6546件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2019-07-12 令和 元年 6月定例会本会議−07月12日-06号

この議案は、1、3歳以上の保育認定子どもの給食費は、これまで、主食費のみ、保護者から徴収し、副食費は保育料に含むとしていたが、ことし10月からの保育料無償化に伴い、副食費も給食費として保護者から徴収できるようにする。2、教育認定子どもと3歳以上の保育認定子どものうち、年収360万円未満相当の世帯、また、全所得階層の第3子以降の者の副食費は免除するという内容です。  

高槻市議会 2019-07-11 令和元年第3回定例会(第4日 7月11日)

第3次高槻市少年育成計画の中に、青少年の心と体の健康づくりの推進という項目があり、学校給食を通した食育推進事業目的児童生徒に栄養バランスのとれた給食を提供し、心身の健全な成長及び望ましい食習慣の定着を図る。  また、児童生徒や保護者への学校給食の理解を深めるため、食に関する情報の周知、啓発や地産地消に取り組み、学校給食を通した食育推進を図る。

高槻市議会 2019-07-03 令和元年総務消防委員会( 7月 3日)

主な取り組みといたしましては、憩いの空間で快適に暮らせるまちに向けては、安満遺跡公園の整備、JR高槻駅のホーム拡充、新名神高速道路や関連道路の整備などにより利便性の向上を図り、ともに支え合う安全・安心のまちに向けては、公共施設・民間建築物耐震化などにより、安全・安心の取り組みを進め、また、子育て教育が整ったまちに向けては、小学校の35人学級中学校での給食を開始するなど、子育て教育施策に取り組

高槻市議会 2019-07-02 令和元年文教市民委員会( 7月 2日)

○(松岡保健給食課長代理) 昨年度のスポーツ振興センター災害共済の給付状況につきましては、小学校が1,444件、中学校が1,474件で合計2,918件の給付となっております。  以上でございます。 ○(髙木委員) 10年前から大体五、六年前までは4,300件とかそれぐらいの件数で推移してきていたんですけども、それが今徐々に減ってきているんです。

高槻市議会 2019-06-28 令和元年福祉企業委員会( 6月28日)

家庭保育給食については、必要な体制がとれるまで園内での調理ではなくてよいことにしておりまして、それを5年以内としていましたが、期間を10年と延ばします。要件緩和は問題です。  連携施設を受ける認可保育所にとっては、責任と負担が伴うもので、全国でも連携契約は進んでいないのが現状です。

大東市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例月議会−06月25日-03号

市税等の支払いに広げていくことについてでございますが、導入に当たっては、市税のほか国民健康保険税や介護保険料、保育料、学校給食費など、市が発行するバーコードのついた納付書全てに対応できるようにしたいと考えております。現在、その導入について、関係各課と調整を行っているところです。  

東大阪市議会 2019-06-25 令和 元年 6月第 2回定例会−06月25日-04号

経年劣化により故障した楠根東共同調理場の機器が更新されるまでの間の安全確保、モデル地域の指定や複数校での運営などを想定したコミュニティースクール設置の検討、市民の方に来てもらえるような東大阪市立野外活動センターの運営及び整備、約0.7%の生徒しか登録しなかった大阪府が実施しているLINEを活用した教育相談のさらなる周知、最悪のケースにつながらないための虐待やいじめの早期発見、今年度から開始している中学校給食

高槻市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第2日 6月25日)

市政運営に関するお尋ねですが、これまで2期8年の間、子ども医療費助成の対象年齢拡大、小学校全学年での35人以下学級の実施、中学校給食の全校実施など、子育て教育施策の充実や、健康寿命の延伸に向けた介護予防の取り組みの推進、がん検診の無料化の実施など、市民福祉の向上に全力で取り組んでまいりました。  

八尾市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日予算決算常任委員会(文教分科会)−06月25日-01号

八尾図書館長         谷       裕   之         文化財課長          みなもと        斎         参事             田   頭   正   光         参事             松   田   勝   人       (学校教育部)         学校教育部長         今   岡   誠   司         学務給食課長

