ツイート シェア
  1. みやき町議会 2016-03-07
    2016-03-07 平成28年第1回定例会(第1日) 本文


    取得元: みやき町議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-09
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                 午前9時30分 開会 ◯議長(松信彰文君)  おはようございます。みやき町告示第8号をもちまして、平成28年第1回みやき町議会定例会が招集されました。  全員出席です。平成28年第1回みやき町議会定例会を開会します。  直ちに本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配付しております議事日程表のとおり進行します。       日程第1 会議録署名議員の指名 2 ◯議長(松信彰文君)  日程第1.会議録署名議員の指名を行います。  本定例会の会議録署名議員は、会議規則第127条の規定に基づき、4番本村鶴夫議員、5番中尾純子議員を指名します。       日程第2 会期の決定 3 ◯議長(松信彰文君)  日程第2.会期の決定を議題とします。  お諮りします。本定例会の会期は、本日7日から3月25日までの19日間と決定したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 4 ◯議長(松信彰文君)  異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日7日から3月25日までの19日間と決定しました。       日程第3 諸般の報告 5 ◯議長(松信彰文君)  日程第3.諸般の報告を行います。
     2月29日の第2回臨時会において各常任委員会及び議会運営委員会の委員が選任され、各委員会から委員長及び副委員長選任の報告がありましたので、報告いたします。  総務文教常任委員会の委員長は古賀通議員、副委員長は大石安弘議員です。産業建設常任委員会の委員長は平野達矢議員、副委員長は宮原宏典議員です。民生福祉常任委員会の委員長は益田清議員、副委員長は岡友清議員です。議会運営委員会の委員長は本村鶴夫議員、副委員長は牟田秀文議員です。  なお、地方創生対策特別委員会の委員長交代が同日行われ、古賀秀實議員が新委員長に選任されました。  2月19日に佐賀県町村議会議長会の定期総会が開催されました。総会では全国町村議会議長会表彰伝達及び佐賀県町村議会議長会表彰が行われました。その後、平成27年1月から12月までの会務報告の承認、平成26年度決算の認定が行われ、平成28年度の事業計画及び予算が議決されました。  また、我々地方議会人が実現を期する9事項から成る決議文が決議されました。その9事項は、一つ、議会権能の強化、一つ、道州制導入阻止と分権型社会の実現、一つ、地方創生の推進、一つ、農林水産業振興対策の強化、一つ、中小企業振興対策の強化、一つ、地域保健医療の向上及び医療保険制度の改善、一つ、少子化対策の推進及び社会福祉対策の強化、一つ、教育・文化の振興、一つ、交通及び生活環境の整備促進、以上の9事項です。  議会研修受け入れでは、1月12日、山形県庄内町議会総務文教厚生委員会の皆さんがふるさと納税の現状と課題の研修テーマで、また、2月19日には福岡県小竹町議会文教厚生、総務産建委員会の皆さんがPFI手法による定住対策の研修テーマで見えられ、さらに、2月23日には宮崎県新富町議会活性化特別委員会の皆さんが議会改革の研修に見えられました。  地方自治法第235条の2の規定により、平成27年11月から平成28年1月までのみやき町一般会計、特別会計に関する出納状況について、監査委員から各会計の収入支出について検査した結果、計数的に正確である旨の通知がありました。  なお、お手元に1月末の出納状況資料を配付していますので、御参照ください。  以上で諸般の報告を終わります。       日程第4 町長所信表明及び行政報告 6 ◯議長(松信彰文君)  日程第4.町長所信表明及び行政報告。  町長の所信表明及び行政報告を求めます。末安町長。 7 ◯町長(末安伸之君)  皆さんおはようございます。本日、平成28年第1回みやき町定例会の開会に臨み、私の所信を述べさせていただきますとともに、上程いたしました平成28年度当初予算案につきまして、その概要を説明申し上げます。  本町の最重要課題である定住総合対策事業に積極的に取り組んだ結果、国立社会保障・人口問題研究所の平成27年のみやき町の推計人口では、この5年間で1,077人の減となっておりましたが、平成27年国勢調査の速報値を見ますと、879人の減少にとどまっています。  平成26年にまち・ひと・しごと創生法が制定され、国は、国民一人一人が夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営むことができる地域社会を形成すること、また、平成27年には一億総活躍社会の形成を図るなどの指針が示されたところであります。  こうした趣旨を受け、みやき町の人口現状と将来の展望を提示するみやき町人口ビジョンを策定し、今後5カ年の目標や施策をまとめたみやき町総合戦略を策定したところであります。  また、平成27年度国の補正予算により、地方創生加速化交付金が示され、「みやき元気プロジェクト」及び「しあわせのプロジェクト」の2事業を平成27年度の繰り越し事業とすることにしました。  また、平成24年9月の「子育て支援のまち」宣言に続き、平成27年9月には「健康長寿のまち」宣言を行い、一日中笑顔を絶やさず健やかに命を育む運動、一笑健命運動を推進していきます。また、今後も引き続き、消費生活相談体制の強化、さらなる充実に努めるとともに、町民の皆様の安心・安全な消費生活の実現を図るために、これからも消費者行政に力強く取り組んでいきます。  平成28年度の予算編成方針ですが、国においては平成27年11月27日に閣議決定された平成28年度予算編成の基本方針において、地方財政は、アベノミクスに伴う経済効果により、地方税収入や地方交付税の原資である国税収入において増加が見込まれるものの、超高齢社会の到来に伴う社会保障費の増加や臨時財政対策債の制度継続に伴う地方債残高の増加等により、地方財政の借入金残高は平成28年度末で196兆円と見込まれるなど、依然として厳しい状況が続いている状況であり、地方財政の現状及び現下の経済情勢等を踏まえ、歳出面においては、地方創生や地方の重点課題に対応するために必要な経費を計上するとともに、社会保障関係費の増加を適切に反映した計上を行う一方、国の取り組みと基調を合わせた歳出改革を行うことにしています。  