唐津市議会 > 2020-09-25 >
09月25日-09号

ツイート シェア
  1. 唐津市議会 2020-09-25
    09月25日-09号


    取得元: 唐津市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-05-02
    令和 2年 9月 定例会(第6回)   令和2年       唐津市議会会議録定例会)その9   第6回1 日 時 令和2年9月25日 午前10時00分開議 於唐津市議会議場2 出席した議員    1番 田 中 秀 和            2番 石 﨑 俊 治    3番 原   雄一郎            4番 青 木   茂    5番 古 藤 宏 治            6番 山 下 壽 次    7番 福 島 尚 美            8番 伊 藤 一 之    9番 吉 村 慎一郎           10番 江 里 孝 男   11番 馬 場 幸 年           12番 青 木   茂   14番 楢 﨑 三千夫           15番 宮 崎   卓   16番 伊 藤 泰 彦           17番 林   正 樹   18番 酒 井 幸 盛           19番 浦 田 関 夫   20番 大 西 康 之           21番 水 上 勝 義   22番 中 村 健 一           23番 笹 山 茂 成   24番 山 下 正 雄           25番 三 浦 重 德   26番 進 藤 健 介           27番 熊 本 大 成   28番 宮 本 悦 子           29番 中 川 幸 次   30番 白 水 敬 一3 地方自治法第121条による出席者職氏名       市       長       峰     達  郎       副   市   長       柴  田     哲       副   市   長       中  江     勉       教   育   長       栗  原  宣  康       ボートレース企業局長      日  下  義  信       政  策  部  長       脇  山  秀  明       総  務  部  長       濵  口     智       財  務  部  長       草  野     陽       未 来 創 生 部 長       北  方  初  美       市  民  部  長       緒  方  俊  寿       保 健 福 祉 部 長       堀  田     信       農 林 水 産 部 長       山  本  善  文       経 済 観 光 部 長       畔  田  浩  貴       都 市 整 備 部 長       宗  田  匡  央       消   防   長       坂  口  和  広       会 計 管 理 者       小  形  圭  一       上 下 水 道 局 長       秀  島  陵  一       教  育  部  長       草  場  忠  治       総  務  課  長       近  藤  達  士4 出席した事務局職員       議 会 事 務 局 長       青  山  泰  三       議 会 事務局副局長       木  村  佳  商          午前10時00分 開議 ○議長(田中秀和君) おはようございます。 ただいまから本日の会議を開きます。 事務局長に本日提出されている議案等について報告をさせます。 ◎議会事務局長青山泰三君) 報告いたします。 本日、議案第136号、令和年度唐津一般会計歳入歳出決算から議案第150号、令和年度唐津モーターボート競走事業会計利益処分及び決算までの決算関連議案15件。報告第14号、令和年度唐津一般会計継続費精算報告についてから報告第16号、令和年度唐津健全化判断比率及び資金不足比率報告についてまでの報告3件。以上、市長提出議案等18件が提出されております。 以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 議事日程に従い、追加議案提案理由説明を行います。 議案第136号から議案第150号まで、並びに、報告第14号から報告第16号まで、以上18件を一括付議します。 執行部提案理由説明を求めます。小形会計管理者。          (会計管理者 小形圭一君登壇) ◎会計管理者小形圭一君) 本日提出いたしました議案第136号から議案第146号まで、令和年度唐津一般会計及び特別会計決算に関します11議案につきまして、その概要をご説明申し上げます。 議案集第9令和年度唐津歳入歳出決算書をお願いいたします。 3枚おめくりください。 議案第136号、令和年度唐津一般会計歳入歳出決算でございます。 6ページをお開きください。 一般会計予算総額は738億9,178万2,819円となっております。 歳入調定額は736億1,707万4,617円、収入済額は703億5,675万2,241円で、調定額に対します収入済額の割合は95.6%となっております。不納欠損額は4,696万8,380円で、その内訳は、市税、住宅使用料等でございます。また、収入未済額は32億1,335万3,996円で、その内訳は、市税が3億2,623万78円、継続費逓次繰越事業等繰越事業に係る未収入特定財源の23億2,598万867円がその主なものでございます。 