運営者 Bitlet 姉妹サービス
1973件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月21日-04号 平成19年に公明党議員団でその原因を調査するために視察をしていますので、11年ぶりの再訪となりました。その後の経過状況を教えていただくことと、新規事業などの進捗状況も見てまいりました。 もっと読む
2018-12-21 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月21日-04号 本市といたしましては、引き続き仮想発電所の実施方法や効果などの情報収集に努め、その可能性などについて調査、研究してまいります。 ○議長(喜多正顕) 16番、酒井哲也議員。   ( 登 壇 ) ◆16番(酒井哲也) 3問目は意見・要望とします。  引き続き調査、研究をしていくということですので、ご答弁を了といたします。 もっと読む
2018-12-19 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月19日-02号 現在、高齢者や障害者をはじめ、ひきこもりの若者などを支援する社会福祉法人やNPO団体など、さまざまな分野も範疇に含め、子どもの居場所として可能性のある地域の潜在的な人的・物的資源を把握する子どもの居場所づくりに関する地域資源調査を実施しております。今年度中には調査結果の現状分析と課題整理を行い、更なる子どもの居場所の発掘及びネットワークの充実につなげてまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-12-11 茨木市議会 平成30年総務常任委員会(12月11日) その中で、被害認定調査について、お伺いいたします。  この被害認定調査の件数というのは出ているんですけれども、2次調査、1次調査のこの違いですね、まず。1次調査、2次調査、どう違うのかという点について、ご説明ください。 ○中村資産税課長 被害調査に関する1次調査と2次調査の違いでございます。   もっと読む
2018-12-10 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月10日−02号 一方、内閣府が発表しました消費動向調査平成30年11月実施調査結果では、消費者の景気の動きに対する意識を示す指標であります消費者態度指数が前月から0.1ポイント低下し、2カ月連続で前の月を下回る結果ともなっています。  このことから、景気の動向は上向きながらも、松尾議員ご指摘のとおり全ての方が景気の回復を実感するに至っていないのが現状であるというふうに認識をしています。   もっと読む
2018-12-10 茨木市議会 平成30年民生常任委員会(12月10日) そういう意味で、待機児童数を想定する材料にする意味でも、ぜひ、生まれる前から保育所のニーズがあるかどうかの把握をするために、妊婦さんに保育所ニーズの調査等を行って、保育所に預けるつもりがあるのか、あるのであれば何歳から預ける予定でいるのか等を把握し、データを蓄積していただければと思いますので、妊婦のニーズ調査、ぜひ、ご検討ください。   もっと読む
2018-12-04 豊能町議会 平成30年12月定例会議(第2号12月 4日) 教育について取り組みを進めるということですけれども、コンピュータはより適切に効果的に活用していくために、コンピュータのまず仕組みを知ることが非常に重要で、コンピュータは人が命令を与えることにより動作するので、この命令がプログラムであり、命令を与えることがプログラミングで、プログラミング教育は子どもたちの可能性を広げることにつながり、将来的に起業する若者や特許を取得する若者など、子どもたちの可能性を発掘 もっと読む
2018-10-31 松原市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月31日−05号 の件数、調査後の対応と改善件数、連絡がつかない場合の対応策、弁護士への相談、相続人不存在の場合などにおける略式代執行の件数、一部居住がある連棟式長屋など空家対策特別措置法の対象外となる危険家屋に対する大阪府との連携及び国への法整備の要請などについて  1.布忍駅バリアフリー化事業における経費の内訳、設計費用、工事費に対する補助金及び完了時期などについて  次に、教育費中、  1.大塚野外活動広場運営事業 もっと読む
2018-10-23 松原市議会 平成30年 10月 決算特別委員会-10月23日−02号 平成30年 10月 決算特別委員会 − 10月23日−02号 平成30年 10月 決算特別委員会 − 10月23日−02号 平成30年 10月 決算特別委員会              決算特別委員会             審査・調査日程(第2号) 日時   平成30年10月23日(火)午前9時58分開議 会議場所 松原市議会第2委員会室 日程第1 委員会録署名委員の指名 日程第2 認定第2 もっと読む
