1019件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

河内長野市議会 2021-09-11 09月11日-03号

次、話にあった個別計画実施計画ですね、令和2年度の策定という形で、公共施設についてですけれども、FM基金、いわゆる公共施設維持改修基金というのは今現在どれくらいあるんでしょうか。 ○議長峯満寿人)  総務部大林理事。 ◎総務部理事大林巌)  FM基金でございますが、平成30年度の決算時点では約17億円ということになっております。 ○議長峯満寿人)  道端俊彦議員

高石市議会 2020-12-02 12月10日-02号

議事録を調べてまいりますと、本年の3月議会、こちらで清水議員ミニFMということでご紹介されていますコミュニティFMであります。総務省コミュニティ放送局開設の手引きというものをちょっと参考に紹介させていただきますと、コミュニティ放送局とは、「市区町村の一部区域において、地域に密着した情報を提供するために、平成4年1月に制度化されたFM放送局です」。

貝塚市議会 2020-11-28 11月28日-01号

そのことを考えると、FMラジオなど配布し、市の情報が聞けるようなシステムづくりのほうが役に立つし、安価に取り組めるのではないかということでありました。 これらのような指摘をいかに進めていくかが課題になると考えております。 次に、静岡県三島市の豊岡市長からのお話であります。 三島市では、防災対策に関する計画を作成し、個別マニュアルは全82件に及びます。

松原市議会 2020-09-19 09月19日-03号

具体的には、教員の授業の声を聞き取りやすくするためにFM補聴器の活用をしたり、あるいは介助員教室に入り込んで手話通訳あるいは要約筆記をしたり、それぞれの児童・生徒の状況に応じた支援を行っております。また、支援学校と連携しまして具体的な指導方法の交流を行っております。 以上です。       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長篠本雄嗣君)  依田議員。       

松原市議会 2020-09-18 09月18日-02号

内容といたしましては、登美丘高校ダンス部OGダンスパフォーマンス並びにダンス教室、TOKYO FMラジオ公開収録子どもたちダンスなどを松原市文化会館で披露していただくダンスパフォーマンスinマルシェ、それから、まつばらテラスを舞台とした宝探しゲーム写真コンクール作品展示地元食材を使ったサンドイッチ教室など、楽しい催しを多数開催いたしました。 以上です。       

泉南市議会 2020-09-10 令和元年度決算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日: 2020-09-10

こちらの建て替え等につきましては、公共施設整備基金活用しながら、また現在行っております第6次行革、今年度中にまた中間見直しをいたしますが、その中できっちりと財源の対策を考えまして、計画を立ててFM計画を進めていきたいというふうに考えているところでございます。  

泉南市議会 2020-09-09 令和元年度決算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日: 2020-09-09

今後、それらのFM等との整合性を図りながら、それらの更新であるとか、そういった形の事業手法であるとか時期等について検討を行いつつ、それらの計画の中で早期にスケジュール等、それらを示していく必要があるというふうに考えております。  続いて、空き家でございます。  空き家バンクにつきましては、登録件数ゼロ件ということでございます。

泉南市議会 2020-09-04 令和2年第3回定例会(第3号) 本文 開催日: 2020-09-04

未来に輝く子どもたちのための教育改革やとはっきりこの場で言うているやつを、僕らはずっと聞いていて、FMが進まんし、後からボディーブローやし、必ずあかん。  だけど、泉中を竹中市政でボンといくときに、あ、もうこれで腹くくらなしようがない。次の市長、新しい市長が公明党の岡田議員行財政問題対策特別委員会委員長のときに、高浜市やったですかね、行った。非常に、あれ高浜市やったかな。

泉南市議会 2020-08-25 令和2年行財政問題対策特別委員会 本文 開催日: 2020-08-25

延べ床面積を縮減するということですが、本市のFM基本理念でもあります公共施設等経営資源と捉え、FMの観点から市民とともに最適化を進める。何を捨てるのかではなく、何を残すのか、そしてどう活用するかという理念にのっとりまして、単に施設を廃止するのではなく、本当に必要な施設は何かということを第一に考え、個別施設計画を策定していくこととしております。  

松原市議会 2020-06-19 06月19日-03号

また、そうやって電話がすぐとれない足腰悪い方もこれからどんどんふえていくだろうし、そう思ったときに本当にそういう正確な情報を伝えようと思うと、今は実際、無理かもわかりません、予算もたくさんかかるんですけれども、防災無線戸別受信機であったりとか、FMラジオとかを、また何年か計画を立てながらというか、そういうことも高齢者にとっては優しい一つ事業になるのではないかなと思いますので、よろしくお願いいたします

門真市議会 2020-06-18 令和 2年第 2回定例会-06月18日-02号

インターネットを活用したもの以外の情報発信といたしましては、FMハナコで最新の情報を発信するとともに「広報かどま」においては、3月号より新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起掲載を開始し、4月号からは感染予防対策各種支援策を特集するなど各月号関連記事掲載しているところでございます。