっと読む
2018-09-14 伊万里市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月14日−06号 しかしながら一方で、誰もが自由に使えるという手軽さや便利さから、青少年のインターネットを通じた有害情報やゲーム等へのアクセスを助長するおそれがあること、また、インターネット犯罪のためのインフラとして不正利用されるなど懸念材料もございます。  したがいまして、今後の市の公衆Wi-Fiの整備方針につきましては、まず、よい面、悪い面を含め、十分に検証をし、検討する必要があると考えております。 もっと読む
2018-09-14 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 平成25年11月に国が策定をしましたインフラ長寿命化基本計画には、市町村においても施設ごとの長寿命化計画であります個別施設計画を平成32年度までに策定することが盛り込まれております。  本市におきましては、施設所管課で個別施設計画を策定するためのガイドラインとして、公共施設再配置計画を策定することとし、現在、その作業中でございます。   もっと読む
2018-09-12 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 また、これからは広域的な支援体制づくりやインフラの多重化も、ますます重要になると認識をしているところでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 石ア議員。 ◆21番(石ア俊治君) 市長のほうから答弁をいただきました。さまざまな課題がありますけれども、やはりもう市民一人一人が防災については考えていく時代になってきたなということを感じております。   もっと読む