運営者 Bitlet 姉妹サービス
825件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 茨木市議会 平成30年民生常任委員会(12月10日) まだまだですね、このICというもの、私どもも十分、この使いこなせてないかなと、そういうふうに感じるわけでございますけれども、ことし地震がございました、大阪北部地震がありまして、その地震後のことですけども、在宅医療にかかわって震災時にメディカルケアステーションという、そういうソフトを使っての事例のお話がございました。   もっと読む
2018-12-07 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会-12月07日-03号 近年IC、情報通信技術は目覚ましい進展を遂げて、今人口減少や超高齢化社会が加速度的に進む中で、市役所も業務時間の短縮やミスの少ない的確な情報処理が求められています。今後、ICTにかかわる新たな動向を踏まえ、これからの時代を見据えながら柔軟に対応する戦略的な視野に立った推進体制を構築しなければなりません。 もっと読む
2018-12-05 茨木市議会 平成30年第5回定例会(第1日12月 5日) 本市でも、情報技術、インフォメーションテクノロジー、通称Iの活用は進んでいると思いますが、新聞の記事にAIに係る国、総務省の動きについての記事が取り上げられていましたが、国等の動きについての情報は把握されていますか、お尋ねいたします。 ○桂議長 秋元企画財政部長。      もっと読む
2018-11-05 守口市議会 平成30年決算特別委員会(11月 5日) 11節需用費につきましては、学校、家庭、地域の連携による教育支援活動推進事業に係る消耗品費、食料費、印刷製本費が主なもので、修繕料はIC機器の修理に要した経費でございます。 もっと読む
2018-10-31 松原市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月31日−05号 .児童・生徒理解活動(心の教育)推進事業において、報酬及び委託料の内訳とその詳細、事業の目的と成果指標、スクールソーシャルワーカーによる支援効果、スクールカウンセラーによる教師の負担軽減等について  1.国際化教育推進事業において、事業内容とその成果、台北市との交流に係る経費内訳、及び参加者の決定方法、交流会参加者からの報告及びその効果、さらに交流の意義を高めるための取り組み等について  1.学校IC もっと読む
2018-10-23 松原市議会 平成30年 10月 決算特別委員会-10月23日−02号 ◆委員(河本晋一君)   予算執行実績報告書の140ページ、学校IC機器等の整備事業なんですけれども、大きくはタブレットパソコンを導入されたということで、備えつけの据え置き型のパソコンよりもいろんな活用方法がふえて、また、子どもたちにも取っつきやすいといいますか、興味が非常に湧くような事業を展開されていると思うんですけれども、もう少し詳しく教えていただけますでしょうか。 もっと読む
2018-10-23 豊中市議会 平成30年10月23日総務常任委員会(決算)−10月23日-01号 シニア層を対象とした事業につきましては、農業やIC、学習支援、内職広場等の多様な分野での就業・社会参加の場を提供し、873人の高齢者が参加し、うち40人が新たに就業されました。   もっと読む
2018-10-16 豊中市議会 平成30年10月16日文教常任委員会(決算)−10月16日-01号 教員は、それらのIC環境を活用しながら自作の教材や資料、学習に関する動画やデジタル教科書などを提示しながら授業を展開しております。  また、児童生徒のノートやワークシートなどをその場で撮影して投映するなどの活用も行っております。   もっと読む
2018-10-01 松原市議会 平成30年 10月 決算特別委員会-目次 セーフコミュニティについて)…………………………………………16   平野良子君(市民との協働推進事業について)………………………………………25   中田靖人君(防犯カメラ補助事業について)…………………………………………32   河内 徹君(防犯カメラ補助事業について)…………………………………………34   森田夏江君(コミュニティセンター管理事業について)……………………………38   河本晋一君(学校IC もっと読む
2018-09-28 守口市議会 平成30年 9月定例会(第2日 9月28日) 次に、バス運行事業者に対する補助につきましては、これまでもバスロケーションシステムやICカード対応などのインフラに係る側面的な支援は行っておりますが、御提案の運行補助等、営利企業に対する直接的な補助は現在のところ考えておりません。 もっと読む
