唐津市議会 > 2018-10-12 >
平成 30年 決算特別委員会-10月12日−02号

ツイート シェア
  1. 唐津市議会 2018-10-12
    平成 30年 決算特別委員会-10月12日−02号


    取得元: 唐津市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-25
    DiscussNetPremium 平成 30年 決算特別委員会 - 10月12日-02号 平成 30年 決算特別委員会 - 10月12日-02号 平成 30年 決算特別委員会 決算特別委員会会議録その21 日 時 平成30年10月12日 午前10時00分開議 於唐津市議会議事堂議場2 出席した委員  (委員長)白 水 敬 一       (副委員長)冨 田 幸 樹       中 村 健 一             原   雄一郎       青木茂(1期)             古 藤 宏 治       山 下 壽 次             林   正 樹       酒 井 幸 盛             吉 村 慎一郎       江 里 孝 男             大 西 康 之       馬 場 幸 年             楢 﨑 三千夫       伊 藤 泰 彦             宮 崎   卓       福 島 尚 美             浦 田 関 夫       伊 藤 一 之             青木茂(5期)       石 﨑 俊 治             笹 山 茂 成       水 上 勝 義             山 下 正 雄       三 浦 重 德             熊 本 大 成       宮 本 悦 子             中 川 幸 次3 地方自治法第121条による出席者の職氏名       市       長      峰     達  郎       副   市   長      柴  田     哲       副   市   長      中  江     勉       教   育   長      栗  原  宣  康       ボートレース企業局長     日  下  義  信       政  策  部  長      脇  山  秀  明       総  務  部  長      櫻  庭  佳  輝       財  務  部  長      北  方  初  美       未 来 創 生 部 長      久  我  邦  浩       市  民  部  長      古  川  光  博       保 健 福 祉 部 長      田  中  士  郎       農 林 水 産 部 長      吉  村  和  久       経 済 観 光 部 長      阿  蘇  靖  則       都 市 整 備 部 長      新 天 寺     勉       消   防   長      折  尾     命       水  道  局  長      石  倉  智  典       教  育  部  長      保  利  守  男       総 務 部 副 部 長      吉  田  和  文4 出席した事務局職員       議 会 事 務 局 長      濵  口     智       議会事務局副局 長      林  山  弘  美           午前10時00分 開議 ○委員長(白水敬一君) 皆様、おはようございます。ただいまから決算特別委員会を開催いたします。  本特別委員会に付託になっておりました議案第88号から議案第103号まで以上16件につきましては、各分科会において審査をお願いしておりましたが、審査報告がまとまりましたので、これより各分科会長の報告を求めます。  まず、総務教育分科会長の報告をお願いいたします。大西分科会長。 ◎総務教育分科会長(大西康之総務教育分科会長) 総務教育分科会審査報告書。  決算特別委員会に付託になりました議案中、議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、所管事項、議案第98号、平成29年度唐津市有線テレビ事業特別会計歳入歳出決算、以上2件について、10月9日、10日、11日の3日間、分科会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等、慎重に審査いたしました結果、議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、歳出の総務費の総務管理費中、一般管理費の原子力広報・調査等交付金事業費、教育費の教育総務費中、事務局費の人権・同和教育研究会助成費、人権・同和教育推進費、社会教育費中、社会教育総務費の社会教育団体補助金のうち同和関係補助金、同和対策に係る事業費については、認定しがたいとの一部意見もありましたが、本分科会に付託されました議案は、いずれも認定すべきものと決しました。  以上、簡単でありますが、本分科会における決算審査の結果報告といたします。  