次に、歳出でございます。11ページをお願いいたします。 支出済額は692億3,290万1,512円で、予算現額に対します支出済額の割合は93.7%となっております。また、翌年度繰越額は25億4,772万7,340円で、その内訳は、継続費の浜崎駅南北線外路線道路改良費2億5,328万2,082円、佐志中学校校舎等規模改造事業費2億5,651万6,043円、繰越明許費令和元年災害農地農業用施設復旧費2億7,625万6,000円がその主なものでございます。 次に、12ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額は11億2,385万729円となりますが、この額から翌年度へ繰り越すべき財源であります2億2,174万6,473円を差引きました額が実質収支額でございます。その結果、令和年度一般会計実質収支額は9億210万4,256円となりますが、この中から財政調整基金に5億円を繰り入れまして、剰余金4億210万4,256円で決算をいたしたところでございます。 続きまして、議案第137号、令和年度唐津国民健康保険特別会計歳入歳出決算でございます。14ページをお願いいたします。 本会計予算総額は156億3,661万9,000円で、歳入調定額は161億4,016万1,772円、収入済額は157億6,001万7,128円となっております。不納欠損額は3,361万7,791円で、その内訳は、国民健康保険税3,354万1,640円がその主なものでございます。また、収入未済額は3億4,652万6,853円で、国民健康保険税の3億3,269万3,425円がその主なものでございます。 次に、歳出でございます。19ページをお願いいたします。 支出済額は152億1,631万5,531円でございます。また、翌年度繰越額は646万8,000円で、その全額が事務費でございます。 次に、20ページをお願いいたします。 以上の結果、歳入歳出差引残額は5億4,370万1,597円となりますが、この額から翌年度へ繰り越すべき財源であります291万7,000円を差し引きました額が、実質収支額剰余金でございます。 実質収支額剰余金ともに同額の5億4,078万4,597円で決算をいたしております。 次に、議案第138号、令和年度唐津後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算でございます。22ページをお願いいたします。 本会計予算総額は16億1,109万7,000円で、歳入調定額は16億1,463万5,793円、収入済額は16億592万3,050円となっております。不納欠損額は45万500円で、その内訳は、後期高齢者医療保険料の39万2,900円がその主なものでございます。また、収入未済額は、後期高齢者医療保険料の826万2,243円でございます。 次に、歳出でございます。25ページをお願いいたします。 支出済額は16億320万5,050円でございます。 26ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額実質収支額剰余金ともに同額の271万8,000円で決算をいたしております。 次に、議案第139号、令和年度唐津介護保険特別会計歳入歳出決算でございます。28ページをお願いいたします。 本会計予算総額は134億9,819万4,000円で、歳入調定額は135億2,497万9,958円、収入済額は134億2,628万8,792円となっております。不納欠損額は、介護保険料の2,869万7,404円でございます。また、収入未済額は6,999万3,762円で、介護保険料の6,902万5,865円がその主なものでございます。 次に、歳出でございます。31ページをお願いいたします。 支出済額は132億1,645万3,837円でございます。 32ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額実質収支額剰余金ともに同額の2億983万4,955円で決算をいたしております。 次に、議案第140号、令和年度唐津養護老人ホーム特別会計歳入歳出決算でございます。34ページをお願いいたします。 本会計予算総額は3億66万5,000円で、歳入調定額は2億8,424万6,790円、収入済額も同額となっております。 次に、歳出でございます。37ページをお願いいたします。 支出済額は2億8,424万6,790円でございます。 38ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額実質収支額剰余金ともにゼロ円で決算をいたしております。 次に、議案第141号、令和年度唐津介護サービス事業特別会計歳入歳出決算でございます。40ページをお願いいたします。 本会計予算総額は4,043万6,000円で、歳入調定額は3,813万5,855円、収入済額も同額となっております。 次に、歳出でございます。43ページをお願いいたします。 支出済額は2,876万151円でございます。 44ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額実質収支額剰余金ともに同額の937万5,704円で決算をいたしております。 次に、議案第142号、令和年度唐津下水道特別会計歳入歳出決算でございます。46ページをお願いいたします。 