運営者 Bitlet 姉妹サービス
9989件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-27 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第8日 3月27日) 次に、もうやる必要のない人権関係補助委託料等の削減を求めるものです。  以上の歳出予算の削減の合計は10億559万1,000円であります。  第2に、歳出予算の増額です。  まず、新年度の国民健康保険料の引き下げや減免制度拡充のための国保特別会計への繰り出し増であります。   もっと読む
2019-03-19 茨木市議会 平成31年総務常任委員会( 3月19日) なお、関係職員の災害救護技術の体験等については、大阪災害ボランティアネットワーク会議、ブルーシート張り講習や地域の訓練など、さまざまな機会を通して、技術系のボランティアの方々と交流などは行っております。  なお、災害ボランティアセンターの旧豊川幼稚園施設への訪問については、私を含め担当部課長、関係職員などが訪問し、取り組みや課題等についての意見交換は行っております。 もっと読む
2019-03-19 茨木市議会 平成31年文教常任委員会( 3月19日) また、学校に関係されない市民の方からプール塀が取り壊されている状況を見て、プールは一体いつまでこんな状況で置いておくんだ、みたいな声をお聞きすることがあります。 もっと読む
2019-03-18 茨木市議会 平成31年民生常任委員会( 3月18日) 内容別の集計については、1人の方が複数の相談内容をされた場合にということになりますので、その1人の人が、例えば、生活上の相談、福祉サービス、そういうサービス関係の相談、医療、介護等の相談があれば、3つのカウントになっていくという集計方法となっております。 もっと読む
2019-03-15 茨木市議会 平成31年建設常任委員会( 3月15日) 中枢中核都市として期待されている取り組みにつきましては、活力ある地域社会を維持するための中心拠点として、近隣市町村を含めた地域全体の経済、生活を支え、東京圏への人口流出を抑止する機能を発揮する取り組みが期待されているものと考えております。   もっと読む
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 │ │ 我が国経済は、雇用・所得環境の改善による好循環が続く一方、少子高齢・人口減少社会の進展│ │に伴う税収の減少や社会保障費の増加、さらに公共施設やインフラが更新時期を迎えるなど、国や│ │地方自治体を取り巻く環境は今後ますます厳しくなることが予想されています。 もっと読む
2019-03-13 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第7日 3月13日) それらを踏まえまして、文化や子育てなどの関係する審議会に対しましては、審議ではなく、報告という形をとっておりますが、その際の議論や意見につきましては、関係課ヒアリング等を通じて、市民会館跡地活用推進課が整理等をした上で、選定委員会の資料等に反映しております。 ○下野議長 5番、大嶺議員。 もっと読む
2019-03-12 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第6日 3月12日) 以前の報告では、F-1断層は、カーテン・グラウチングが計画されていたが、それとの関係も疑問であるとしています。  第3に、今回、F-3、F-13、F-6断層が非常用洪水吐き流入部から導入部に分布することが明らかとなった。以前の調査や設計時にCLl級岩盤が分布することが明らかとなっていたが、これと断層はどのような関係にあるのか解明が不十分である。   もっと読む
2019-03-11 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第5日 3月11日) また、平成30年度からは、地域の活動を支援する業務を市民協働推進課の職員が業務として担い、地域との顔の見える関係づくりとさらなる信頼関係の構築に努めているところでございます。  今後とも地域の皆様の思いを形にする主体的な活動などを積極的に支援し、地域の皆様とともに安全・安心な住みよいまちづくりに努めてまいります。  庁内連携組織でございます。   もっと読む
2019-03-08 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第4日 3月 8日) さきに2月に議会の関係を済まされてる石巻市さんでは、この他律的業務というのは復興事業だったり、議会関係であったり、法制の執務、また、予算編成等が他律的業務として例示を挙げられています。本市の場合は、どのようなことを他律的業務として設定されるのか、お聞きしたいと思っています。これ、やはり設定をしておかないと、なし崩し的に他律的業務ということで、どんどん仕事量が拡大していく。 もっと読む
2019-03-07 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第3日 3月 7日) 将来、子ども人口が減ることがわかっています。エリアによって、子どもの人口推計にばらつきが出てくるのではないかと思われますが、将来を見通した利用者確保について、それぞれの施設と市とで、しっかりコミュニケーションはとられているのでしょうか。お聞かせください。   もっと読む
2019-03-06 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第2日 3月 6日) 団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据えた結果、各エリアにおきまして高齢者人口や障害者人口を平準化し、今後の高齢者等の伸びに対応できるよう設定したものであります。   もっと読む
2019-03-04 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第1日 3月 4日) 昨年12月に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生総合戦略(2018改訂版)」では、人口減少や東京一極集中、東京圏との所得格差などを克服し、まち・ひと・しごとの創生と好循環を確立するため、地方創生の深化に向けた施策の推進が掲げられています。   もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 これは各最新の人口移動の報告ということで、一番上が堺市全体の話になっておりますけれども、やはりこれ区によって非常に、上が堺市ですね、その下が堺区、堺区はやっぱりふえておられますね、若い人が中心にふえてると。その下が中区、中区はやっぱりどうしても減ってらっしゃる。中区の一番右のところ、これ高齢者の方がふえてらっしゃる、これはやっぱり施設の関係が影響しているのかなと思ってます。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 中区、約12万5,000人の人口、そして西区13万5,000人の人口、両区合わせて26万の約人口なわけなんですけれども、国の基準におきましては、約10万人に一つの警察署という基準があったところです。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 堺市は1961年、人口がまだ40万にも満たないときに、当時の河盛市長は100万都市構想を発表し、1976年、我堂市長が政令指定都市昇格を正式に発表、1983年には人口80万人を超えました。その後、人口の増減がありながら、2005年に美原町と合併、2006年に政令市になりました。その後、堺市は平成24年に人口ピークを迎え、ここ数年は極端な人口の下落を見せています。 もっと読む
2019-02-12 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月12日-01号 条例の一部を改正する条例 2 本委員会の意見   上記関係条例案に関する、本委員会の意見は別紙のとおりです。 もっと読む
2019-01-25 茨木市議会 平成31年市街地整備対策特別委員会( 1月25日) 中心市街地については、人口や商業の現状から主な課題として、商業機能の衰退、人口増加が中心市街地のにぎわいにつながっていない、市民活動の場が不足していることなどがあり、魅力ある商業機能、居心地のよい空間を求められていると分析しております。   もっと読む
2019-01-24 茨木市議会 平成31年北部地域整備対策特別委員会( 1月24日) 将来的には、交流人口、地域の活力の充実というステップから活動人口の増加、定住人口の増加へという流れを目指しております。  まちづくりに取り組む方向性についてでございますが、目的達成のためには、地域の方々の自発的、持続的な取り組みが不可欠でございます。北部地域の内側からの活性化に焦点を当て、必要に応じて専門家の力も活用しながら住民の方々が主体となった取り組みを支援していきます。   もっと読む
2019-01-15 泉南市議会 平成31年行財政問題対策特別委員会 本文 開催日: 2019-01-15 2ページは、まず泉南市のこれからの人口の推移なんですけれども、そこの表の下にありますように、平成29年までは住民基本台帳の人口、これは年度末現在の人口、それから平成32年、37年につきましては、国立社会保障・人口問題研究所による推計人口となっております。  こちらのほうは、平成27年の国勢調査の結果を踏まえまして、平成30年3月に公表されたデータをもとにしております。 もっと読む