また、歳入面においては、「経済財政運営と改革の基本方針2015」で示された経済・財政再生計画に沿って、地方の安定的な財政運営に必要となる地方の一般財源総額について、平成27年度地方財政計画の水準を下回らないよう実質的に同水準を確保することを基本として、引き続き生ずることとなった大幅な財源不足について、地方財政の運営上、支障が生じないよう適切な補填措置を講じることとするとされています。  本町における財政状況について、平成16年度と平成26年度の決算における経常収支等の状況で比較しますと、歳入では、普通地方交付税は1,081,224千円の増、臨時財政対策債は225,713千円の減となっており、普通地方交付税等の合計では855,511千円の増となっています。  歳出では、経常的経費に充当された一般財源の状況では、減少額が一番大きいのが人件費で720,723千円の減となっており、合併後7年間の退職者不補充の効果が続いているものと思われます。次に大きいのは補助費等で135,678千円の減となっています。しかしながら、人件費、補助費の減少要因はあるものの、扶助費、公債費、繰出金の大幅な増加により、その効果額は相殺され、平成26年度決算では経常的経費に充当された一般財源は202,450千円の増となっているところであります。  平成28年度は合併して12年目となり、普通地方交付税の特例措置であります合併算定がえにおいて激変緩和措置期間の2年目となり、合併算定がえと一本算定の乖離額の3割が減額されることになり、交付税の減少傾向が続く中、限られた財源の重点的、効率的配分を行うために、各事業の課題を的確に分析し、町民満足度を高める施策を編み出すことによって、真に町民の期待に応え得る予算編成に心がけて予算編成を行ったところであります。  平成28年度の主要事項として、住宅支援、子育て支援、健康づくり支援、女性活動・町民協働支援、教育支援、防災対策、安全・安心まちづくり支援を捉え、それぞれ個別事業について当初予算書及び主要事項一覧に基づき、主なものについて第1次みやき町総合計画基本構想の施策大綱に沿って御説明を申し上げます。  第1に、「便利で暮らしよいまちの基盤づくり」として、町民の皆さんが安全・安心な生活をするため、道路、水路の計画的な整備を進めるまちづくり道路・水路事業として534,620千円、道路維持補修工事として50,000千円、排水対策として農業基盤促進整備事業が13,500千円、児童及び交通弱者に対するコミュニティバス運行補助として24,076千円、地域バス対策負担金として11,224千円、高校生通学支援バス委託料7,380千円、公共用水域の水質保全を目的として個人設置型合併処理浄化槽設置事業補助金に7,460千円、定住促進対策浄化槽設置補助金に6,000千円、公共下水道においては汚水幹線・管渠布設関連工事に210,000千円、市町村設置型浄化槽設置工事15,930千円、市町村設置型浄化槽購入費206,208千円、議会情報発信施設整備工事等が43,184千円、コンビニ交付サービス構築委託料として19,085千円を計上しております。  第2に、「快適・安全な生活環境づくり」については、交通安全施設の整備事業として66,131千円、ため池の崩壊防止工事として農業基盤整備促進事業測量委託料が2,900千円、公共水域災害対策事業等として5,000千円、また、住まいの安全・安心と地域経済の活性化のため空き家再生推進事業補助金19,784千円、空き家除去事業4,620千円、定住・移住奨励金として22,000千円、飲用井戸・上水道配水管布設補助金として19,000千円を計上しております。  各小学校、中学校の安全を確保するため3校の工事請負費として110,574千円を、社会教育施設では勤労者青少年ホーム機能強化工事53,300千円、社会体育施設では三根テニスコート整備工事26,433千円、三根運動場整備工事37,382千円、中原武道館改修工事60,087千円、中原公園南側周遊道路舗装工事が16,514千円、学校給食センター配送車購入費として8,007千円、消火栓設置工事負担金として13,300千円、防災センター・行政棟建設関係として1,352,155千円、防犯カメラ設置工事22,800千円を計上しています。  第3に、「魅力いっぱい活力づくり」については、農業生産基盤である集落内の環境保全活動のため、多面的機能支払交付金事業費として109,583千円、雪害対策として施設園芸等被害対策補助金2,501千円、北浦団地改修工事131,888千円、綾部団地建替工事実施設計委託料として48,980千円、婚活子育て支援事業7,961千円、ふるさと振興協会業務委託料35,100千円、総合計画委託料11,297千円、特別会計でありますが、住宅用地取得造成事業会計では宅地分譲関係予算として95,715千円をお願いしています。  第4に、「笑顔と安心にあふれる健康・福祉のまちづくり」については、国の指針に基づくがん・結核検診事業、予防接種事業など89,753千円、がん患者かつら購入費補助として300千円、消費税増税の負担軽減のための臨時福祉・障害遺族向け給付金事業28,200千円、高齢者向け給付金事業90,000千円、配食サービスの充実に15,052千円、敬老事業に20,344千円、子どものための教育・保育事業として564,610千円、乳幼児及び児童の健康と福祉の向上を図るための子どもの医療費助成事業として66,480千円、ひとり親家庭医療費助成事業として13,200千円、民間保育園の特別保育事業等の助成として38,600千円、障害福祉サービス費給付事業として637,943千円、障がい者相談支援事業として4,761千円、中原特別支援学校に通学する児童を対象とした放課後健全育成事業として13,093千円、高齢者の保健・福祉・医療の向上と健康増進のための包括的支援事業として25,172千円、要介護状態になるおそれのある高齢者を対象とした介護予防事業として12,639千円、健康長寿食育サポーター設置費用として2,372千円、不妊治療費助成に3,000千円、地域での子育て支援のための幼稚園の教育振興費及び奨励費に10,217千円、出生祝金支給事業として10,840千円を計上しております。  第5に、「いきいき輝く人づくり」については、小・中学校に在籍する教育上特別の支援を必要とする児童・生徒に対する特別支援員設置事業として11,920千円、中学校3校の教諭補助、不登校対策指導員、ICTサポート支援員を配置する学校教育支援事業に21,533千円、各小学校に児童クラブを設置し、児童の福祉増進のための放課後児童健全育成事業として40,163千円、安全・安心な地域の子どもの拠点事業として放課後子ども教室推進事業に1,395千円、JFAこころのプロジェクト事業に1,251千円、学校給食費補助金として46,037千円を計上しています。  