本会計予算総額は56億3,371万9,000円で、歳入調定額は57億3,127万7,892円、収入済額は55億6,772万4,964円となっております。不納欠損額は、公共下水道使用料の174万2,358円でございます。また、収入未済額は1億6,181万570円で、その内訳は、公共下水道事業負担金6,681万1,040円、公共下水道使用料8,748万7,618円がその主なものでございます。 次に、歳出でございます。49ページをお願いいたします。 支出済額は54億9,414万4,831円でございます。 50ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額7,358万133円で決算をいたしております。なお、この残額は、下水道事業について地方公営企業法が適用されたことに伴い、同法の規定による特別会計へ引き継いでおります。 次に、議案第143号、令和年度唐津集落排水特別会計歳入歳出決算でございます。52ページをお願いいたします。 本会計予算総額は10億7,579万9,000円で、歳入調定額は10億9,970万8,244円、収入未済額は10億7,568万1,631円となっております。不納欠損額は、集落排水使用料の60万6,443円でございます。また、収入未済額は2,342万170円で、その内訳は、集落排水事業費分担金588万5,690円、集落排水使用料1,753万4,480円でございます。 次に、歳出でございます。55ページをお願いいたします。 支出済額は10億3,248万7,292円でございます。 56ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額4,319万4,339円で決算をいたしております。なお、この残額は、集落排水事業について地方公営企業法が適用されたことに伴い、同法の規定による特別会計へ引き継いでおります。 次に、議案第144号、令和年度唐津浄化槽整備特別会計歳入歳出決算でございます。58ページをお願いいたします。 本会計予算総額は3億7,668万4,000円で、歳入調定額は3億8,031万5,654円、収入済額は3億7,414万8,964円となっております。不納欠損額は、浄化槽使用料の1万6,680円でございます。収入未済額は615万10円で、その内訳は、浄化槽整備負担分担金81万5,200円と、浄化槽使用料533万4,810円でございます。 次に、歳出でございます。61ページをお願いいたします。 支出済額は3億4,716万1,824円でございます。 62ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額2,698万7,140円で決算をいたしております。なお、この残額は、浄化槽整備事業について地方公営企業法が適用されたことに伴い、同法の規定による特別会計へ引き継いでおります。 次に、議案第145号、令和年度唐津観光施設特別会計歳入歳出決算でございます。64ページをお願いいたします。 本会計予算総額は6,233万8,000円で、歳入調定額は5,989万1,782円、収入済額も同額となっております。 次に、歳出でございます。67ページをお願いいたします。 支出済額は5,969万482円でございます。 68ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額実質収支額剰余金ともに同額の20万1,300円で決算をいたしております。 次に、議案第146号、令和年度唐津有線テレビ事業特別会計歳入歳出決算でございます。70ページをお願いいたします。 本会計予算総額は5億7,820万2,000円で、歳入調定額は6億2,834万7,810円、収入済額は5億9,080万9,865円となっております。不納欠損額は34万6,310円で、その内訳は、有線テレビジョン負担金2万円と、有線テレビジョン使用料32万6,310円でございます。また、収入未済額は3,719万1,635円で、その内訳は、有線テレビジョン負担金94万5,180円と有線テレビジョン使用料3,624万6,455円でございます。 次に、歳出でございます。73ページをお願いいたします。 支出済額は5億5,770万2,246円でございます。 74ページをお願いいたします。 歳入歳出差引残額実質収支額剰余金ともに同額の3,310万7,619円で決算をいたしております。 以上、ご説明申し上げました令和年度会計決算の詳細につきましては、76ページ以降に歳入歳出決算事項別明細書を、384ページから387ページには実質収支に関する調書を、また、390ページ以降には財産に関する調書を添付いたしております。なお、以上11会計決算に対します監査委員唐津歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見書、並びに主要施策成果説明書等を別冊としてお手元にお届けいたしております。 以上をもちまして、一般会計並びに特別会計決算議案説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご認定を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(田中秀和君) 秀島上下水道局長。          (上下水道局長 秀島陵一君登壇) ◎上下水道局長(秀島陵一君) 上下水道所管の2議案につきまして、ご説明申し上げます。議案集第16をお願いいたします。 まず、議案第147号、令和年度唐津水道事業会計利益処分及び決算につきまして、ご説明申し上げます。