2018-10-23 豊中市議会 平成30年10月23日総務常任委員会(決算)−10月23日-01号 この基本設計、土壌調査等の委託料として2,204万880円の決算額になっております。その内容についてお聞かせいただきたいと思います。また、設計においては、これまでのプールと異なる新しい機能があるのか、また建設場所についてもお聞かせいただきたいと思います。土壌調査についてはどのような結果であったのか、あわせてお聞かせいただきたいと思います。 もっと読む
2018-10-16 豊中市議会 平成30年10月16日文教常任委員会(決算)−10月16日-01号 ◎児童生徒課長(道上博行) 学年ごとの詳細な調査は行っておりませんが、先程のサンプリング調査に寄りますと低学年では約90%、中学年では約60%、高学年では約35%の携帯率となっております。 ◆委員(沢村美香) やはり、高学年になるにつれて携帯率が下がっていることがわかりました。   もっと読む
2018-09-21 羽曳野市議会 平成30年 9月21日民生産業常任委員会-09月21日-01号 また、検診の未受診者の特性を調査しましたところ、検診は受けていないけれども、生活習慣病で治療をしているという方が対象者の3割ほどおられます。今、実際に受診者が36%ほどおられますので、その30%の方のデータを活用することができれば、実際にはもう60%というのはすぐクリアするような数字にはなってくると言われています。 もっと読む
2018-09-21 門真市議会 平成30年第 3回定例会−09月21日-03号 次に、懲戒請求提出後の人事課の対応についてでありますが、人事課は選挙管理委員会からの依頼に基づき調査継続中であり、結果につきましては選挙管理委員会に対して報告するものでありますので、議員御指摘の不正な事務、情報隠蔽事務とは考えておりません。   もっと読む
2018-09-14 四條畷市議会 平成30年  9月 定例議会-09月14日−02号 次に、こちらが岡部保育所の調査結果です。病気などで休日家庭で保育ができない可能性があるかないかで35人の13人、そして、両親がともに休日出勤があるというところで28人、ないが20人、そして、最終、休日保育を望んでいるというところで、望むと答えた方が34人、そして、望まないと答えた方が14人でした。そして、3園の調査をさせていただいたんです。次が、こちらが田原台ひまわりこども園の調査結果です。 もっと読む
2018-09-13 泉佐野市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−02号 ◎都市計画担当参事(榊原敏弘君)   2年前に空き家の実態調査を行いまして、そのときに空き家が約1,000軒です。そのときにあわせて危険度の判定をしましたところ、今おっしゃられたように30件です。 もっと読む
2018-09-13 茨木市議会 平成30年文教常任委員会( 9月13日) ことしの企画展につきましては、千提寺遺跡群の発掘調査成果を取り上げ、関連イベントとして、千提寺菱ヶ谷遺跡の現地説明会を実施し、さらに9月23日に文化財資料館におきまして、シンポジウム「千提寺遺跡群とキリシタン墓」を開催します。   もっと読む
2018-09-12 豊中市議会 平成30年 9月12日文教常任委員会−09月12日-01号 ◎生涯学習課主幹(服部聡志) 市内の埋蔵文化財包蔵地、一般には遺跡と呼んでおりますが、その範囲内で個人住宅や零細事業主による賃貸共同住宅の建築工事が行われる場合、遺跡の有無や深さなどを調べる確認調査や基礎工事により損壊を受ける範囲を対象に行う本発掘調査は、事業者負担ではなく国補助事業として公費負担により市が実施しております。   もっと読む
2018-09-12 大阪狭山市議会 平成30年  9月 定例月議会-09月12日−03号 今後も改正下水道法を準拠した管渠の点検・調査等を行い、予防保全型維持管理による機能維持並びに二次災害の未然防止に努めてまいります。   もっと読む
2018-09-11 茨木市議会 平成30年民生常任委員会( 9月11日) 人材確保は最重要課題と認識しておりまして、保育士宿舎借り上げ補助や、ハローワークと連携して合同就職説明会を実施しておりますが、新たな保育士の発掘だけでなく、離職を抑制するような職場環境の構築など、研究してまいりたいと考えております。それにより、潜在保育士の掘り起こしにもつながるものと考えております。 ○萩原委員 場所ですね。 もっと読む
2018-09-11 高石市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−02号 これは、子ども・子育て支援法に基づく計画を策定するため、市内在住の小学生までの子どもがいる家庭を対象にニーズ調査等を行う費用でございます。   もっと読む