第6に、「町民がすすんで参加する協働のまちづくり」については、町民の皆さんの交流と融和によるまちづくりを促進するためのまちづくり活動支援事業として3,200千円、世代間交流活動支援助成事業として5,700千円、名木・景勝保全整備事業として2,160千円、男女共同参画計画策定1,500千円、総合計画策定委託料として11,297千円、町民祭として4,500千円を計上しております。  平成28年度みやき町一般会計当初予算では14,144,743千円となり、前年度当初予算に比べまして2,430,830千円の増となっています。  また、平成28年度みやき町下水道事業特別会計では1,154,699千円となっております。公共下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計、市町村設置型浄化槽整備事業特別会計を廃止し、個人設置型浄化槽整備事業を含んだ特別会計となっております。  続いて、昨年12月定例議会後の今日までの行政報告を担当課の順に報告します。  まず、総務部総務課では、消防関係の事業として、消防団年末警戒を12月28日から30日まで実施し、新年恒例の消防団出初め式を1月17日に北茂安小学校グラウンドで開催しました。また、3月6日に北茂安校区東尾地区において春季防火訓練を予定しておりましたが、当日は悪天候であったため、消火器の操作などの地区住民による初期消火訓練は中止となりましたが、消防団は予定どおり放水訓練を行いました。  人事関係では、一般事務採用試験の3次試験を12月18日に実施をし、8名に内定の通知を行いました。また、12月6日に実施した後期社会人枠採用試験の2次試験を1月10日に、3次試験を2月7日にそれぞれ実施し、保健師枠3名、総合土木枠1名、計4名の内定を行いました。後期社会人枠採用試験において土地改良事業に精通した人材を募集し、選考による採用試験の1次試験を1月17日に、2次試験を2月7日に実施し、1名の採用を内定いたしました。  2月26日に平成28年4月採用内定者を対象にオリエンテーションを実施しました。  次に、防災センター・行政棟整備事業について報告をします。  12月18日に安全祈願祭が開催されました。  1月15日に第6回施設整備委員会を開催し、事業の進捗状況及び今後のスケジュール、防災センター・行政棟の名称等について協議を行いました。  工事の進捗状況は1月上旬から現場事務所と仮囲いを設置し、1月19日の試掘検査完了後、1月20日よりくい打ち工事を開始しています。全体では84本のくいを設置する計画ですが、第1期工事分の82本のくい打ちを完了し、基礎工事に取りかかっています。  次に、企画調整課について報告します。  ふるさと寄附金のワンストップ特例申請5,579名分について、814の自治体に申告特例通知書を送付しました。  ふるさと寄附金の申し込み件数と寄附金の累計は、3月3日現在で2万1,497件、寄附金総額は913,603千円となりました。制度創設以降の累計件数は2万1,741件、寄附金総額は933,021千円となっています。現計予算を超えていますので、予算の補正をお願いすることにしております。  1月18日に行政情報や商工業者の情報を発信するポータルサイト運営に関し、ジェイサイト九州と協定の調印を行いました。みやき町の行政情報、町内の商工業者のニュース、地域の行事を発信していくことになります。  みやき町第2次総合計画策定に係る町民ワークショップの第1回目を1月30日に、第2回目を2月20日に開催しました。さまざまな年齢、立場の人々が「住みたいまちみやき町」について自由に意見を出し合っていただきました。第3回目を3月13日に開催する予定です。  2月24日に第3回みやき町人口ビジョン・総合戦略推進委員会を開催しました。  2月12日に西九州大学短期大学部の域・学連携事業による子ども・子育て支援公園マップの報告及びマップの贈呈を受けました。  次に、財政課について報告をします。  昨年9月の全員協議会で説明していました中原校区の東部保育所跡地2,134平米の処分について、1月15日に土地売買契約を締結し、所有権移転登記等の土地処分の手続が完了をいたしました。土地売却収入については、補正予算に21,553千円を計上しています。  次に、税務課について報告します。  賦課徴収担当は、各事業所から送られた平成27年分の給与支払い報告書の仕分けを行い、確定申告業務に向け、申告相談の準備を行いました。また、申告会場はこすもす館で、2月16日から3月15日まで地区ごとに申告相談を受け付けています。  固定資産評価担当は、平成28年度固定資産税納税通知書の発送に向け、作業を進めています。  なお、平成27年中の新築家屋は164件、増築15件で、昨年に比べて新築で50件の増、増築で2件の増となっています。特に、専用住宅や共同住宅、アパート等の住宅用の家屋は42件の増でありました。現在、平成28年度課税に向け、準備を行っているところであります。  次に、徴収強化対策室について報告します。  平成27年度滞納繰越分の1月末までの徴収状況について報告します。  町民税、固定資産税及び軽自動車税を合わせた3税の滞納繰越分の徴収率は32.04%で、昨年同期に比べ、率で5.59%増加し、金額では319千円増加しています。  国民健康保険税の滞納繰越分の徴収率は25.13%と、昨年同期に比べ、率では5.36%、金額では7,116千円増加しています。  また、佐賀県滞納整理推進機構における1月末までの徴収実績は25,366千円となっており、平成28年度も引き続き佐賀県滞納整理推進機構へ職員1名の派遣を行う予定です。今後も納税の公平性を保つためにも、機構と一体になって滞納整理を進め、滞納税の徴収強化に努めていきます。  次に、国土調査室について報告します。  今年度の地権者等との現地立会は終了しましたが、一部、境界確認がとれていない箇所について再立会を実施しています。  また、平成26年度に実施した簑原区の一部及び香田区の一部における立会、測量が終了したので、国土調査法に基づき公告を行い、1月19日から2月8日まで中原庁舎において図面と簿冊の閲覧を実施したところです。  平成25年度に実施しました姫方区の一部及び簑原区の一部については登記の手続が完了しました。  次に、民生部保健課について報告します。  みやき町国民健康保険脳ドック検査費助成事業については、10月1日より受け付けを開始し、40名の検査を終了しました。  今年度より実施していますPET検査費用の一部助成事業については、4月1日より受け付けを開始し、72名の検査を終了しました。  また、第2回みやき町国民健康保険運営協議会を2月23日に開催し、国保特別会計の平成27年度決算見込み及び平成28年度予算案について協議を行いました。  