八尾市議会 2019-06-25 令和 元年 6月文教常任委員会−06月25日-01号

主な改正内容といたしましては、3歳以上の保育認定子どもに係る給食費につきまして、従来、各特定教育保育施設において、米やパン、麺などの食材料費である主食費にあっては保護者から徴収し、おかずや牛乳、おやつなど主食以外の食材料費である副食費にあっては保育料に含むものとしていましたが、令和元年10月からの保育料の無償化に伴い、副食費についても給食費として保護者から徴収することができるものとするものでございます

大東市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例月議会−06月24日-02号

◎澤田芳彦 教育委員会学校教育部長  (登壇)中学校給食の課題につきましてお答えをいたします。  学校給食については、安全・安心な給食提供のため、文部科学省において「学校給食衛生管理基準」が定められ、本市においては「中学校給食衛生管理基準」及び「食物アレルギー対応マニュアル」を定め、調理業務を委託しているところでございます。  

堺市議会 2019-06-21 令和 元年第 4回臨時会−06月21日-01号

子育て支援と教育環境の充実に向けては、市立中学校における給食の全員喫食を実現します。中学生の個々の置かれた環境にかかわらず、栄養バランスのとれた昼食を提供します。  また、保育所等の待機児童対策では、保育の質を確保しながら、市有財産有効活用や保育士の確保による受け入れ枠拡大などを進めることにより、待機児童ゼロ実現を図ります。  

岸和田市議会 2019-06-20 令和元年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年06月20日

次に、学校給食課でございます。  1つ目の学校給食における食物アレルギー児童・生徒への対応につきましては、今年度も外部委員が参加いたします食物アレルギー対応委員会を開催し、昨年度後期の事故やヒヤリハットについて報告をし、今後の学校給食におけるアレルギー対応の安全性の向上について協議していきます。  

泉南市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-06-20

また、従来から給食費は保育料に含まれているのに、免除免除しない階層をつくっています。また、保育料に含まれていた3から5歳児の給食副食費約5,000円弱は、保育料以外に施設側が保護者に新たに徴収することになります。保育の一環である給食の費用は公費で負担すべきです。  無償化するなら全ての子どもを対象にすべきです。無償化により保育施設への入所が増加すると思われます。

八尾市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会本会議−06月19日-05号

まず第1点、3歳以上保育認定2号の給食費、今、主食費のみの実費負担ですが、副食費は保育料に含まれていました。これが無償化に伴いこの副食費も実費負担となります。  2点目です。1号、2号、年収360万円未満相当及び第3子以降のものにかかわる副食費については免除とする。この点を踏まえ、次の5点の質疑を行います。  まず、1点目です。

岸和田市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2019年06月19日

2つ目の質問としまして、給食費や学校徴収金の公会計化についてお尋ねします。  国は、学校における働き方改革に関する緊急対策平成29年12月に取りまとめ、その中で、給食費などの学校徴収金の徴収、管理を基本的には学校以外が担うべき業務とし、本年1月の中央教育審議会の答申でも、特に学校給食費の公会計化及び地方公共団体による徴収を基本とすべきとされています。

羽曳野市議会 2019-06-18 令和 元年第 2回 6月定例会-06月18日-04号

また、6月7日には第1給食センターの雨漏りによって、一部の献立が提供できない事態が生じたことを考えれば、学校施設の老朽化は深刻だと言わざるを得ません。  そこで、お尋ねします。  校舎、教室、運動施設、生活空間など、学校園に係る全般の施設について点検や現場から報告・要望されている課題がどのような状況にあるのかをまず1点目としてお尋ねします。  

高槻市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第1日 6月18日)

特に、子育て教育施策については、待機児童の解消に向けた保育所等の定員拡大を初め、病児保育休日・一時預かりなどの多機能保育サービスの提供が可能な子ども未来館の開設、小学校における35人以下学級の全学年への拡大や全中学校での給食の実施など、さまざまな取り組みを重点的に実施してまいりました。