1ページをお願いいたします。 決算報告書(1)の収益的収入及び支出でございますが、まず収入につきまして、決算額は34億6,155万1,477円となっております。次に、支出につきまして、決算額は27億832万6,487円となっております。3ページをお願いいたします。 続きまして(2)の資本的収入及び支出でございますが、まず収入につきまして、決算額は9億2,082万4,039円となっております。次に、支出につきまして、決算額は21億6,629万3,103円となっております。また、翌年度に繰り越した額は9,784万円となっております。 資本的収入及び支出収入決算額から支出決算額を差し引きました不足額12億4,546万9,064円につきましては、欄外に記載しておりますが、損益勘定留保資金等で補填いたしております。 次に、5ページをお願いいたします。 損益計算書で全て税抜きでございます。 1、営業収益、3、営業外収益及び5、特別利益収入合計32億3,863万390円から、2、営業費用、4、営業外費用及び6、特別損失支出合計25億7,304万685円を差し引きました6億6,558万9,705円が、当年度利益となっており、減債積立金及び建設改良積立金から繰り入れたその他未処分利益剰余金変動額3億9,325万5,325円を加えた10億5,884万5,030円が、当年度処分利益剰余金となっております。 次に、利益剰余金の処分についてご説明いたします。7ページをお願いいたします。 下段の剰余金処分計算書(案)でございますが、同年度の未処分利益剰余金10億5,884万5,030円全額を建設改良積立金として積み立てを行うものでございます。 そのほか、上段の表が剰余金計算書、9ページ、10ページに貸借対照表、11ページ、12ページに注記、13ページ以降に決算関係付属書類をお示しいたしております。 続きまして、議案第148号、令和年度唐津工業用水道事業会計決算につきまして、ご説明申し上げます。47ページをお願いいたします。 決算報告書(1)の収益的収入及び支出でございますが、まず収入につきまして、決算額は9,770万1,240円となっております。次に、支出につきまして、決算額は1億1,514万6,813円となっております。次に、49ページをお願いいたします。 続きまして(2)の資本的収入及び支出でございますが、まず収入につきまして、決算額は1,453万36円となっております。次に、支出につきまして、決算額は4,085万9,836円となっております。 資本的収入及び支出収入決算額から支出決算額を差し引きました不足額2,632万9,800円につきましては、欄外に記載しておりますが、損益勘定留保資金等で補填をいたしております。 次に、51ページをお願いいたします。 損益計算書で全て税抜きでございます。 1、営業収益及び3、営業外収益収入合計9,250万6,113円から、2、営業費用及び4、営業外費用支出合計1億1,227万1,486円を差し引きました1,976万5,373円が当年度の純損失となっております。これによりまして、前年度繰越欠損金を合わせました15億370万2,576円が、当年度処理欠損金となっております。 次に、53ページをお願いいたします。 下段の欠損金処理計算書でございますが、当年度処理欠損金を翌年度に繰り越すものでございます。 そのほか上段の表が欠損金計算書、55ページ、56ページに貸借対照表、57ページに注記、58ページ以降に決算関係付属書類をお示しいたしております。なお、監査委員公営企業会計決算審査意見書議案集第19でお手元に配付いたしております。 以上で、上下水道局所管議案につきまして説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご決定及びご認定を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(田中秀和君) 堀田保健福祉部長。          (保健福祉部長 堀田 信君登壇) ◎保健福祉部長堀田信君) 保健福祉部所管議案についてご説明申し上げます。議案集の第17をお願いいたします。 議案第149号、令和年度唐津市民病院きたはた事業会計決算につきまして、ご説明申し上げます。1ページ及び2ページをお開き願います。 (1)の収益的収入及び支出でございますが、まず収入ですが、税込み決算額合計は6億2,488万3,924円となっております。次に支出では、税込み決算額合計は6億1,543万7,873円となっております。 続きまして、(2)の資本的収入及び支出でございますが、まず収入ですが、税込み決算額合計は1,399万6,000円となっております。次に支出では、税込み決算額合計は3,900万6,520円となっております。 資本的収入及び支出決算額での不足額2,501万520円につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補填いたしております。 次に、3ページ及び4ページをお願いいたします。 損益計算書でございますが、医業収益医業外収益及び特別利益収入合計額から、医業費用医業外費用及び特別損失支出合計額を差し引きました812万7,274円が当年度の純利益となっております。なお、純利益の額と前年度繰越利益剰余金の3億8,033万7,703円を合わせました当年度の未処分利益剰余金は3億8,846万4,977円となり、全額翌年度に繰り越すことといたしております。 