2844件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

門真市議会 2019-06-21 令和 元年第 1回定例会-06月21日-02号

第7期で1号保険基準額を比較すると、くすのき広域連合の6748円に対し高槻が5083円、茨木が5300円、交野5360円とその差は大変大きくなっています。もちろん各地の状況の差があるのは承知してますが、だからといって門真市民が府下で3番目に高い保険料を払い続けていくことは受忍限度を超えているのではないでしょうか。

八尾市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会本会議−06月14日-03号

中核移行から1年、その詳細な評価については、秋の決算審査に譲りますが、昨年度の決算の見込みから、現時点で中核移行に伴う財政面での影響を本はどのように受けとめておられるでしょうか。  また、経常収支比率や実質公債比率、将来負担比率などの財政指標から客観的に本の財政状況をどのように認識されているのかお答えください。  以上で、1回目の質問を終わります。

豊能町議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会議(第2号 6月 4日)

3町、競争ではありませんが、分担金がとても気になるところです。その13町では豊能町が活動している団体が見学ツアーに参加している。先ほどの答弁にもございましたように、5月22日にごみ減量推進委員の委嘱式の後、見学されたとのことで、他市町でもやってほしいと豊能町は評価をされています。

高槻市議会 2019-05-23 令和元年第2回臨時会(第2日 5月23日)

について  日程第 5        淀川右岸水防事務組合議会議員補欠選挙について  日程第 6 議案第52号 高槻監査委員選任につき同意を求めることについて  日程第 7 報告第 1号 高槻税条例中一部改正の専決処分報告について  日程第 8 報告第 2号 高槻介護保険条例中一部改正の専決処分報告について  日程第 9 報告第 3号 令和元年度高槻一般会計補正予算(第1号)の専決処分               

高槻市議会 2019-05-21 令和元年第2回臨時会(第1日 5月21日)

大阪府都市競艇企業団議員選挙について  日程第13        淀川右岸水防事務組合議会議員補欠選挙について  日程第14 議案第52号 高槻監査委員選任につき同意を求めることについて  日程第15 報告第 1号 高槻税条例中一部改正の専決処分報告について  日程第16 報告第 2号 高槻介護保険条例中一部改正の専決処分報告について  日程第17 報告第 3号 令和元年度高槻一般会計補正予算

茨木市議会 2019-03-27 平成31年第2回定例会(第8日 3月27日)

諸般の報告 日程第2.議案第11号 茨木市立老人デイサービスセンター条例の廃止について 日程第3.議案第24号 平成31年度大阪府茨木一般会計予算 日程第4.議案第25号 平成31年度大阪府茨木財産区特別会計予算 日程第5.議案第26号 平成31年度大阪府茨木国民健康保険事業特別会計予算 日程第6.議案第27号 平成31年度大阪府茨木後期高齢者医療事業特別会計予算 日程第7.議案第28号 平成

八尾市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会本会議−03月22日-06号

八尾・松原環境施設組合規約の一部変更に関する協議│ │   │       │の件                            │ │   ├───────┼──────────────────────────────┤ │   │議案第4号  │八尾職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正の件    │ │   ├───────┼─────────────────────────

羽曳野市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日建設企業常任委員会-03月20日-01号

の廃止について」    ② 議案第5号「羽曳野道路線の認定について」    ③ 議案第9号「羽曳野生産緑地地区の区域の規模に関する条例の制定について」    ④ 議案第31号「平成31年度羽曳野水道事業会計予算」    ⑤ 議案第32号「平成31年度羽曳野下水道事業会計予算」    ⑥ 行政視察について             △開議 午前9時56分 ○今井 委員長   定刻よりちょっと

茨木市議会 2019-03-18 平成31年民生常任委員会( 3月18日)

それから、枚方等の取り組み等でございますけども、大阪府のほうは、働く世代を初めとする健康づくりが主な目的で行っています。枚方、泉佐野のほうでも市内の協力店を募ってされてますけども、地域活性化、産業振興などのそういうまちづくりを主とした目的となっています。  

茨木市議会 2019-03-15 平成31年民生常任委員会( 3月15日)

