運営者 Bitlet 姉妹サービス
821件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月21日-04号 もう水に強い大東市、以前は水害に遭った大東市でありますけども、この増補の増設により、さまざまなゲリラ豪雨の対応、またしていただいております。これは横、遊水池は深北緑地でございますけども、地下調整池も4カ所ありますし、校庭貯留も各学校、今全ての学校に備えつけようとしております。そして、河川ポンプは、ちょっと財政の悪化も言いましたけども、この更新時期が来るんですけど、これも30カ所のポンプ場がある。 もっと読む
2018-11-30 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会−11月30日-01号 まず上下水道局関係の審査に際しては、水道事業の路耐震化に関して、本年6月に大阪北部地震が発生し、本市も間近で経験したことから、路の整備についてはスピード感を持って耐震化を進めていかなければならない。 もっと読む
2018-10-22 豊中市議会 平成30年10月22日建設水道常任委員会(決算)−10月22日-01号 現在も、その計画に基づき浸水対策を進めていますが、下流から順次、既設径を大きくするには多くの時間と費用を要することから、基本的には既設を最大限利用して、10年と5年確率降雨の差分を流すための増補の整備を中心に行っています。  現在施工中の原田中央幹線も、桜塚、曽根地区を流れる既設の能力不足を補う増補線であります。 もっと読む
2018-10-15 豊中市議会 平成30年10月15日環境福祉常任委員会(決算)−10月15日-01号 こういったメリットも踏まえて、生ごみの排出量の抑制を目的に、こういうディスポーザーの設置を推奨したり、いろんな環境部で設置補助がありますよね、雨水貯留タンクであったりとか、ソーラーパネルであったりとか、そういうものと同じような補助制度の構築を考えられないものなのか、ご見解をいただけますか。 もっと読む
2018-09-28 茨木市議会 平成30年第4回定例会(第4日 9月28日) 日本共産党市会議員団は、かねてから安威川流域の豪雨災害対策については、本川と支流を合わせた流域全体の耐越水堤防整備、河床修復、貯留施設整備、堆積土砂除去、斜面崩壊防止、低地の内水氾濫地域の浸水解消へ雨水整備等を求めるなど、流域全体の治水対策の強化を求めてまいりました。 もっと読む
2018-09-26 大東市議会 平成30年 9月定例月議会−09月26日-04号 この対策として、調節池、増補、地下河川、校庭貯留などのいろんな施設をつくってきたわけでございますが、この水害対策能力につきましてをお答えいただきたいと思います。  3点目です。北海道でも大きな地震がございました、特に、液状化現象が起きまして、住宅地がかなり被害を受けておりました。この大東市というのは、もともと田畑、田んぼでございますし、その前は河内湖という大きな湖でございます。 もっと読む
2018-09-14 四條畷市議会 平成30年  9月 定例議会-09月14日−02号 まず、下水道の耐震化率については現在どうなっているかとの質問には、平成29年度末の渠延長が約222キロで、そのうち避難所、防災拠点からの排水による重要な幹線は35キロで、そのうち阪神・淡路大震災レベルの地震に耐え得るのが5.6キロであり、耐震化率は約16%となっているとの答弁があり、次に、雨の降り方によるので一概には言えないが、今回7月の豪雨災害について、前回の平成24年の豪雨被害と違って被害が もっと読む
2018-09-14 東大阪市議会 平成30年 9月第 2回定例会−09月14日-02号 次に下水道の整備ですが、川より低地の東大阪では、雨水が自然に河川に流れ込まないところが多いので、下水道により雨水を集め、ポンプで強制的に河川に排水しています。しかし、東大阪市は時間雨量が50ミリを超えないことを想定して下水道の整備をしていますが、近年では、全国的に集中豪雨の頻度も多くなるなど、浸水被害の発生が懸念されるところです。 もっと読む
2018-09-10 泉佐野市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−02号 また、同条第4項につきましては、特定都市河川浸水被害対策法に規定する対策工事により設置された一定の雨水貯留浸透施設について、課税標準をその価格に4分の3を参酌して3分の2以上6分の5以下の範囲内において市町村の条例で定める割合を乗じて得た額とすることとなっており、3分の2から参酌基準である4分の3に改正するものでございます。本市においては、現在は該当する固定資産税はございません。   もっと読む