2018-09-25 大阪狭山市議会 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月25日−03号 私も全然別件で、市としては柏市のほうを視察に行かれたんですけれども、私はIC機器の研修に行って、全然違う仕組みですけれどもよく似た仕組みを勉強してきたので、提案したという経緯があるんです、私としては。 もっと読む
2018-09-21 大阪狭山市議会 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月21日−02号 ◎尾島肇教育部副理事兼学校教育グループ課長   本市でもIC機器を導入するメリットとしまして、どの子にもわかりやすい授業づくりが可能になってくるということと、児童・生徒同士がお互いに考えを交流して、お互いに考えを深め合うツールとできるという点で、主に大型テレビですとか、タブレット端末等を導入しております。   もっと読む
2018-09-20 門真市議会 平成30年第 3回定例会-09月20日-02号 また、学習指導要領においてプログラム教育が導入される中、そのような脆弱なIC環境で対応可能であるのか非常に疑念を抱いております。   もっと読む
2018-09-19 八尾市議会 平成30年 9月総務常任委員会−09月19日-01号 また、カードをもしなくされたりという部分についてなんですけれども、これにつきましても、カードの裏面にICチップがあるんですけれども、ここには、特に、プライバシー性の高い個人情報は入っていないという状況もありますし、24時間体制でコールセンターもございますので、そちらのほうでカードの番号を変更するという対応もできるということですので、セキュリティーの面では問題はないと考えてございます。 もっと読む
2018-09-18 四條畷市議会 平成30年  9月 定例議会-09月18日−03号 これらを含む南小学校での対応策といたしましては、第1に課題に即する加配教員、支援員等、人的措置に最善を尽くしつつ、学校長の経営方針のもと、小規模校の特性に基づく学校運営、例えばIC機器の導入等、他校より導入しやすいツールを用いながらの教育実践を考えております。また、教育センターとの近接性を生かし、多様な視点より児童の支援を行ってまいります。 ○渡辺裕議長 長畑浩則議員。 もっと読む
2018-09-12 門真市議会 平成30年 9月12日文教こども常任委員会−09月12日-01号 ◎高山 学校教育課参事  教職員の出退勤管理システムにつきましては、勤怠管理ソフトの導入や教職員情報の入力、ICカードの配付等が完了し、9月から運用を開始したところであります。   もっと読む
2018-09-07 門真市議会 平成30年第 3回定例会−09月07日-目次    1 子どもの貧困対策について    2 生活保護について    3 無電柱化について 〇 休   憩…………………………………………………………………………… 121 〇 再   開…………………………………………………………………………… 121  ▽ 武田朋久議員の質問……………………………………………………………… 121    1 門真市防犯対策アクションプランについて    2 教育のIC もっと読む
2018-09-04 豊能町議会 平成30年 9月定例会議(第2号 9月 4日) 平成30年3月、ことしの3月定例会議の一般質問でIC、電子版おくすり手帳等を活用しまして、患者の服薬情報の一元的・継続的な把握によりまして、多剤重複投薬の防止や残薬解消なども可能となりまして、薬物療法の安全性・有効性が向上するほか、医療費の適正化にもつながることから、今後、本町においても高齢化等の上昇による医療費の負担増を鑑みると検討を始める時期にきているのではないかと質問いたしました。 もっと読む
2018-09-03 四條畷市議会 平成30年  9月 定例議会-09月03日−01号 教育費の支出済額は28億4854万3000円となり、四條畷南中学校休校に伴う意見交換会の実施及び記念事業等への補助、外国人英語指導助手の配置等の英語教育の推進、授業におけるIC機器の活用を進めるためのICT支援員を配置、なわてふれあい教室の時間外利用の延長、飯盛城跡国史跡指定へ向けた調査研究、ビブリオバトル市内中学生大会inなわての開催、四條畷中学校・四條畷西中学校施設整備工事などを行いました。 もっと読む
2018-08-02 豊中市議会 平成30年 8月 2日環境福祉常任委員会−08月02日-01号 それでは、本市で運用されているICシステム「虹ねっとcom」についてもう少し具体的に確認をさせていただきたいんですけれども、本市のICシステムには誰が参加できるのか、またどのような連携ができ、どのような効果があるのかお聞かせください。また、運用する上で課題があればお聞かせください。あわせて、例えば電子カルテや電子お薬手帳との連携が可能なのかといった医療データの活用についてもお聞かせください。 もっと読む