○朝田委員 そういうことになると、豊中と茨木がそういうふうに突出しているのかなというふうに思ったわけですけども、あとの北摂7の中でも、市立で維持しているのでね、やっぱりそういう点でも比較論という点でも、ちょっとやっぱり市立として守っていくべきやというのが私の意見です。  

羽曳野市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日民生産業常任委員会-03月14日-01号

の制定について」    ② 議案第25号「平成31年度羽曳野国民健康保険特別会計予算」    ③ 議案第30号「平成31年度羽曳野後期高齢者医療特別会計予算」    ④ 議案第28号「平成31年度羽曳野介護保険特別会計予算」    ⑤ 議案第26号「平成31年度羽曳野と畜場特別会計予算」    ⑥ 行政視察について             △開議 午前9時58分 ○松村 委員長   皆様

茨木市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第7日 3月13日)

この調査なんですけれども、昨年度もランキングが発表されまして、全国151自治体に調査をかけ、その中で、この北摂あたりでこの総合ランキング6位に箕面、16位に吹田、21位に茨木、39位に高槻が入っています。

茨木市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第6日 3月12日)

次に、北摂各市の受入学年の状況でございますが、6年生までが箕面、4年生までが吹田と豊中、3年生までが高槻、摂津、池田となっております。なお、長期休業中のみの利用につきましては、各市とも実施されておりません。  

羽曳野市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日総務文教常任委員会-03月12日-01号

次に南河内の各市での職員確保の状況ということで、近隣に電話で問い合わせさせていただいたのですが、どこのもかなり確保には苦労しています。ただ、各市どこのも非正規職員を雇用して運営しておりますし、によって運営方法に違いがありますので、一律に単純な比較というのはできないところがあります。

守口市議会 2019-03-12 平成31年市民環境委員会( 3月12日)

 2 議案第16号 守口布設工事監督者の配置基準及び資格並びに水道技術管理者の           資格に関する条例の一部を改正する条例案  3 議案第17号 大阪・八尾・松原環境施設組合への加入に関する協議           について  4 議案第18号 平成31年度守口一般会計予算中所管に係る費目  5 議案第22号 平成31年度守口水道事業会計予算  6 議案第23号 平成31

東大阪市議会 2019-03-12 平成31年 3月第 1回定例会-03月12日-04号

号  平成31年度東大阪財産区管理特別会計予算       議案第 29 号  平成31年度東大阪公共用地先行取得事業特別会計予算       議案第 30 号  平成31年度東大阪交通災害共済事業特別会計予算       議案第 31 号  平成31年度東大阪火災共済事業特別会計予算       議案第 32 号  平成31年度東大阪介護保険事業特別会計予算       議案第 33 号

門真市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日総務建設常任委員会-03月11日-01号

な財政に関する条例の制定について  議案第4号 門真生産緑地地区の区域の規模に関する条例の制定について  議案第5号 門真附属機関に関する条例の一部改正について  議案第8号 門真有料自転車駐車場条例の一部改正について  議案第11号 門真水道条例及び門真下水道条例の一部改正について  議案第12号 門真水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例

茨木市議会 2019-03-08 平成31年第2回定例会(第4日 3月 8日)

            について 日程第12.議案第16号 茨木下水道条例等の一部改正について 日程第13.議案第17号 茨木附属機関設置条例の一部改正について 日程第14.議案第18号 平成30年度大阪府茨木一般会計補正予算(第4号) 日程第15.議案第19号 平成30年度大阪府茨木国民健康保険事業特別会計補正予算             (第1号) 日程第16.議案第20号 平成30年度大阪府茨木後期高齢者医療事業特別会計補正予算

茨木市議会 2019-03-07 平成31年第2回定例会(第3日 3月 7日)

これらが実現したら茨木はどのようなまちになるのでしょうか。また、人々の暮らしは、今とどのように変わっていくのでしょうか。そのビジョンをお示しください。  まちづくり、地域連携の取り組みにおいて、中枢中核都市という概念が創設され、本は792の中から選ばれた82に入ったとの報告をお聞きしました。