2018-09-10 門真市議会 平成30年 9月10日総務建設常任委員会-09月10日-01号 その土地利用方針に沿ったまちづくりが実現できることや、道路・公園等に雨水貯留槽等の防災機能が整備され、安全・安心なまちづくりが実現できることから高く評価をしております。  また、今後、大街区において新たな企業が進出することで雇用の創出にもつながるなど、当地区が周辺地域に与える経済波及効果にも期待をしております。 もっと読む
2018-09-10 茨木市議会 平成30年第4回定例会(第3日 9月10日) 日本共産党茨木市会議員団は、かねてから茨木市の安威川流域の豪雨災害対策について、安威川本川と支流の茨木川、佐保川、勝尾寺川、大正川、箕川など、流域全体の豪雨対策は耐越水堤防整備、河床修復、貯留施設整備、堆積土砂除去、斜面崩壊防止、低地内水氾濫地域の浸水解消へ雨水整備等を求めるなど、流域全体の治水対策の強化を求めてきました。   もっと読む
2018-06-25 東大阪市議会 平成30年 6月25日環境経済委員会−06月25日-01号 ◆高橋 委員  それでは東大阪市の水田に降る雨水量は幾らですか。 ◎土山 農政課長  東大阪市の耕地面積は田と畑を合わせまして186ヘクタール、これは農業センサスからとっておりますが、農地に降る雨の量は1年間で208万立方メートルでございます。以上でございます。 ◆高橋 委員  では現在の農業用水施設に頼らず水を田畑に供給する方法とは、井戸以外何かあるでしょうか。 もっと読む
2018-06-18 泉南市議会 平成30年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2018-06-18 また、同条第4項の雨水貯留浸透施設につきましても、第1項と同じく特例割合を変更するものでございます。  同条第7項から第11項までに規定している津波避難施設につきましては、特例適用家屋及び償却資産を追加し、一部について特例割合を新設しております。   もっと読む
2018-06-13 泉南市議会 平成30年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2018-06-13 ポンプ場の能力でございますけれども、最大限に発揮できるような雨水渠の取り込み口のごみの掃除やとか、定期的にそういう掃除、清掃作業を行っておりまして、大雨のときにはそれで点検清掃を24時間体制で持てるような、そういう体制で行うようにしているところでございます。   もっと読む
2018-06-11 大東市議会 平成30年6月11日街づくり委員会-06月11日-01号 ◆水落 委員   ちょっと、入札制度から離れまして、今回の整備で地下貯留施設も整備される予定なんですが、この貯留量といいますか、水量が幾らと、あと近隣の東諸福公園とか、南郷公園とかと比較した場合、どれぐらいの規模になるのか、その辺。 ○石垣 委員長   永野みどり課長。 もっと読む
2018-06-08 茨木市議会 平成30年第3回定例会(第1日 6月 8日) 雨水の整備に関する予算がさほど大きくないような額ではないかなと思うんですが、理由をお聞かせいただければと思います。  さらに、ポンプ場に関しては、当面の計画として、安威ポンプ場におけるポンプの増設、中央ポンプ場の施設更新、中期の計画として、中央ポンプ場と大池ポンプ場との貯留整備が挙げられています。 もっと読む
2018-06-06 泉南市議会 平成30年議会運営委員会 本文 開催日: 2018-06-06 2)としまして、雨水貯留浸透施設関係でございます。これも1)と同様の理由により、改正を行っております。   もっと読む
2018-03-15 茨木市議会 平成30年建設常任委員会( 3月15日) どのような事業を、どのように積み上げて推計されたのか、例えばこの当面でいいますと、このポンプ場の関係で幾らぐらいとか、そのほかは、その水路の確保とか雨水渠とかありますし、雨水貯留施設はこういう対策するというのはありますので、それぞれの対策で、これだけと分けて、総計で310億円と積み上げているのか、その辺の内訳について、もうちょっと詳しくお聞かせいただきたいと思います。   もっと読む
2018-03-14 茨木市議会 平成30年建設常任委員会( 3月14日) それで、そういう中で、現在、本会議答弁で出てきました5つの池全部で11万立方メートルの貯留量があると、全体の最高の貯留量として40万立方メートルという見通しなんですけれども、これの効果が発揮されるかどうかの見通しについて、茨木市としてどう考えているのか。   もっと読む
2018-03-12 大東市議会 平成30年3月12日街づくり委員会−03月12日-01号 次に、水政課所管の都市浸水対策事業8,415万4,000円は、集中豪雨等による浸水被害を軽減するため、市内小・中学校に雨水貯留施設を整備するものでございます。その下の水路整備事業2億8,907万円は、市内水路の環境改善を図るための整備を行うものでございます。  次に、歳入の主なものについて説明いたします。75ページから78ページをごらんください。   もっと読む