平成30年10月12日、総務教育分科会分科会長、大西康之。  決算特別委員会委員長、白水敬一様。  以上です。 ○委員長(白水敬一君) 次に、産業建設分科会長の報告をお願いします。笹山分科会長。 ◎産業建設分科会長(笹山茂成産業建設分科会長) 産業経済分科会審査報告書。  決算特別委員会に付託になりました議案中、議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、所管事項、議案第97号、平成29年度唐津市観光施設特別会計歳入歳出決算、議案第103号、平成29年度唐津市モーターボート競走事業会計の利益処分及び決算、以上3件について、10月9日、10日、11日の3日間、分科会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等、慎重に審査いたしました結果、本分科会に付託されました議案第88号及び議案第97号については、いずれも認定すべきものと決し、議案第103号については、原案どおり可決及び認定すべきものと決しました。  以上、簡単でありますが、本分科会における決算審査の結果報告といたします。  平成30年10月12日、産業経済分科会分科会長、笹山茂成。  決算特別委員会委員長、白水敬一様。  以上です。
    ○委員長(白水敬一君) 次に、都市整備分科会長の報告をお願いします。楢﨑分科会長。 ◎都市整備分科会長(楢﨑三千夫都市整備分科会長) 都市整備分科会審査報告書。  決算特別委員会に付託になりました議案中、議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、所管事項、議案第94号、平成29年度唐津市下水道特別会計歳入歳出決算、議案第95号、平成29年度唐津市集落排水特別会計歳入歳出決算、議案第96号、平成29年度唐津市浄化槽整備特別会計歳入歳出決算、議案第99号、平成29年度唐津市北波多中央部開発事業特別会計歳入歳出決算、議案第100号、平成29年度唐津市水道事業会計決算、議案第101号、平成29年度唐津市工業用水道事業会計決算、以上7件について、10月9日、10日、11日の3日間、分科会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等、慎重に審査いたしました結果、本分科会に付託されました議案は、いずれも認定すべきものと決しました。  以上、簡単でありますが、本分科会における決算審査の結果報告といたします。  平成30年10月12日、都市整備分科会分科会長、楢﨑三千夫。  決算特別委員会委員長、白水敬一様。  以上です。 ○委員長(白水敬一君) 次に、市民厚生分科会長の報告をお願いします。馬場分科会長。 ◎市民厚生分科会長(馬場幸年市民厚生分科会長) 市民厚生分科会審査報告書。  決算特別委員会に付託になりました議案中、議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、所管事項、議案第89号、平成29年度唐津市国民健康保険特別会計歳入歳出決算、議案第90号、平成29年度唐津市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、議案第91号、平成29年度唐津市介護保険特別会計歳入歳出決算、議案第92号、平成29年度唐津市養護老人ホーム特別会計歳入歳出決算、議案第93号、平成29年度唐津市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算、議案第102号、平成29年度唐津市市民病院きたはた事業会計決算、以上7件について、10月9日、10日、11日の3日間、分科会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等、慎重に審査いたしました結果、本分科会に付託されました議案は、いずれも認定すべきものと決しました。  以上、簡単でありますが、本分科会における決算審査の結果報告といたします。  平成30年10月12日、市民厚生分科会分科会長、馬場幸年。  決算特別委員会委員長、白水敬一様。  以上です。 ○委員長(白水敬一君) 以上で、分科会長の審査報告を終わります。  これより、分科会長の審査報告に対する質疑に入ります。  まず、総務教育分科会長の報告に対し、ご質疑ございませんでしょうか。伊藤一之委員。 ◆委員(伊藤一之君) 社民党の伊藤一之でございます。総務教育分科会分科会長にお聞きをしたいと思います。  議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算中の総務費の原子力発電広報・調査等交付金事業費についてでございます。本会議場の試案質疑では、平成29年度の本事業は、福島第一原発事故以前と変わらない原発推進の事業として、視察会等が行われたということでございました。予算の中でも、まとめてきました原発事故の現状を伝えるような避難住民等の講演会などや、福島第一原発事故の被害者の意見交換など行われなかったということですけれども、総務教育分科会の中でどんな議論がされたのかお伺いをしたいというふうに思います。 ○委員長(白水敬一君) 大西分科会長。 ◎総務教育分科会長(大西康之総務教育分科会長) 伊藤一之委員の分科会長報告に対する今ほどの質疑に対して答弁をさせていただきます。  原子力発電広報・調査等交付金事業費について、どのような議論があったかという質疑でありましたが、前年度決算よりも減額した理由と事業内容の変更の有無について質疑がありました。執行部からは、計画していた視察が中止になったということが減額の理由であり、事業の内容については前年度と変更はないという答弁があったところでございます。  以上でございます。 ○委員長(白水敬一君) 次に、産業経済分科会長の報告に対し、ご質疑ございませんでしょうか。           (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(白水敬一君) 次に、都市整備分科会長の報告に対し、ご質疑ございませんでしょうか。           (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(白水敬一君) 次に、都市整備分科会長の報告に対し、ご質疑ございませんでしょうか。           (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(白水敬一君) 市民厚生分科会長の報告に対し、ご質疑ございませんでしょうか。浦田委員。 ◆委員(浦田関夫君) 馬場市民厚生分科会長にお尋ねをいたします。  民生費の中で、同和対策に係る団体補助金及び同和対策事業がされておりますけども、どういう議論があったのか、また議案第89号で国民健康保険の特別会計がありますけども、どういう議論がされたのか、また議案第90号後期高齢者医療の特別会計については、どのような議論がされたのか、議案第91号介護保険特別会計がありますけれども、どのような議論をされたのかお尋ねをいたします。 ○委員長(白水敬一君) 馬場市民厚生分科会長。 ◎市民厚生分科会長(馬場幸年市民厚生分科会長) 浦田委員のご質疑に対してお答えさせていただきます。  先ほど言われました同和対策関連の決算でございますけど、同和関連に関しましては、同和問題と啓発活動費、これについて質疑がございました。その中で、どういうふうな使われ方をしてるかという中で、委員から人権カレンダー、これの日めくりになってる状態ですので、これが一枚ものにしたらどうかという質疑がありまして、執行部の答弁といたしましては、いわゆる関係各部とはまた教育委員会等とも相談しながら、検討をさせてくださいというような答弁がございました。  つぎから、議案の88号、89号、91号に関しましては、国保、後期高齢それから介護に関しましての質疑はございませんでした。  以上でございます。 ○委員長(白水敬一君) よろしいですか。浦田委員。 ◆委員(浦田関夫君) 1点だけ確認をしますけど、先ほどの同和対策事業で私の聞き間違いなのかわかりませんけれど、日めくりカレンダーというふうにおっしゃったかと思うんですけども、これは月カレンダーではないのかなと思いますが、いかがですか。 ○委員長(白水敬一君) 馬場市民厚生分科会長。 ◎市民厚生分科会長(馬場幸年市民厚生分科会長) お答えいたします。私の答え方が悪かったと思いますが、例えとして日めくりのようになっているということで、毎月のカレンダーでございます。 ○委員長(白水敬一君) 以上で、分科会長の審査報告に対する質疑を終わります。  次に、各分科会長報告の中で、一部反対意見が表明されている議案以外の議案で反対の意見がある方は、議案番号と件名をおっしゃってください。反対の意見のある方はございませんでしょうか。浦田委員。 ◎委員(浦田関夫君) 日本共産党の浦田でございます。議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算の中から、歳出の総務費の戸籍住民基本台帳中戸籍住民基本台帳の戸籍住民基本台帳事務費、いわゆるマイナンバー制度、これについて反対をします。次に、民生費の社会福祉費の中から、社会福祉総務費の同和対策に係る団体補助金及び同和対策事業費、議案第89号、平成29年度唐津市国民健康保険特別会計歳入歳出決算、議案第90号、平成29年度唐津市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、議案第91号、平成29年度唐津市介護保険特別会計歳入歳出決算について、反対を表明します。 ○委員長(白水敬一君) お聞き及びのとおりであります。それでは、本日の審査日程は、討論、採決となっておりますが、討論については、本会議において行うこととし、本特別委員会では審査報告案をもって採決にかえさせていただきたいと思いますが、ご了解願えますでしょうか。           (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(白水敬一君) ご了解いただきましたので、そのように取り計らいたいと思います。  お諮りします。本特別委員会の審査報告書の作成はいかがいたしましょうか。           (「正副委員長一任」と呼ぶ者あり) ○委員長(白水敬一君) 正副委員長一任という意見がありますが、これにご異議ございませんでしょうか。           (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(白水敬一君) ご異議ございませんので、正副委員長において報告書を作成することにいたします。  報告書作成のため、暫時休憩いたします。                    ~~~~~~~~○~~~~~~~~                      午前10時18分  休憩                      午前10時25分  再開                    ~~~~~~~~○~~~~~~~~ ○委員長(白水敬一君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。  報告書案がまとまりましたので、副委員長に朗読させます。 ◎副委員長(冨田幸樹君) それでは、読み上げさせていただきます。  決算特別委員会審査報告書(案)。  本年10月5日の市議会定例会において、本特別委員会に付託になりました議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算、議案第89号、平成29年度唐津市国民健康保険特別会計歳入歳出決算、議案第90号、平成29年度唐津市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、議案第91号、平成29年度唐津市介護保険特別会計歳入歳出決算、議案第92号、平成29年度唐津市養護老人ホーム特別会計歳入歳出決算、議案第93号、平成29年度唐津市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算、議案第94号、平成29年度唐津市下水道特別会計歳入歳出決算、議案第95号、平成29年度唐津市集落排水特別会計歳入歳出決算、議案第96号、平成29年度唐津市浄化槽整備特別会計歳入歳出決算、議案第97号、平成29年度唐津市観光施設特別会計歳入歳出決算、議案第98号、平成29年度唐津市有線テレビ事業特別会計歳入歳出決算、議案第99号、平成29年度唐津市北波多中央部開発事業特別会計歳入歳出決算、議案第100号、平成29年度唐津市水道事業会計決算、議案第101号、平成29年度唐津市工業用水道事業会計決算、議案第102号、平成29年度唐津市市民病院きたはた事業会計決算、議案第103号、平成29年度唐津市モーターボート競走事業会計の利益処分及び決算、以上16件について、10月5日、9日、10日、11日及び12日の5日間、委員会を開催し、10月5日に正副委員長の互選、9日、10日及び11日の3日間は常任委員会ごとの分科会を設けて、書類審査並びに現地調査を、12日に各分科会長の報告並びにこれに対する質疑を行う等、慎重に審査いたしました結果、議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、歳出の総務費の総務管理費中、一般管理費の原子力発電広報・調査等交付金事業費、戸籍住民基本台帳費中、戸籍住民基本台帳費の戸籍住民基本台帳事務費、民生費の社会福祉費中、社会福祉総務費の同和対策に係る団体補助金及び同和対策事業費、教育費の教育総務費中、事務局費の人権・同和教育研究会助成費、人権・同和教育推進費、社会教育費中、社会教育総務費の社会教育団体補助金のうち同和関係補助金及び同和対策に係る事業費、議案第89号、平成29年度唐津市国民健康保険特別会計歳入歳出決算、議案第90号、平成29年度唐津市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、議案第91号、平成29年度唐津市介護保険特別会計歳入歳出決算、以上4件については、認定しがたいとの一部意見もありましたが、本特別委員会に付託されました議案第88号から議案第102号については、いずれも認定すべきと決し、議案第103号については、原案のとおり可決及び認定するべきものと決しました。  以上、簡単でありますが、本特別委員会における決算審査の結果報告といたします。  平成30年10月16日、決算特別委員会委員長、白水敬一。  唐津市議会議長、田中秀和様。  以上です。 ○委員長(白水敬一君) ただいま朗読したとおり、報告することにご異議ございませんでしょうか。           (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(白水敬一君) 異議ございませんので、ただいま朗読しましたとおり報告することに決しました。  以上をもちまして、決算特別委員会を閉会いたします。長時間にわたり、ご審議いただきありがとうございました。           午前10時32分 閉会         本会議録の正当なることを認め署名する。             平成30年10月12日     唐津市議会決算特別委員会臨時委員長        唐津市議会決算特別委員会委員長...