次に、後期高齢者医療制度は、法律により2年ごとに保険料率を改正することになっており、平成28年度、29年度佐賀県後期高齢者医療保険料の改定については、1人当たりの医療費の増加などにより保険料率の上昇が見込まれましたが、県財政安定化基金や剰余金の活用により、今回の改定では前回の保険料率に据え置くこととなりました。  次に、住民窓口課について報告します。  住民基本台帳関係では11月1日から1月末までの転入届が175件、転出届が191件となっています。  戸籍関係では届け書受理件数は214件です。出生が48件、死亡が83件、婚姻が28件、その他55件となっています。  また、マイナンバー制度に伴い、本町でも平成28年2月から個人番号カードの交付を開始しました。交付場所などをお知らせする交付通知書を申請者の自宅に順次郵送しています。3庁舎の総合窓口で本人確認の上、暗証番号を設定していただくと、個人番号カードの受け取りができます。  次に、環境福祉課について報告します。  環境衛生関係では、廃棄物指導監視員の研修会を2月29日に開催し、ごみの減量化、不法投棄等について情報の共有化を図るとともに、問題点や課題等について意見交換を行いました。  また、平成26年1月にみやき町、上峰町及び鳥栖・三養基西部環境施設組合で次期ごみ処理施設の候補地選定を鳥栖市に依頼していましたが、平成28年2月15日付で鳥栖市真木町において現在の1市2町に神埼市及び吉野ヶ里町を含めた2市3町による施設建設計画に対して同意を得た旨、鳥栖市から報告をされました。これにより、同日付で2市3町によるごみ処理施設建設協議会へ参加することとしました。今後、新しい枠組みによる施設建設計画を進めていくこととなっています。  次に、福祉関係では、9月1日から申請受け付けを始めた臨時福祉給付金については、申請受け付けを2月末で終了しました。最終的に給付対象者5,010名のうち86.7%に当たる4,343名の方の申請受け付けが完了し、2月末現在で総額25,980千円を支給しています。  次に、健康増進子ども未来課について報告します。  特定健診関係では、特定保健指導を受けた方の生活習慣改善の実施状況を評価するために、健診6カ月後の血液検査を1月に3日間実施し、その結果、説明会を2月、3月に実施しています。特定健診結果から人工透析、脳出血、心筋梗塞などの生活習慣病の重症化リスクのある方を抽出し、予防指導のため家庭訪問を随時実施しました。2月まで個別健診を実施し、受診率の低い40歳から50歳代の男性を中心に受診勧奨の家庭訪問を実施しました。  健康増進事業では、1月21日、2月18日に栄養保健教室を実施しました。  公民連携「健康長寿のまち」に係る健康づくり事業を広く募集し、提案された10事業の中から2事業を28年度に地方創生加速化交付金を活用して実施したいと考えています。  母子保健事業は、2カ月児相談から3歳児までの各乳幼児健診と乳幼児相談、育児学級、家庭訪問などを随時行っています。  予防接種事業は、高齢者インフルエンザ予防接種を12月末まで実施しました。  子ども・子育て支援事業の利用者支援事業では、業務の一部をNPO法人心ゆるりに委託し、保健センターと連携して、妊婦36名、産婦27名、乳児13名の相談を受けました。また、産後ケア事業では母乳ケアに2名の利用がありました。  児童手当は2月分の支給を延べ児童数1万1,400名に128,315千円を支払いました。  児童館の利用者は1月末現在、乳幼児2,851名、小学生147名、保護者2,215名の合計5,213名となっています。そのほかにも放課後児童クラブの小学生が多数利用しています。  平成28年度の町内3保育所の入所希望者数は、2月4日現在で風の子保育園199名、さくらの杜保育園268名、三根みどり保育園165名、合計で632名となっており、2月5日に入所判定委員会を開催しました。  みやき町北茂安ふれあい広場機能強化整備事業では、4業者から提案があり、優先交渉権者が決定したところです。今後はこの提案をもとに公園計画を具体的に進めてまいります。  次に、地域包括支援センターについて報告します。  1月7日に第一生命保険株式会社佐賀支社とみやき町における高齢者見守り活動に関する協定書を締結しました。この協定は、みやき町における見守り活動に協力することで、住民が安心して暮らせる地域社会づくりに資することを目的とするものです。  2月16日に第5回の自立支援ケア会議を開催しました。来年度は11回の会議開催を予定しています。  2月29日、今年度3回目の地域包括支援ネットワーク全体会議を開催しました。「認知症を正しく知る~地域でできることは何~」と題して、肥前精神医療センター認知症疾患医療センター長の橋本学先生に講演をお願いし、講演後は参加者での意見交換を行いました。認知症の方が増加傾向にある中、地域の方の理解や見守りがさらに必要になっています。  次に、風の子保育園について報告します。  12月10日に世代間交流事業として中原老人クラブと交流会を実施し、しめ縄をつくっていただきました。  2月2日に夢の里で豆まきを行い、交流を深めました。  2月17日に5歳児が人形劇を鑑賞しました。  3月2日に3歳児、4歳児、5歳児による縄跳び大会を開催しました。  3月3日に中原小学校の体験入学を行い、小学生と交流を行いました。  3月8日にお別れ遠足で5歳児がヤクルト工場の見学及び吉野ヶ里歴史公園で楽しいひとときを過ごす計画です。
     また、3月10日には中原小学校での体験入学を行い、小学生と交流を予定しています。  3月26日に卒園式を開催します。ことしの卒園児は男子16名、女子13名の合計29名です。  3月1日現在212名の園児を保育しています。  次に、事業部建設課について報告します。  土木関係については、道路改良工事24件、水路工事関係6件、他課からの依頼を受けた工事も含め全体で82件を発注し、今年度予定していた工事は全て発注を行い、現在、施工中です。  また、仮称中原三根線は、現在、旧国道より南の用地買収に向けた地権者交渉を行い、平成28年度工事着手に向け進めているところです。  次に、県事業の推進ですが、主要地方道北茂安三田川線の西尾橋工区については、板部交差点の暫定取りつけ工事及び信号機移設が発注され、今年度末開通に向け、工事が進められています。また、中津隈工区でも用地買収に向けた地権者交渉が進められており、中津隈橋付近を除き、用地買収が済んだところから順次道路拡幅整備が行われています。  次に、県道神埼北茂安線については、江口工区では寒水川左岸側の車道用ボックス工事が行われ、今年度の完成に向けて工事が進められています。