59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

阪南市議会 2021-03-02 03月03日-02号

本市子どもたち一人一人によりよい学習環境を整え、より質の高い教育を提供することが児童生徒の明るい未来につながる、こういう認識の下、これまで各校園子どもたちの成長に果たしてきました役割を継承しつつ、現在進行しています新型コロナウイルス感染症への対応も十分に踏まえ、阪南GIGAスクールビジョンを日々の学びに生かしていくことを強力に推進するとともに、今般、新しく導入しますJETプログラム英語劇観賞

阪南市議会 2021-03-02 03月04日-03号

具体的には、新型コロナウイルス感染症等への対応を踏まえながら、学校における働き方改革や阪南GIGAスクールビジョン推進とともに、幼稚園教育要領学習指導要領内容を着実に実施する中、新しく導入しますJETプログラム英語劇による英語教育充実、また、これまで取り組んできました海洋教育の一層の展開を図ることで、阪南市の子どもたち未来を開く教育を目指し、本市教育推進に取り組んでまいりたいと考えております

松原市議会 2021-03-01 03月01日-01号

次に、学校における英語教育推進についてでございますが、教員指導力向上を図る体制充実とともに、JETプログラムを活用し、ネイティブスピーカーによる英語でのコミュニケーション力向上を目指してまいります。 次に、学校等の安心・安全の取組についてでございますが、セーフコミュニティの理念に基づき、セーフスクール推進事業に取り組んでおります。 

箕面市議会 2020-12-22 12月22日-03号

在住外国人コミュニティー育成子ども若者サポート日本語学習支援就学子どもサポート就労支援生活相談JET-ALT生活サポート、医療・保健サポート、防災等々、言い出せば切りがありません。これらの事業実践の積み重ねの集大成とも言うべきものが、平成18年(2006年)に始まった年に一度の最大イベント、多民族フェスティバルでありましょう。ふと、こんな思いに駆られました。

阪南市議会 2020-11-30 12月04日-04号

JETプログラムにより就学教育にも取り入れるということで、幼児教育充実を図る観点からも大変うれしく思っておりますが、実施についてお伺いします。 ○議長中谷清豪君) 伊瀬生涯学習部長。 ◎生涯学習部長伊瀬徹君) お答えいたします。 社会の急速なグローバル化進展の中で、英語力の一層の充実は極めて重要であり、異文化理解コミュニケーションは、ますます重要になると思われます。 

松原市議会 2020-09-16 09月16日-03号

続きましては、今年9月より、以前私も話しさせていただきましたJETプログラムということで、外国人ALT先生方に来ていただく予定で取り組んでくださっていたと思うんですけれども、この影響で、今どのような状態なんでしょうか。       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長池内秀仁君)  横田学校教育部長。       

阪南市議会 2020-09-01 09月01日-01号

しかしながら、本年度は、英語劇鑑賞事業とともにJETプログラムを活用しました外国人英語指導助手配置事業による英語教育充実学校水泳充実推進事業などにも取り組む予定としておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いまして、実施できていない事業内容の変更を余儀なくされている事業もあるところでございます。 

松原市議会 2020-03-26 03月26日-05号

人選、現場の声、国や府からの補助、研修の実施、今後の方向性等について 1.児童生徒理解活動(心の教育推進事業における予算額減額理由スクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーの違い・役割配置・必要とする子ども人数、不登校の人数部活動指導員外部指導者人数・内訳・選定方法・効果、チャレンジルームの概要・相談員数児童数、中学3年生の割合・進路について 1.国際化教育推進事業におけるJET

阪南市議会 2020-03-03 03月26日-05号

令和年度は、JETプログラム導入子ども支援員配置事業によって、相当ボリュームを持った教育投資という観点で施策が展開されることを大変期待しております。教育投資という点からも、ただいま質問させていただいた点について、市長のほうからも財政的なバックアップ、また支援をお願いしたいと思いますが、これについて市長からご意見をいただいて質問を終わりたいと思います。 ○議長二神勝君) 水野市長

岸和田市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2019年12月06日

質問3の小学校英語教育についてですが、先日、泉南市では、英語授業ALTとしてJETプログラム英語で言えばジャパン・エクスチェンジ・アンド・ティーチング・プログラムを活用し、全ての小中学校に1名から3名のネーティブスピーカー配置し、全市では27名を配員するとの報道がありました。  

松原市議会 2019-09-18 09月18日-02号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆9番(松井育人君)  英語教科になる前の段階からALT配置しているということですから、教科になることを踏まえて配置している人数ではないとは思うので、その辺含めてしっかりと対応できるようにしていただきたいというふうに思いますし、国のほうでもJETとかという制度があったりとかいうことも聞いていますけれども、できるだけそういうのも活用できるもんは