1766件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会本会議−06月19日-05号

その検証結果としては、脳卒中発症後の歩行の改善、上肢機能、コミュニケーション、痛みの軽減等、生活の質の改善等に有益であるかもしれない。有益である可能性があるが、医療の現場で臨床的な応用を勧奨するためには、さらに無作為に音楽療法の有無に分けて効果を検証するなど、質の高い研究成果が必要であると記載されております。  

八尾市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議−06月13日-02号

はっきり言わせていただいたら、市民に痛みを押しつけているのです。5億円、正確に言うと4億円です。この財源で、あと2億円あったらいいと。この2億円、使える財源があるのに、先々のことを考えてと言って、とっておいて、市民に多大な痛み、国民健康保険料の痛みを押しつけると。これは身を切る改革って市長はおっしゃられていますが、市民の身を切る改革、市民に痛みを押しつける改革ではないですか。  

東大阪市議会 2019-03-26 平成31年 3月26日総務委員会−03月26日-01号

ましてや職員を経験してる中からいうたら、もっと痛みをわかってやなあかんはずなんですよ。12月議会でああやって議員のほうから指摘をされたから、何か動きましょって、言わなあかん立場で言うてないんやもん。それで何か言うたら、いやいや、市長言うてないからって。情けないですよ、ほんまに。言うても仕方がないんで、ここらでおいときますけど。まあそんなリーダーやったら要らんと思います、私はね。  

八尾市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会本会議−03月22日-06号

また、地方分権をまちづくりの一丁目一番地としている本市にとって、たとえ痛みが伴おうとも、出張所の機能再編成に踏み切ったことは必然であったのではないでしょうか。  今後の人口減少や市民ニーズの多様化をにらんだ中で、出張所を利用する市民、利用しない市民、全ての市民のことを考えた上で、市民サービスのあり方を変えていく。これからの行政運営には必要不可欠な視点である。我々はそう考えております。  

泉南市議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 開催日: 2019-03-19

だからやはりしっかりと市長が6次行革やから市民に痛みを、また我慢をということで、言うていますけれども、市民には伝わっていませんし、それについては、これだけ苦しくなったらもう我慢のしようがない。  そういった状況の中で、やはりしっかりと市民が元気になれるような施策、子育て施策、また国保にしても本当に払えるような額にするとか、そういうことがすごく大事やというふうに思っています。  

東大阪市議会 2019-03-12 平成31年 3月第 1回定例会-03月12日-04号

猫にとりましては痛みなどなく負担があることではございません。特に花園公園には捨て猫が多く、TNRも進めてまいりました。TNRは世界共通で、ラグビー観戦にいらした方々へも東大阪の町の優しさが通じることになると思います。小阪の商店街におきましても遺棄猫が多く、モデル地域として啓発を推し進めている最中です。その際、手術をする病院の予約や地域に返した後のえさや、ふん尿の処理など、フォローも必要です。

守口市議会 2019-03-11 平成31年福祉教育委員会( 3月11日)

○(藤原健康推進課主任)  乳がん検診のマンモグラフィ検診につきましては、確かに痛みを伴う部分はございます。ただし、乳がん検診の精度管理上、効果があるというのは、死亡率を下げるということなんですが、死亡率を下げるという効果が判明しているのは、現在のところマンモグラフィの検査のみです。

八尾市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日予算決算常任委員会(総務分科会)−03月11日-01号

この間、例えば窓口の委託化につきましても、市民の皆様に御理解いただいて円滑に進めておりますし、その他のさまざまな事業も、時には市民の皆様に痛みを伴うもの。これまでやっていたものをやめるということもありますので、痛みを伴うことも少なからずあろうかと思います。  

東大阪市議会 2019-03-11 平成31年 3月第 1回定例会−03月11日-03号

そういったところで、全体を考えながら可能な限り予算編成という行為を通じての、いわばある部分、削減、あるいは表現によっては痛みというところもあろうかと思いますけれども、そういったことは、全体の中で可能な限り対応していきたいと考えているところでございます。 ○菱田英継 議長  18番。

岸和田市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(本会議 第4日目) 本文 開催日:2019年03月08日

現在の市の収支不足額は、昨年の台風被害の復旧に要した費用や土地売払額の下方修正を含め76.1億円にまで上っている状況であり、今後の未来を考えると、今痛みを伴う改革をしなければならないことは必要であり、起こり得る急事に対し、市民の命と財産を守る財政の再構築は必須であります。  

泉南市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-03-07

市民にさらなる痛みをお願いしますと宣言されてから、終わりの見えない、また6次の計画が示されています。今まで一定の成果も上がっているが、今後も行革の目的を果たすために、職員は、より質の高い行政サービスを、より低いコストで提供し、成果意識を持ち、経費の削減、効率化・合理化計画に取り組まなければならないと述べられています。  具体的には、前向井市長は、今後職員の給料はカットしないと明言されていました。

岸和田市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2019年03月04日

このように全職員が痛みを感じながら、一丸となって行財政改革をやり切る決意です。直面する収支不足を解消し、重要施策の実現に必要な資金を確保すること、さらに、本市の財政調整基金残高の40億円確保に向けた見通しを2021年度までの集中改革期間中に示すことを目標に、全庁を挙げて取り組んでまいります。  

堺市議会 2019-03-01 平成31年度予算審査特別委員会(健康福祉分科会)−03月01日-01号

心や体に障害がある、歯科診療に対する恐怖心が強い、全身的な疾患がある、歯科治療中に吐き気が起こりやすいなどといった理由で、一般の歯科診療所では治療が困難な方に対し、痛みや不快感を感じることがないよう、全身麻酔を使うなど、高度かつ専門的な医療技術を用いながら、安全で質の高い治療を行っております。以上でございます。

大阪狭山市議会 2018-12-25 平成30年 12月 定例月議会-12月25日−04号

今後、行政で行う住民サービスの維持向上していくためには、あらゆる行財政改革が必要となってくると同時に、時には市民の皆様、市職員の皆様とともに痛みを共有していかなければならないことも出てくるかと存じます。痛みを市民の皆様に共有していただく前に、議員みずから身を切る覚悟を示し、議会改革を進める、その上で行財政改革を行っていかなければならないと考えております。

大阪狭山市議会 2018-12-18 平成30年 12月 総務文教常任委員会-12月18日−01号

今後、行政が行なう住民サービスの維持、向上していくためには、あらゆる行財政改革が必要になってくると同時に、時には市民の皆様、市職員の皆様に痛みを共有していただかなければならないことも出てくるかと存じます。痛みを市民の皆様と共有していただく前に、議員みずから身を切る覚悟を示し、議会改革を進めるその上で、行財政改革を行っていかなければならないと考えております。

東大阪市議会 2018-12-07 平成30年11月第 3回定例会-12月07日-03号

また、患者さんへのメリットとしては、身体的な負担の軽減や手術後の痛みの減少、それに伴う入院日数の短縮、早期の社会復帰にもつながるものと聞いております。  以上でございます。 ○菱田英継 議長  建設局長。 ◎山口 建設局長  空き家対策に関する数点の御質問に御答弁申し上げます。