また、江迎工区の中津隈地区では道路を横断する幹線水路のボックス工事を発注され、平成28年8月完成に向け、工事が進められています。今後も上峰町加茂交差点から北茂安保健センター区間の供用開始に向けた事業が進められる計画です。  次に、まちづくり課について報告します。  オリーブ館の建設工事は順調に進捗しており、現在、A棟、B棟についてはほぼ完成しています。C棟については4階、5階の内装の仕上げを施工中です。また、落成式を3月21日に行う準備をしているところです。  優良田園住宅の建設促進については、平成27年2月24日から建設計画の募集を行いました。募集の結果、ハウスメーカーから応募があり、その後、佐賀県及び農政局と協議を重ね、このたび協議が調いましたので、平成28年2月9日付でそのハウスメーカーに対し、優良田園住宅建設計画の認定を行いました。今後は住宅の開発に向け、地権者との交渉、農振除外及び農地転用等、各種手続が必要となりますので、現在、その準備が進められています。  土地バンク登録制度については、2月末の時点では133件、約23ヘクタールが登録されています。この土地の中から宅地開発が可能な土地については民間事業者への紹介活動を行っています。  空き家対策については、国の補助金を活用し、空き家の除去事業を実施しています。2月末までに除去した家屋数は7軒となっています。  子育て支援事業については、三根庁舎に開設したティアラへの今年度の来場者は2月末で4,779名となっています。  2月9日にみやこ座談会、2月27日にこまちカフェを開催しました。また、子育て支援情報誌「miyaco」第10号を昨年12月末に発行しました。3月には第11号の発行を予定しており、子育て情報の周知を強化します。  婚活支援事業については、婚活登録制度の登録者数は2月末現在で118名となっています。3月19日に婚活ティーパーティーを開催する予定です。また、婚活登録者同士のお見合いは延べ91回となっており、会員同士の御成婚が1組、婚約中が2組、他の登録者との御成婚は11名となっています。  コミュニティバスの運行については、2月末現在の利用者は1万5,397名になっており、1日平均78名となっています。  昨年9月に試行運行を開始した高校生通学支援バスについては、本年1月より要望に応えて町外等に通学する中学生にも枠を広げました。運行開始からの利用者は1,769名となっています。また、利用登録者数は67名となっており、今後も利用に向けた周知等を行いたいと思っています。  中原工業団地開発事業については、2月の臨時議会において遊歩道整備に係る工事請負契約の変更契約の締結に関する議会の議決をいただきましたので、工事を進めています。  次に、産業課について報告します。  まず初めに、農政関係について報告します。  平成27年産米の生産調整の実施状況については、生産数量目標面積1,187ヘクタールに対し、主食用米作付面積が1,132ヘクタールとなり、生産調整が達成されました。このことを受け、経営所得安定対策の米の直接支払交付金については、平成27年12月末に申請者に対し国から交付されました。  産地交付金については、3月中の交付に向け、現在、事務手続を行っています。  平成28年産米の生産調整については、米の需要減少が続く中、需要に応じた米の生産を推進していく必要があるとともに、大豆や新規需要米などの転作作物の生産拡大を図っていきたいと考えています。  また、平成28年産の生産数量目標配分については、2月15日のみやき町再生協議会臨時総会において1,174ヘクタールを配分することが承認され、現在、各生産組合を通して作付調整作業を進めていただいています。  また、平成28年1月24日から25日にかけて佐賀県内を襲った記録的な寒波による積雪により、県内の中山間地を中心にハウス倒壊被害が発生しました。町内の被害はJAさがを通じて、アスパラハウス2戸、イチゴの育苗ハウス2戸の被害の報告を受けました。前例のない被害を受け、県では倒壊したハウスの撤去費用やハウス再建費用について助成する制度が創設されました。本町においても農家負担を軽減し、生産意欲の向上を図るため、この補助事業を活用し、平成28年度当初予算に関係予算を計上しています。  商工関係についてですが、緑の少年団の活動として、12月28日に石貝地区において楷の木学習・飾りだこ作成を行いました。当日は団長を含めて11名が参加しました。  地区公園の点検については、1月から2月にかけて全ての地区公園の遊具を検査しました。今後はその結果を踏まえて、危険度が高い遊具を緊急に修繕してまいります。また、遊具や附帯施設の安全管理については、地元区長と連携を図りながら適切に改善を行っていきます。  次に、下水道課について報告します。  まず、公共下水道事業の工事関係については、下水道汚水管築造工事を石貝地区、市原地区の合計で2カ所、その他舗装本復旧工事を中津隈西地区、原古賀南・上地地区の合計で2カ所の工事を発注しています。今後は工事検査を行い、管渠工事が完了した地域については、地区住民の皆様が早く下水道に接続できるよう、供用開始に向けた説明会の準備を進めています。  次に、浄化槽設置整備補助事業については、2月19日現在で5人槽35基、7人槽27基、合計で62基の申請を受け付けています。  また、定住促進対策浄化槽設置補助事業については、基本補助金助成で62基、加算金助成のみで3基で、合計65基の申請を受け付けています。  次に、市町村設置型による浄化槽整備推進事業については、事業契約者である株式会社みやき浄化槽サービスが2月1日から2月25日にかけて、延べ15日間、三根校区の各地区を回り、今後の事業の進め方等について地区説明会を開催し、事前の設置希望者の把握等に努めています。  また、本定例会において、合併処理浄化槽の法定検査手数料改定に伴う議案及び上地地区汚水管築造工事の設計変更に伴う議案を上程していますので、御審議をよろしくお願いします。  次に、教育委員会学校教育課について報告します。  2月13日にみやき町教育の日を設け、各校独自の授業等を行い、多くの保護者の来校により家庭、学校の交流を深めました。  新年度を目前に控え、年度末の児童・生徒の異動の件数もふえる中、臨時の就学指導委員会を実施するなど、適切な就学が可能となるよう就学相談に努めました。  本年度の卒業式を小学校3月18日、中学校3月11日に挙行します。卒業児童・生徒数は、中原小学校75名、北茂安小学校74名、三根東小学校22名、三根西小学校25名の合計196名、中原中学校96名、北茂安中学校72名、三根中学校60名の合計228名です。  平成28年度の入学式は小学校を4月8日、中学校を4月11日に挙行します。現時点での入学予定者は、中原小学校60名、北茂安小学校78名、三根東小学校18名、三根西小学校20名の合計176名、中原中学校75名、北茂安中学校74名、三根中学校49名の合計198名です。  