そのほか、5ページ以降に剰余金計算書貸借対照表及び決算関係付属書類をお示しいたしております。なお、監査委員決算審査意見書議案集第19でお手元に配付いたしております。 以上で説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご認定を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(田中秀和君) 日下ボートレース企業局長。          (ボートレース企業局長 日下義信君登壇) ◎ボートレース企業局長日下義信君) ボートレース企業局所管議案第150号、令和年度唐津モーターボート競走事業会計利益処分及び決算について、ご説明を申し上げます。議案集第18をお願いいたします。1ページをお開きください。 まず、決算の概要についてご説明をいたします。 令和年度唐津モーターボート競走事業決算報告書(1)の収益的収入及び支出でございますが、収入につきましては、予算総額627億6,190万3,000円に対しまして、税込み決算額は606億4,171万4,203円となっております。 次に、支出につきましては、予算総額586億8,506万8,000円に対しまして、税込み決算額は564億9,367万856円となっております。 3ページをお開きください。 (2)の資本的収入及び支出でございますが、収入につきましては、予算総額ゼロ円に対しまして、税込み決算額は3万5,657円となっております。 次に、支出につきましては、予算総額23億7,318万4,000円に対しまして、税込み決算額は8億2,822万6,365円、また、翌年度への繰越額が14億9,726万7,240円となっております。 なお、収入から支出を差し引きました不足額8億2,819万708円につきましては、3ページ、4ページの欄外にお示しをいたしておりますとおり、消費税資本的収支調整額建設改良積立金及び過年度損益勘定留保資金で補填をいたしております。 次に、5ページをお開きください。 令和年度唐津モーターボート競走事業損益計算書でございますが、まず、収益は、営業収益605億7,759万6,143円、営業外収益6,056万3,076円、特別利益10万5,106円、合計で606億3,826万4,325円となっております。 次に、費用は、営業費用559億636万6,699円、営業外費用6億4,163万1,463円、特別損失473万円、合計で565億5,272万8,162円となっております。この収益から費用を差し引いた額40億8,553万6,163円が、当年度の純利益となっております。 この純利益に、前年度繰越利益剰余金11億4,515万1,596円、その他未処分利益剰余金変動額7億2,368万2,474円、加えまして59億5,437万233円が、今年度末未処分利益剰余金となっております。 次に、利益剰余金の処分についてご説明をいたします。6ページをお開きください。 下段の令和年度唐津市モーターボート競走事業剰余金処分計算書(案)についてでございますが、当年度の未処分利益剰余金59億5,437万233円のうち、5億円を建設改良積立金へ積み立て、35億円を一般会計へ繰り出し、7億2,368万2,474円を自己資本金へ組み入れ、残額の12億3,068万7,759円を繰越利益剰余金といたしております。 そのほか8ページ以降に令和年度貸借対照表及び決算関係付属書類をお示しいたしております。なお、議案集第19として、監査委員決算審査意見書を配付いたしております。 以上で説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご決定及びご認定を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(田中秀和君) 草野財務部長。          (財務部長 草野 陽君登壇) ◎財務部長(草野陽君) 財務部所管の報告議案についてご説明申し上げます。議案集の第8をお願いいたします。1ページをお願いいたします。 報告第14号、令和年度唐津一般会計継続費精算報告についてご説明申し上げます。 一般会計継続費に係る継続年度が終了いたしましたので、地方自治法施行令第145条第2項の規定により報告するものでございます。次のページをお願いいたします。 浜崎小学校校舎大規模改造事業費でございますが、これは、平成29年度から令和年度までの3か年の継続事業として実施したものでございます。計の欄をご覧ください。 全体計画の年割額14億8,802万5,000円に対しまして、実績の支出済額が13億1,558万249円となっておりまして、年割額と支出済額との差1億7,244万4,751円につきましては、工事請負費の入札減等によるものでございます。 3ページをお願いいたします。 報告第15号、令和年度唐津水道事業会計継続費精算報告についてご説明申し上げます。 水道事業会計継続費に係る継続年度が終了いたしましたので、地方公営企業法施行令第18の2第2項の規定により報告するものでございます。次のページをお願いいたします。 浄水施設改良事業でございますが、これは平成30年度から令和年度までの2か年の継続事業として実施したものでございます。計の欄をご覧ください。 全体計画の年割額3億2,600万円に対しまして、支払義務発生額が3億2,597万6,700円となっておりまして、その差が不要額でございまして2万3,300円となっております。 5ページをお願いいたします。 