21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

豊中市議会 2015-03-04 平成27年 3月定例会(本会議)−03月04日-02号

元自民党幹事長の野中広務氏はこれらのことについて、国のあり方を変えるものだとの批判をしています。非核平和都市宣言をしてきた市の長として、憲法9条を守れという声を上げる時期に来ているのではないでしょうか。ことしは戦後70周年の年、市としても戦争を風化させず、平和の取組みを積極的に行うべきと考えます。市長の答弁を求めます。  次に、大阪都構想について伺います。

羽曳野市議会 2015-02-28 平成27年第 1回 3月定例会-02月28日-02号

元自民党幹事長の野中広務さんがこのように新聞に書いたのが載っておりました。今の政権に、戦争がどれだけ暗い傷跡を国内外に残したか、もっと謙虚にあの時代を検証してほしい。そして、もし戦争が繰り返されたら、我々世代のつらい経験が無になってしまうと言っておられます。今の政治家の中で、戦争という暗い経験をされた人はほとんどおられない。その人たちによって憲法改定を話し合われております。大変心配なことです。  

豊中市議会 2014-08-08 平成26年 7月臨時会(本会議)−08月08日-05号

また、自民党の元幹事長の古賀誠さんや加藤紘一さん、野中広務さん、元公明党副委員長の二見伸明さんなどの長老の政治家の皆さんも反対の声を上げ、大きな世論になってきています。豊中でも請願を採択し、国に対してはっきりと意見書を上げようではありませんか。  以上で賛成討論を終わります。 ○議長(平田明善) 11番、松岡信道議員。   

大阪狭山市議会 2014-06-11 平成26年  6月 定例月議会-06月11日−02号

自民党元幹事長の古賀誠氏、野中広務氏、加藤紘一氏、憲法改正論者の小林節慶應大学教授など、政治的立場が違う人たちも含め、解釈改憲に反対する世論が高まっています。  以上の内容から、「海外で戦争する国」にしないために、憲法第9条を守る立場に立つことは、市民の命と平和を守る先頭に立つ市長として重要なことと考えます。見解をお伺いいたします。  

大阪狭山市議会 2014-03-11 平成26年  3月 定例月議会-03月11日−02号

例えば、山田洋次映画監督、俳優の仲代達矢さんや菅原文太さん、歌手の沢田研二さん、また、自民党元幹事長の古賀誠さんとか、野中広務さん、さらに与党の中からでも異論が出されております。各分野、各階層など、多くの方々が反対の声を上げております。立憲主義、法治主義の原則が、解釈の変更などで壊されてはならないようにしたいと考えるものでございます。  

池田市議会 2013-12-20 平成25年 12月 定例会-12月20日−03号

著名人、例えば俳優の菅原文太さん、仲代達矢さん、藤原紀香さん、ノーベル賞受賞者の白川英樹さん、益川敏英さん、大江健三郎さん、作家の志茂田景樹さん、浅田次郎さん、漫画家のちばてつやさん、さらには自民党の古賀誠元幹事長、野中広務元官房長官、みんな、反対や懸念を表明されております。  ゴーマニズム宣言で知られる右派の論客、漫画家の小林よしのりさんまで、「『保守だから賛成』なんて言ってる場合じゃない。

堺市議会 2013-12-05 平成25年第 4回定例会−12月05日-03号

野中広務さんや古賀誠さんなど、これまでの自民党の重鎮であった方も厳しく反対の声を上げています。私はこの議場の議員の皆さん方に、所属する政党のいかんにかかわらず、日本国憲法原理の平和主義、国民主権、基本的人権を守る立場に立たれて、これを犯す特定秘密保護法案に反対されることを、これを訴えるものでございます。

泉佐野市議会 2012-12-20 平成24年 12月 定例会-12月20日−03号

制定当時の野中広務官房長官は、この法案は国民に強制するものではないと国会ではっきり答弁しております。  法律では強制しないのに条例で強制するのは、これはおかしいし、違法ではありませんか。一体どういう根拠に基づいて強制する条例を議会に出すのか、市長は私の質問に対して「私の思い」、つまり市長の思いだと答弁しましたが、公務員に「私」という、市長個人の思いで強制できないのは当然です。  

堺市議会 2012-09-05 平成24年第 3回定例会−09月05日-04号

そのきっかけは、沖縄の視察におきまして、琉球大学の高良倉吉先生という方の御講義を受けたんですけれども、その高良先生が自由民主党の元幹事長でありました野中広務さん、沖縄開発庁長官も務められましたけれども、この野中広務さんに沖縄基地問題はこれからどうしたらいいですかねと尋ねられたときの言葉を紹介されておられました。

