運営者 Bitlet 姉妹サービス
25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-04 豊能町議会 平成30年 9月定例会議(第2号 9月 4日) これは、転出超過になっているので、要するに御結婚とともに転出なさるということで、合計特殊出生率が低いということでございますから、この転出超過を抑制するということが、すなわち合計特殊出生率の上昇につながるというふうに思ってるわけでございまして、これも前、申し上げましたとおり、お一人の方が出産なさる、その子どもさんの数、これは多いわけでございます。 もっと読む
2018-06-22 四條畷市議会 平成30年  6月 定例議会-06月22日−02号 結果は、後継者がいないと答えた方が32%、おおむね5年後の意向として規模を縮小したいと答えた方が14%、離農したいと答えた方が10%でした。箕面市では、農業振興地域がない、国の中心施策たる農地中間管理機構、一般財団法人大阪府みどり公社を通じた耕作者のあっせんの対象にもなっておりません。 もっと読む
2018-03-22 能勢町議会 平成30年 3月定例会議(第5号 3月22日) 次に、総務部住民課関係の質疑では、公共施設再編整備事業及び社会インフラ等の維持管理に関する質問に対し、機能統合による公共施設の管理面積の抑制や橋梁の長寿命化、舗装計画等を対象として、公共施設等総合管理計画として実施しているとの答弁がありました。  また、学校跡地の維持管理についても、直営及び委託により雑草や立ち木の適正管理に努める旨の答弁がありました。   もっと読む
2018-03-02 八尾市議会 平成30年 3月定例会本会議−03月02日-05号 2013年8月に出された社会保障制度改革国民会議の最終報告書は、都道府県化の狙いについて、医療提供体制の主体と国保給付の主体を都道府県に一体的に担わせることで効率的な医療抑制ができるようになり、医療提供水準に見合う保険料も検討が可能になると、医療費抑制にあるとストレートに明記しています。維新府政は、平成31年度までに統一ルールをつくり直すと言っています。これについても市長の答弁を求めます。   もっと読む
2017-12-04 枚方市議会 平成29年12月定例月議会(第4日) 本文 141 ◯松宮祥久産業文化部長 離農対策といたしまして、枚方市の小規模農業で収入を大幅に増やす施策は難しいと考えておりますが、他業種に勤めていた農家の後継者が定年後に就農する仕組みづくりも必要であると考えております。  また、農家以外の市民については、農業体験などで農業と触れ合い、農業への理解を深めてもらうことも重要と考えております。 もっと読む
2017-09-26 高槻市議会 平成29年第4回定例会(第4日 9月26日) 前島地区以外に五領地域の一部でも新たな市街地となる可能性があれば、まず、農地所有者への無秩序な開発の抑制に向けた勉強会の機会をつくっていただきたいと思います。なぜなら、農地所有者は、新たな市街地になる可能性があることは想定もしておりませんので、機会があれば、独自の判断で、農地を企業に貸したり売ったりすることがあります。乱開発となることを避けるためにも、早急に勉強会の実施を求めます。 もっと読む
2017-09-11 能勢町議会 平成29年 9月定例会議(第1号 9月11日) これまでから、町長のいろんな施策も、冒頭言われたように、少子化のことでもういろんな取り組みされておるわけなんですけれども、人口抑制とか人口を維持にするためになかなか一朝一夕で即効するというような、そういうようなことは施策はないわけなんですけれども、そこで、総合戦略ありますね。例えば、定住対策のことで言いましたら、定住、Uターンの促進と移住希望者への支援体制の構築と。 もっと読む
2017-03-06 能勢町議会 平成29年 3月定例会議(第1号 3月 6日) 現在の直売所としての機能にとどまらず、生産現場との連携をさらに深め、離農相談や農地の中間管理、地域資源を生かした商品開発を行うなど、地域農業を支える多面的な役割が果たせるよう関係機関と協議を行います。鳥獣被害防止対策につきましては、人と獣のすみ分けを図る獣害防止緩衝帯の整備を支援するとともに、侵入防止柵等の被害防止施設の整備など、地域関係者が一体となった取り組みを引き続き支援します。 もっと読む
2016-09-04 枚方市議会 平成28年9月定例月議会(第4日) 本文 私はこれまで、生活道路の交通安全対策の一つとして、区域での車両速度の抑制をするゾーン30を本市でも推進すべきと、議会質問を通して訴えてまいりました。そこで、改めて確認の意味で、ゾーン30の概要について、お尋ねします。また、大阪府下と本市における現在のゾーン30整備状況をお答えください。  続いて、通告2.楠葉台場跡について、質問します。   もっと読む
2016-09-01 柏原市議会 平成28年  9月 建設産業委員会 空き家の対策は、今おっしゃったとおり、適切な管理の促進に関することから増加抑制策、利活用施策、除却等に対する支援施策など、さまざまな部署に関連する事項がありますので、この庁内調整会議は主な関係課7課で組織しております。 もっと読む