報告第16号、令和年度唐津健全化判断比率及び資金不足比率報告について、ご説明申し上げます。 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により報告するものでございます。 次のページをお願いいたします。 実質赤字比率及び連結実質赤字比率につきましては、いずれも黒字でございましたので、赤字比率は生じておりません。実質公債費率につきましては12.3%でございまして、早期健全化基準25%の範囲内の数値でございました。将来負担比率につきましても115.8%で、基準の350%を下回っております。また、資金不足比率につきましては、公営企業等に係る会計が対象となるものでございますが、各会計とも資金不足は生じていない状況でございます。 なお、議案集第20として、監査委員健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書をお手元に配付いたしておりますので、ご参照いただきたいと存じます。 以上で報告説明を終わらせていただきます。 ○議長(田中秀和君) 以上で、追加議案提案理由説明を終わります。 議事日程に従い、これより委員長報告を行います。 議案第117号から議案第124号まで、並びに、議案第128号から議案第135号まで、以上16件の議案について、所管の常任委員会に付託しておりましたので、これより、各常任委員長の報告を求めます。 まず、総務教育委員長の報告を求めます。馬場総務教育委員長。          (総務教育委員長 馬場幸年君登壇) ◎総務教育委員長(馬場幸年君) 総務教育委員会審査報告書。 本年9月16日の本会議において本委員会に付託になりました議案第117号、令和年度唐津一般会計補正予算中、所管事項、議案第128号、唐津市新庁舎建設電気設備工事請負契約締結について、議案第129号、唐津市新庁舎建設通信設備工事請負契約締結について、議案第130号、唐津市新庁舎建設空調設備工事請負契約締結について、議案第131号、唐津市新庁舎建設給排水衛生設備工事請負契約締結について、議案第133号、竹木場公民館建設建築工事請負契約締結について、議案第134号、令和年度唐津一般会計補正予算、議案第135号、唐津市条例の廃止に関する条例の一部を改正する条例制定について。 以上、8件について、9月17日、18日、23日の3日間、委員会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等、慎重に審査いたしました結果、本委員会に付託されました議案は、いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。 以上、簡単でありますが、本委員会における議案審査の結果報告といたします。 令和2年9月25日、総務教育委員会委員長、馬場幸年。 唐津市議会議長、田中秀和様。 以上です。 ○議長(田中秀和君) 次に、産業経済委員長の報告を求めます。山下産業経済委員長。          (産業経済委員長 山下正雄君登壇) ◎産業経済委員長(山下正雄君) 産業経済委員会審査報告書。 本年9月16日の本会議において、本委員会に付託になりました議案第117号、令和年度唐津一般会計補正予算中、所管事項、議案第123号、令和年度唐津モーターボート競走事業会計補正予算。 以上、2件について、9月17日、18日、23日の3日間、委員会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等、慎重に審査いたしました結果、本委員会に付託されました議案は、いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。 以上、簡単でありますが、本委員会における議案審査の結果報告といたします。 令和2年9月25日、産業経済委員会委員長、山下正雄。 唐津市議会議長、田中秀和様。 ○議長(田中秀和君) 次に、都市整備委員長の報告を求めます。宮崎都市整備委員長。          (都市整備委員長 宮崎 卓君登壇) ◎都市整備委員長(宮崎卓君) 都市整備委員会審査報告書。 本年9月16日の本会議において、本委員会に付託になりました議案第117号、令和年度唐津一般会計補正予算中、所管事項、議案第121号、令和年度唐津市下水道事業会計補正予算。 以上、2件について、9月17日、18日、23日の3日間、委員会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等、慎重に審査いたしました結果、本委員会に付託されました議案は、いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。 以上、簡単でありますが、本委員会における議案審査の結果報告といたします。 令和2年9月25日、都市整備委員会委員長、宮崎卓。 唐津市議会議長、田中秀和様。 ○議長(田中秀和君) 次に、市民厚生委員長の報告を求めます。青木市民厚生委員長。          (市民厚生委員長 青木 茂君登壇)
