9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

枚方市議会 2015-03-11 平成27年第1回定例会(第2日) 本文 開催日: 2015-03-11

マイナンバーでひも付けされた膨大な情報活用し、市民年齢層や、また、そのサービス利用状況といったさまざまな属性情報を分析することで、その人その人に合ったサービスメニューをお知らせする、いわゆるCRM的な考え方で活用していくのも有用であると考えております。現段階では使途が限られているようですが、国の動向も注視しながら、積極的に活用していっていただきますよう要望しておきます。  

枚方市議会 2014-03-24 平成26年予算特別委員会(第6日目) 本文 開催日: 2014-03-24

市民との接し方、伝え方をより向上させていただくこと、また、データをより分析していただくこと、この2つは、いわゆるクリエイティブとか、CRMとかの部分になってくると思いますので、この点についても今後研究していただき、より効果の上がるようにしていっていただければと思います。以上で私の質疑を終わりとさせていただきます。

吹田市議会 2009-09-14 09月14日-03号

また、CRMと言われているマーケティング手法活用されている自治体もあり、さまざまな手法があると思いますが、市民の声を市政に生かすという明確な意志を持って取り組んでおられるということと、トップの強力なリーダーシップがあること、また市民の声をもとにした行政改革の視点を持った取り組みを行っていることなどが重要な要素ではないかと考えます。

東大阪市議会 2005-06-21 平成17年 6月第 2回定例会−06月21日-02号

また行政改革を進めていく上で市民の皆さんの声を的確にとらえることが重要でありますが、民間企業では顧客ニーズを的確にとらえる手法としてここ数年CRM、カスタマー・リレーションシップ・マネジメントという手法が注目を集めております。これはホームページやEメールを有効活用し、集められた情報をコンピューターで分析することで、人力では把握困難なニーズを短期間かつ低コストで分析するための手法です。

池田市議会 2004-12-21 12月21日-02号

本市取り組みといたしましては、大阪電子自治体推進協議会の中にあります電子申請エージェントシステム研究会、この研究会の中で、案内コンテンツ研究を進めておりますとともに、北摂地域自治体によります自治体版CRM実現に向けた研究会、こういった研究会も立ち上げまして、コンタクトセンター検証等を定期的に行っているところでございます。 

枚方市議会 2003-12-16 平成15年第4回定例会(第5日) 本文 開催日: 2003-12-16

そのために、民間企業経営手法であるカスタマー・リレーションシップ・マネジメント顧客市民ととらえて、シチズン・リレーションシップ・マネジメントという、いわゆるCRMという発想を取り入れて市政運営を行っている自治体が幾つかあります。  その目的は、第1段階では、行政がお客様、いわゆる市民との接点における基本動作をきちんと整理していくことであります。

  • 1