現時点での平成28年度の学級編制は、中原小学校396名17学級、北茂安小学校486名19学級、三根東小学校146名8学級、三根西小学校173名10学級となり、合計54学級で、前年度と比較すると3学級の増となっています。内訳は普通学級1学級増、特別支援学級2学級増となる見込みです。  一方、中学校では、中原中学校213名8学級、北茂安中学校259名10学級、三根中学校が176名の8学級となり、合計26学級で、前年度と比較すると1学級の減となり、内訳は特別支援学級の1学級減となる見込みです。  また、研究指定校公開授業、校内研修会などの各種研修会や教務主任会や知能検査実施検討会を開催し、新学期に向けた新たな取り組みや学校行事の調整など教育全般にわたる研修に引き続き努めました。  次に、社会教育課について報告します。  青少年関連事業では、後期の放課後子ども教室推進事業として、中原風っ子元気スクール、茂安っ子いきいきスクール、三根わくわくスクールで各種教室を開催し、延べ900名の参加があり、2月27日に閉講式を行いました。  青少年サポート隊組織が発足して9年が経過をし、特にスクール登下校サポーター活動の充実により、児童・生徒は安全に登下校しています。このことは毎日活動されているサポーターの皆様のおかげと心より感謝を申し上げます。  次に、成人関係事業では、1月10日に平成28年みやき町成人式を新成人215名の参加を得て開催したところです。  教育事業では、人権問題を考える研修会を1月27日に開催し、35名の参加がありました。  また、公民館主催のみやき塾、パソコン講座、生きがい講座などを開催し、2月20日現在、延べ151名の参加がありました。  文化財関係については、2月20日現在で43件の確認調査を実施し、開発との調整を行っています。開発に伴う本調査として、現在、西寒水四本柳遺跡の調査を行っています。整理作業としては、江口五本松北遺跡の報告書の作成を行っています。  啓発事業では、歴史講座全8回が終了し、総計659名の参加をいただきました。  次に、社会体育関係では、昨年12月25日に天山リゾートスキー場でみやき町少年スポーツクラブ振興会スキー教室を開催し、4クラブから6年生7名、5年生14名の参加があり、本町では経験することができないスキーの体験と各クラブ間の交流、親睦を深めました。  2月6日に第56回郡市対抗県内一周駅伝大会三養基郡結団式が開催されました。大会では2月19日から21日までの3日間で行われ、三養基郡チームは昨年よりタイムを短縮し順位を上げ、8位という結果でした。大会最終日に解団式を開催し、来年へさらなる飛躍を誓いました。  2月21日に基山町において第16回三養基郡スポーツレクリエーション祭が開催され、みやき町からはソフトバレーボールに4チーム19名、グラウンドゴルフに54名、アジャタに5チーム37名の参加がありました。ソフトバレーボールは惜しくも入賞を逃しましたが、グラウンドゴルフではみやき町の方が優勝され、アジャタでは1位から3位までをみやき町のチームが独占という好成績を残されました。  3月6日に北茂安体育館において、みやき町少年スポーツクラブ振興会交流アジャタ大会を開催し、14団体22チーム、総勢167名の参加がありました。応援者も多く、大声援の中、保護者も交えた熱戦が繰り広げられました。  次に、社会教育施設及び体育館施設の改修工事について報告します。  働く婦人の家機能強化工事及び北茂安武道館改修工事は2月下旬に完了し、施設利用者の利便性の向上、また、安全・安心な避難所施設としての確保を図りました。  また、中原体育館改修工事は現在工事中であり、3月中旬には完了予定となっております。  以上をもちまして、所信表明及び行政報告を終わらせていただきます。 8 ◯議長(松信彰文君)  以上で町長の所信表明及び行政報告を終わります。       日程第5 議案の一括上程並びに大要説明 9 ◯議長(松信彰文君)  日程第5.議案の一括上程並びに大要説明を議題とします。  町長から議案が提出されておりますが、これは皆様のお手元に配付をされている議案一覧表のとおりです。  提案理由の説明を求めます。町長。 10 ◯町長(末安伸之君)  ただいまから平成28年第1回みやき町議会定例会の議案説明を行います。  平成28年第1回定例会に次の議案を一括して提案いたします。  今回提案しております議案は、お手元にお配りいたしております議案第3号から諮問第1号までの31件であります。どうかよろしく御審議くださいますようお願いを申し上げます。  なお、議案の提案大要につきましては副町長より説明をさせます。 11 ◯議長(松信彰文君)  原野副町長。 12 ◯副町長(原野 茂君)  皆さんおはようございます。ただいま町長が提案しました議案の大要について御説明申し上げます。  資料をお渡ししておりますので、お開きいただきたいと思います。  条例の制定について3件、条例の一部改正について9件、町道認定について1件、事業契約の変更について1件、工事請負契約の変更について1件、規約の協議について1件、人事に関するもの1件、補正予算に関するもの6件、当初予算に関するもの7件、諮問に関するもの1件、合計31件をお願いしております。  それでは、議案番号順に御説明申し上げます。  議案第3号 みやき町行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定については、平成26年6月に行政不服審査法の抜本的な改正が行われ、行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律が平成28年4月から施行されることに伴い、法律番号や条ずれの改正、引用文言の改正、書類の写しに係る料金の設定などについて、整理条例により改正をお願いするものであります。  この整理条例により一部改正をする条例は、情報公開条例、個人情報保護条例、証明等手数料条例、技能労務職員の給与の種類及び基準を定める条例の4本となっております。  議案第4号 みやき町地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定については、平成26年5月に地方公務員法及び地方独立行政法人法の改正が行われ、平成28年4月から施行されることに伴い、条ずれの改正、人事評価や休業、退職管理等についての報告事項の改正について、整理条例により改正をお願いするものであります。  この整理条例により一部を改正する条例は、職員の勤務時間、休暇等に関する条例、職員の特殊勤務手当に関する条例、職員等の旅費に関する条例、人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の4本となっております。  