8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

堺市議会 2006-12-18 平成18年12月18日総務財政委員会-12月18日-01号

この防止器具無料配布や、また取りつけをする自治体もふえてきているというふうに言われているんですけれども、例えば愛知県では県が3分の2補助して、知立市というところではね、65歳以上の高齢者障害者には無料で取りつけしていると、そしてその仕事はシルバー人材を活用しているということも聞いております。本市においても、こうした補助制度の実施を検討していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

吹田市議会 2006-05-24 05月24日-05号

愛知知立市は、今年度から脳疾患早期発見に役立つ脳ドック検診受診費用を一部助成する事業をスタート。同検診は市が民間医療機関事業を委託。受診者は問診や血圧測定を受けた後、MRIで頭、頚部を詳細に撮影し、脳の病気があるのかチェックする。受診対象は40歳以上の市民、通常3万円から4万円かかる脳ドック検診費用が市の助成により人当たり8,000円の負担で済むとのことであります。

池田市議会 2005-12-08 12月08日-01号

12日     座間市(神奈川県)視察来庁(9名 保育所民営化について)◯10月13日     市議会だより編集特別委員会          ・9月定例会号編集について◯10月14日     船橋市(千葉県)視察来庁(13名 電子申請受付システムについて)◯10月17日     市議会だより編集特別委員会          ・9月定例会号編集について◯10月18日     総務委員会行政視察知立

大阪狭山市議会 2000-09-12 09月12日-02号

愛知県碧南市では、保険料について第一段階保険料免除、そして第二段階で税、社会保険料医療費を除いた年収42万円の人も免除となっており、1割の利用料につきましても4月にさかのぼって保険料の基準で全額免除となっており、また愛知県の知立市でも保険料第二段階免除となっています。 このように高齢者生活実態から減免の動きが広がってきています。市長の住民福祉に対する姿勢で決まることです。

池田市議会 1998-12-09 12月09日-01号

公明議員団より公明党議員団)◯11月10日     大阪府市議会議長会正副会長会理事会(於、KKRホテルオオサカ)          第225回総会の運営等について◯11月11日     二戸市(岩手県)視察来庁(11名 情報公開制度運用等について)◯11月12日     全国市議会議長会第132回理事会、第65回評議員会(於、麹町会館)          会長提出議案等について          知立

大東市議会 1996-06-24 平成 8年第 2回定例会−06月24日-02号

今の広島県君田村のほかに、豊栄町、また愛知県の知立市、福井県の小浜市、滋賀県の大津市、日野町、安土町、中主町、和歌山県の南部町、印南町、吉備町、京都府丹波町や、高知県の佐川町、福岡岡垣町、水巻町など、どんどん終結や一般行政への移行に踏み出しているところがたくさん出ております。  28年間に13兆円の同和対策費が投入された結果、地区の生活や環境の改善が進んで、今は格差がほとんどなくなっております。

  • 1