堺市議会 2012-06-18 平成24年 6月18日総務財政委員会-06月18日-01号

あの法律ができたときにも、当時の野中広務さんがそういうものではないとはっきりおっしゃいましたし、また天皇もそのように御発言をされております。  そして、学習指導要領についてでも同じことなんですが、式典その他のところで国旗を掲揚し、国歌を斉唱するものとするというふうにまで書かれているだけであり、それがどのような形でどのようになされるかというところまでの細かい規定はないのですね。  

泉佐野市議会 2011-09-13 平成23年  9月 決算特別委員会-09月13日−02号

去年でしたか、中学校をぐるっと回らしてもらいまして、日根野中が教室に入らない子が増えていたり、佐野中は物すごい静かになっていたり、ただ、もう一方では、佐野中は茶髪の子とか、教室に入らない子はもう校門から入れないとか、そういうような形で対応しているような差があってね。

堺市議会 2011-09-05 平成23年第 3回定例会-09月05日-04号

次に、国旗国歌法制定時、1999年6月29日の国会においての、小渕恵三首相による政府答弁と、同年8月2日の国旗及び国歌に関する特別委員会での野中広務官房長官を御紹介ください。  次に、教育と政治権力とのかかわりの問題です。  

東大阪市議会 2011-06-29 平成23年 6月29日民生保健委員会−06月29日-01号

補欠選挙で私、立候補させていただいて、その折に市長は当時自民党の大阪府連の青年局の局長として私の応援にも入っていただきましたし、またそれで私と当時は藤木議員も一緒に闘った仲ですが、私は残念ながらバッチをつけることができませんでしたけども、あのときも同士として野田市長は私と一緒に共産党、またあのときは自由党でしたけども、対自民党という形の中で私の応援の弁も持っていただきましたし、それからあのときは当時野中広務幹事長代理

八尾市議会 2006-03-06 平成18年 3月定例会本会議−03月06日-02号

1973年3月、京都府議会で野中広務発言、府会議員の発言です。当時の蜷川府政の同和行政に関した質問をされました。  「差別を売り物にしたり、差別をそのことによって商売や利権にすることがあるから、部落の中にはいつまでも差別が繰り返され、それが新しい差別を生んでいくのだ」と、こうおっしゃいました。

堺市議会 2003-09-24 平成15年第 4回定例会−09月24日-05号

1つは、今発売中でございます週刊文春9月25日号、この週刊文春には、既にお読みの方もおいでかと思いますけれども、野中広務独占手記と、ご承知のように、自民党の幹事長を務められ、また、かつては京都府の園部町長あるいは京都府議会議員、京都府の副知事、このような経歴をお持ちになって国会議員になられた後、自治大臣、国家公安委員長、内閣官房長官もお務めになった野中広務さんの手記が掲載をされております。

堺市議会 2003-02-19 平成15年 2月19日市街地活性化対策特別委員会(研修会)−02月19日-01号

その84名のメンバー、ここでは具体的に皆さんには紙で、ちょっとまずいかなと思ったんでお配りはしませんでしたけれども、かなりのいろんな方々が入っておられまして、顧問に入っていただいたのが森喜朗さん、野中広務さん、鳩山邦夫さん、三塚さん、中山さん、高村さん、麻生太郎さん、古賀さん、相沢さん、こういったそうそうたるところが、まず顧問として入っていただき、それ以外のメンバー、合計84名がこの設立総会に参加しております

泉佐野市議会 2002-06-19 平成14年  6月 関西国際空港問題対策特別委員会-06月19日−01号

私どもも、この総会に参加いたしましたけれども、与党関空推進議連には、中山太郎会長、久保哲司事務局長、松浪健四郎事務局次長をはじめ、議連顧問の野中広務議員、冬柴鐵三議員ら多数の国会議員が参加されました。  また関空の地元自治体、財界で構成する全体構想促進協議会にも、太田大阪府知事をはじめ関係府県の首長、あるいは地元自治体の首長、経済団体の代表等、多数のメンバーが参加いたしました。  

門真市議会 2002-06-14 平成14年 6月14日文教常任委員会-06月14日-01号

3年前の話で、自民党の野中広務さんが答えた引用がされていまして、野中さんは、我が国は残念ながら誤った道を1945年まで歩むことになったわけでございますから、そういう経験と反省の上に立って、これはやりとりの中である人間は非国民と名指しし、こちらの人間は過激な思想だという、そうやって排除するようなそういったことに対する経験と反省の上に立って、さまざまな意見があると謙虚に承知していると、こういう論議がこの

  • 1
  • 2