議案第5号 みやき町地域優良賃貸住宅整備基金条例の制定については、定住総合対策事業として建築した地域優良賃貸住宅、苺館、トマト館、オリーブ館等の維持管理や施設整備等の財源とすることを目的として、家賃収入等の一部を基金として積み立てるため、基金の設置をお願いするものであります。  議案第6号 みやき町固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例については、行政不服審査法及び行政不服審査法施行令が平成28年4月から施行されることに伴い、条例の一部改正をお願いするものであります。  改正の内容は、審査申出書や決定書の記載事項の追加、電子媒体での弁明書の提出などの改正となっております。  議案第7号 みやき町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、人事院勧告及び佐賀県人事委員会勧告の給与等の改定に関する勧告に鑑み、みやき町の一般職員の給与及び手当等の額の改定を行うため、条例の一部改正をお願いするものであります。さらに、地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行及び行政不服審査法の施行に伴う一部改正もあわせてお願いするものとなっております。  改正の内容は、給与等については若年層に重点を置いた給料表の改定率が平均0.3%の引き上げ、勤勉手当が0.1月分の引き上げとなっています。地方公務員法等の改正に伴うものとしては、法律の改正に伴う引用文言の整理と、これまで規則で定めていた行政職給料表等級別基準職務表を条例で定めるものとなっております。  議案第8号 みやき町長、副町長及び教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例については、先ほどの議案第7号の一般職員の給与改定に準じて、町長、副町長、教育長の期末手当の額を0.05月分引き上げる改正をお願いするものとなっております。  なお、議会議員の期末手当につきましても、町長等の手当の改定に準じて算定されることとなっております。  議案第9号 みやき町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例については、食を通した「健康長寿のまちみやき」の実現のために、健康長寿食育サポーターの設置に伴い、みやき町特別職の職員で非常勤のものの報酬の改正が必要となるため、条例の一部改正をお願いするものでございます。  議案第10号 みやき町営住宅条例の一部を改正する条例については、県営住宅である中原団地及び石貝団地が本町へ移管されることに伴い、それぞれ中原団地及び第2石貝団地として設置するため、条例の一部改正をお願いするものであります。  議案第11号 みやき町特別会計条例の一部を改正する条例については、下水道事業の円滑な運営と経理の適正を図るため、農業集落排水事業特別会計と公共下水道事業特別会計、市町村設置型浄化槽整備事業特別会計をまとめ、下水道事業特別会計とする条例の一部改正をお願いするものであります。  議案第12号 みやき町公共下水道減債基金条例の一部を改正する条例及び議案第13号 みやき町農業集落排水減債基金条例の一部を改正する条例については、議案第11号においてみやき町特別会計条例の一部改正に伴い、条文中の特別会計の名称の改正をお願いするものであります。  議案第14号 みやき町農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例については、農業集落排水事業使用者の使用料について、督促手数料の徴収規定を整備するため、条例の一部改正をお願いしております。  議案第15号 町道の認定については、別紙のとおり、路線番号547、六本松東西線から557、松枝一本松2号線まで11本をお願いしております。  続きまして、議案第16号をお願いします。  事業契約の変更契約の締結については、12月議会において議決をいただいておりました市町村設置型浄化槽整備推進事業の業務契約の変更契約をお願いするものであります。  市町村設置型浄化槽整備推進事業では、浄化槽の維持管理をSPCである株式会社みやき浄化槽サービスに委託しておりますが、平成28年4月から浄化槽法第11条で毎年1回実施することが義務づけられている定期検査(法第11条検査)の手数料が佐賀県の認可に基づき変更されることに伴い、8,694,700円の契約金額の増額をお願いするものであります。  参考資料として事業契約書の変更仮契約書、変更理由書、関係資料を添付いたしております。  議案第17号 工事請負契約の変更契約の締結については、9月議会で議決をいただいた公共下水道上地地区汚水管築造工事請負契約の変更契約をお願いするもので、国道34号線歩道部分の汚水管推進工事において、地質調査結果に基づき推進工法の決定を行い、工事に着手しておりましたが、地質調査の結果と異なる土質により、現在の推進工法では工事ができないため、工法の変更により8,830,080円の工事請負費の増額をお願いするものであります。  参考資料として工事請負契約の変更仮契約書、変更理由書、関係資料を添付しております。
     議案第18号 みやき町と佐賀県との間の行政不服審査会の事務の委託に関する規約に係る協議については、行政不服審査法の改正に伴い、行政不服審査会について、公正、中立、客観、専門性の観点から、第三者機関として佐賀県への事務委託を行うことを協議することについて議決をお願いするものとなっております。県内では佐賀県への事務委託として、佐賀市を除く全ての市町及び一部事務組合が委託により共同設置方式となっております。  議案第19号 みやき町教育委員会委員の任命については、教育委員会委員の任期が平成28年3月22日をもって満了となるため、任命の議決をお願いするものであります。  続きまして、議案第20号 平成27年度みやき町一般会計補正予算(第8号)については、歳入歳出とも308,523千円を減額し、総計15,510,087千円となっております。  補正の主な内容は、平成27年度の国の補正予算に伴う地方創生加速化交付金の交付に伴う事業予算の計上及び繰り越し、また、歳入歳出予算の調整が主な内容となっております。  地方創生加速化交付金につきましては、昨年度の地方創生先行型や消費喚起型と同様に、平成27年度の国の補正予算事業として1自治体当たりの事業費合計が80,000千円を限度として交付されるものでございますので、一般財源を加算して平成28年度の繰り越し事業として予算計上を行っております。  継続費の変更として、入札減に伴う防災センター・行政棟整備事業の補正をお願いしております。  