2015-09-08 泉佐野市議会 平成27年  9月 決算特別委員会-09月08日−01号 しかし、今後の動向としまして、市税収入の推移、交付税制度の動向、社会保障費の増加など、不確定な要素も多く、引き続き公債費負担の高い状況が続くため、公債費負担の抑制を目指した中期財政計画に基づき、計画的に安定した財政運営を行っていく必要があると考えてございますので、よろしくご理解のほど、お願いいたします。  決算の概要と人件費の説明は以上でございます。 もっと読む
2015-06-22 泉佐野市議会 平成27年  6月 予算特別委員会-06月22日−01号 交付要件としましては、経営転換、離農などにより一度に全農地または一部の経営部門の全農地を10年以上機構に貸し付け、かつ農地が機構から受け手に貸し付けられることが必要となります。  交付単価につきましては、0.5ヘクタール以下の場合、1戸当たり30万円。0.5ヘクタールを超えて2ヘクタール以下の場合が1戸当たり50万円。2ヘクタールを超える場合は1戸当たり70万円となっております。   もっと読む
2014-12-16 河内長野市議会 平成26年 12月 予算常任委員会-12月16日−01号 補修の要望はずっと我々受けておったんですけども、今回、拠点の整備につきまして、あそこを買収いたしまして、そこで一気に水利組合の皆さん、数が減って水路の補修がままならないと、またここだけの問題ではないんですけども、農業者の方の高齢化、それから離農されている、そんな状況がございまして、そういう水路の補修が非常に厳しい状況になっております。 もっと読む
2014-06-24 枚方市議会 平成26年第2回定例会(第5日) 本文 開催日: 2014-06-24 枚方においても、ここ10年のうちに離農が進み、優良農地も荒廃していくのではないかと心配しております。国においても農業政策面で大きく変化する兆しはありますが、今のうちに枚方市独自の大きな方向性を示して、農業、農地を守る政策を打ち出す時期に来ているのではないかと考えますが、課題も含め、市の見解をお聞きします。  5番目に、市駅周辺の整備計画の進捗状況について、伺います。   もっと読む
2013-03-05 能勢町議会 平成25年 第1回定例会(第1号 3月 5日) 1970年代というものは、総合農政ということで、米価の抑制と農家の所得向上の両立を目指して農業システム化の旗印をもとに、ここで初めて出てきますのが規模拡大、農業政策の柱になったのは、このときに規模の拡大ということ。いわゆる自立経営から地域の人と土地への転換、米の生産調整、集落の利用であると、こういうふうに書かれていますけども、こういう方向で70年代は行ってきたと。 もっと読む
2012-06-15 能勢町議会 平成24年 第3回定例会(第2号 6月15日) もうおっしゃるとおりで、ポールをつけるだけでも心理的なスピード抑制というふうにもつながってきますので、その辺も、そんなに予算はかからないと思うんですよ。だから、その辺もちょっと含めて対応をお願いしたいなと思います。  歩いていますから、遠回りというのはなかなか難しいかもしれないんですけど、この機じゃなかったらなかなかこういう話って難しいと思うんですよ。 もっと読む
2012-03-05 能勢町議会 平成24年 第2回定例会(第1号 3月 5日) 今回のアンケート回答の結果では、約8割の農家が今後の農業経営について現状維持と回答しており、喫緊の課題としては新たな組織設立の必要性は低いと思われること、また約2割の農家が高齢、後継者未定を理由に縮小、離農を回答しており、今後、耕作放棄地が増加することが見込まれること、約2割の農家が必要と思われる農業支援施策について新規就農者、後継者の確保を上げてること、約2割の農家が物産センターに期待する機能強化 もっと読む
2011-09-12 能勢町議会 平成23年 第5回定例会(第1号 9月12日) 骨太の方針の中では、あるお金で予算を組む、毎年事業の経費抑制と改廃を実施することを重視する。こういうことを書かれておりますね。もうちょっと具体的にどのようなことをされるかどうか、お聞きしたいと思います。 もっと読む
2010-09-02 堺市議会 平成22年第 4回定例会−09月02日-02号 まず、事業の目的が高齢者の外出支援であるならば、この事業によって外出されるようになった高齢者がどれだけ増加したのか、これが評価の基準であり、さらに経済波及効果や健康促進による医療費抑制などの効果も多岐にわたっているはずでございます。また、利用者の把握ができなければ、バス事業者へ支払う金額の妥当性を欠くことにもなります。 もっと読む
2010-06-15 八尾市議会 平成22年 6月定例会本会議−06月15日-02号 このような自給率の減少を伴う制度の中で、農業従事者の農業意欲の減退、あるいは農業という産業からの、離農者の増加、あるいは保有する農地の転用や放棄地の増加などで、農地が荒れるという状況が起こってまいりまして、現在の農業問題の重要課題であります農業従事者の高齢化、あるいは担い手不足、さらには農耕放棄地の拡大といった問題が相互に絡み合う状況につながってきたのではないかなというふうに思っております。   もっと読む
  • 1
  • 2