    ◎市民厚生委員長(青木茂君) 市民厚生委員会審査報告書。 本年9月16日の本会議において、本委員会に付託になりました議案第117号、令和年度唐津一般会計補正予算中、所管事項、議案第118号、令和年度唐津市国民健康保険特別会計補正予算、議案第119号、令和年度唐津市後期高齢者医療特別会計補正予算、議案第120号、令和年度唐津市介護保険特別会計補正予算、議案第122号、令和年度唐津市民病院きたはた事業会計補正予算、議案第124号、唐津市おうち温泉天徳の湯条例の一部を改正する条例制定について、議案第132号、指定管理者に管理を行わせる公の施設の名称の変更について。 以上、7件について、9月17日、18日、23日の3日間、委員会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等、慎重に審査いたしました結果、本委員会に付託されました議案は、いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。 以上、簡単でありますが、本委員会における議案審査の結果報告といたします。 令和2年9月25日、市民厚生委員会委員長、青木茂。 唐津市議会議長、田中秀和様。 以上です。 ○議長(田中秀和君) 以上で、各常任委員長の報告を終わります。 これより、常任委員長報告に対する質疑に入ります。まず総務教育委員長の報告に対し、ご質疑ございませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田中秀和君) 質疑なしと認めます。 次に、産業経済委員長の報告に対し、ご質疑ございませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田中秀和君) 質疑なしと認めます。 次に、都市整備委員長の報告に対し、ご質疑ございませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田中秀和君) 質疑なしと認めます。 次に、市民厚生委員長の報告に対し、ご質疑ございませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田中秀和君) 質疑なしと認めます。 以上で、各常任委員長報告に対する質疑を終わります。 ただいまの時刻は10時55分であります。15分以内に討論の通告をしていただくため休憩します。                   ~~~~~~~~○~~~~~~~~                     午前10時55分  休憩                     午前11時10分  再開                   ~~~~~~~~○~~~~~~~~ ○議長(田中秀和君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 これより、議案第117号から議案第124号まで、並びに議案第128号から議案第135号まで、以上16件についての討論に入ります。 議案第117号から議案第124号まで、並びに議案第128号から議案第135号まで、以上16件については、討論の申し出がございませんので直ちに採決します。 議案第117号から議案第124号まで、並びに議案第128号から議案第135号まで、以上16件の議案は、原案どおり決することにご異議ございませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田中秀和君) 異議なしと認めます。よって、議案第117号から議案第124号まで、並びに議案第128号から議案第135号まで、以上16件の議案は、原案どおり可決することに決しました。 次に、人事議案の討論、採決を行います。 議案第125号、人権擁護委員の候補者推薦につき市議会の意見を求めることについて(その1)を付議します。 本案は、討論の申し出がございませんので、直ちに採決します。本案は、適任と認めることに、ご異議ございませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田中秀和君) 異議なしと認めます。よって、議案第125号は、適任と認めることに決しました。 次に、議案第126号、人権擁護委員の候補者推薦につき市議会の意見を求めることについて(その2)を付議します。 本案は、討論の申し出がございませんので、直ちに採決します。本案は、適任と認めることに、ご異議ございませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田中秀和君) 異議なしと認めます。よって、議案第126号は、適任と認めることに決しました。 次に、議案第127号、人権擁護委員の候補者推薦につき市議会の意見を求めることについて(その3)を付議します。 本案は、討論の申し出がございませんので、直ちに採決します。本案は、適任と認めることに、ご異議ございませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田中秀和君) 異議なしと認めます。よって、議案第127号は、適任と認めることに決しました。 次に、委員会提出議案第4号、唐津監査委員条例の一部を改正する条例制定についてを付議します。 本案は、討論の申し出がございませんので、直ちに採決します。本案は、原案どおり決することに、ご異議ございませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田中秀和君) 異議なしと認めます。よって、委員会提出議案第4号は、原案どおり可決することに決しました。 議事日程に従い、次会は、10月2日、午前10時から本会議を開き、本日提出されました、議案第136号から議案第150号まで、並びに報告第14号から報告第16号まで、以上18件について議案質疑を行うこととし、本日は、これにて散会いたします。          午前11時14分 散会...