繰越明許費では、繰り越し事業11事業、繰り越し金額446,091千円となっております。  地方債補正では、限度額を9事業、314,400千円を減額し、総額1,338,100千円をお願いしております。  歳入の主な内容は、町税、地方消費税交付金、地方交付税、国庫支出金、財産収入、寄附金、諸収入の増と県支出金、繰入金、町債の減となっております。  歳出の主な内容は、国の補正予算に伴う総務費の増と基金等の諸支出金の増、事業費の確定に伴う減額補正を行っております。  歳入歳出の詳細につきましては以下のとおりでございますので、御一読ください。  次、ページをめくっていただきまして、12ページ、議案第21号 平成27年度みやき町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)については、歳入歳出とも55,427千円を追加し、総計4,765,963千円となっております。歳入では国県支出金等の調整、歳出では保険給付費や拠出金等の諸経費の調整を行っております。  議案第22号 平成27年度みやき町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)については、歳入歳出とも133,539千円を減額し、総額1,594,826千円としております。また、汚水幹線・管渠布設事業として545,000千円の繰り越しをお願いし、地方債の補正として60,800千円の減額をお願いしております。  議案第23号 平成27年度みやき町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)については、1,790千円を減額し、総額104,941千円となっております。事業費の減による歳入歳出の調整を行っております。  議案第24号 平成27年度みやき町グリーンパーク推進整備事業基金特別会計補正予算(第2号)については、11千円を追加し、総額20,740千円となっております。歳入では預金利子の増、歳出では事業費の減と基金積み立ての増となっております。  議案第25号 平成27年度みやき町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)については、5,386千円を減額し、総額347,605千円となっております。歳入では保険料の減と一般会計繰入金の増、歳出では広域連合納付金の減となっております。  議案第26号 平成28年度みやき町一般会計予算につきましては、歳入歳出予算それぞれ14,144,743千円の予算計上をしております。前年度に比較して2,430,830千円、20.8%の増となっております。  第2表 地方債では、起債の目的、限度額、起債の方法、利率などを記載し、13事業、2,691,100千円を借り入れることとしております。  歳入歳出の費目は以下のとおりでございます。  歳入は、款1の町税からそれぞれ御披見いただきたいと思いますが、款6の地方消費税交付金が前年度より28,130千円の増、また、中ほどの款10の地方交付税では107,000千円の減でございます。また、款17の寄附金では前年度より490,000千円の増で計上しております。  歳出の主な事項につきましては、先ほど町長が所信で一部述べられたことやお手元にお配りしております主要事項を参照いただきまして、説明は省かせていただきます。  議案第27号をお願いします。18ページです。  平成28年度みやき町国民健康保険特別会計予算については、4,670,594千円の予算計上を行っております。昨年と比較して173,758千円、3.9%の増となっております。本年度は国保財政支援繰入金として一般会計から50,000千円の繰り入れを行っております。  歳入歳出は以下のとおりであります。  款の1.国民健康保険税からそれぞれ御披見をお願いしておきたいと思います。  それでは、議案第28号をお願いいたします。  平成28年度みやき町下水道事業特別会計予算については、従来の公共下水道事業と農業集落排水事業、市町村設置型浄化槽事業、個人設置型浄化槽事業を下水道事業としてまとめ、1,154,699千円の予算を計上いたしております。  また、4ページには下水道事業債として地方債の限度額を290,900千円をお願いしております。  歳入歳出は以下のとおりでございますので、御披見いただきたいと思います。  続きまして、議案第29号 平成28年度みやき町工業用地取得造成事業特別会計予算については、21,564千円の予算計上をお願いしております。昨年度と比較して16千円の減となっております。  歳入歳出の内容は以下のとおりでございます。  議案第30号 平成28年度みやき町グリーンパーク推進整備事業基金特別会計予算については、55,796千円の予算計上をお願いしております。昨年と比較いたしまして35,544千円の増となっております。  歳入では、事業費の増に伴うグリーンパーク基金からの繰入金と平成30年度まで交付される鳥栖・三養基西部環境施設組合からの交付金20,000千円の計上となっております。  歳出では、グリーパーク公園や山田ひまわり園等の環境整備事業費の増となっております。  歳入歳出は以下のとおりでございます。  続きまして、議案第31号でございます。  平成28年度みやき町後期高齢者医療特別会計予算については、357,029千円の予算計上をお願いしております。昨年と比較して6,801千円の増となっております。  歳入歳出は以下のとおりでございます。  議案第32号 平成28年度みやき町住宅用地取得造成事業特別会計予算については、95,715千円の予算計上をお願いしております。昨年と比較いたしまして41,544千円の増となっております。  歳入歳出は下記のとおりでございますので、御披見いただきたいと思います。  諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について。  この諮問は、人権擁護委員の任期が平成28年3月31日をもって満了となるため、委員の推薦について意見を求めるものでございます。  以上、議案第3号から諮問第1号まで31件となっております。どうかよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。 13 ◯議長(松信彰文君)  以上で議案の一括上程並びに大要説明を終わります。  以上で本日の日程は全部終了しました。  本日の会議はこれをもちまして散会いたします。                 午前10時49分 散会 © Miyaki Town Assembly, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...