857件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大東市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例月議会−06月24日-02号

賠償責任保険につきましては、平成28年に愛知において認知症の男性が道に迷っている間に列車にはねられ、死亡した事故で、家族に賠償責任はないとする最高裁判所判決があったことから、国や社会全体が認知症疾患特性を理解し、家族のみならず、地域全体で見守ろうという流れがうかがえます。  本市におきましても、市長会を通じて、認知症対策としての賠償責任保険に対する国への要望を上げているところでございます。  

泉南市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-06-20

6月に入って、例えば愛知豊橋市も民間プール使用する意向が東海テレビにて報道されました。近隣では、貝塚市も泉南市と同じくプールを民間プールに移行し、学校プールに関しては廃止も含めて検討するとの方向性を聞いています。それでも、子どもに関する事業の見直しは最後の最後まで手をつけるべきものではないと、感情面では強く思っております。  

八尾市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会本会議−06月14日-03号

ですから、何が言いたいかといいますと、私の記憶が間違えていたら申しわけないですが、平成5年か6年に、いじめで愛知の子どもさんが亡くなってから、そこから国がスクールカウンセラーをつくったりもしました。その後、貧困やら虐待でスクールソーシャルワーカーを、いろいろと国もやってきました。ですが、全国的には何ぼふやしていっても、これは大事な施策と思いますが、全国的にまだまだ減っている状況ではないのです。

泉南市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-06-07

例えばなんですが、きのうの一般質問で、古谷議員なんかも防災のことをお話しされていましたけれども、例えば熊本では、これは高校なんですが、県立学校学校運営協議会を設置して、熊本地震の教訓を生かした防災の取り組みを、学校地域とが一体となって進めておるということです。  

泉南市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-06-06

30近くなる中で、これは高知の宿毛市、ちょっとすみません、見にくい部分があるんですけれども、高知宿毛市、山形南陽市、宮城白石市、函館市函館市なんかは空港でつながりがあるということで、結ばれているんですよね。千葉の成田市防災協定をしている。これも空港絡みでということです。  これは、我々たしか去年成田市行政視察で行かせてもらっているんですよね。空港島でということで。  

泉南市議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 開催日: 2019-03-19

前、森委員もきのうかおとといにおっしゃっていたんですけれども、視察へ行ったときに、高浜市でちょっとびっくりしたのが、愛知であそこは、愛知製造業が盛んで結構先進的な企業も多くて、さすがやなと思ったのが、職員がトヨタに、すみません、正確ではないので、間違っているところがあるかもしれないんですけれども、時限というか期限つきで出向していると。

岸和田市議会 2019-03-11 平成31年予算特別委員会(第1日目) 本文 開催日:2019年03月11日

また、神奈川のほうなんですけども、ちょっとインターネットで調べますと、どれぐらいかかっているのかというような目安ということでございました。大体、平方メートルで7万円から10万円とかいうようなことでございました。全体敷地2,400平方メートルありますので、もし液状化が起こるという判断になれば、対策費としては2億円前後かなと。

泉南市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-03-08

大阪万博を見据えた取り組みというところで、私は質問したいと思うんですけれども、以前日本では愛知万博が開催されました。愛知万博では、一市町村一国フレンドシップ事業というものが実施されまして、県内の市町村愛知万博の公式参加国とペアになって、外国から参加する人たちを、各地域を挙げてもてなして、国際交流を図るというものでございます。  

八尾市議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日予算決算常任委員会(文教分科会)-03月07日-01号

国のほうでは、緊急総合対策プランという形で、児相の体制強化を通知をしたやさきに、千葉の虐待の事例が発生したということで、さらに児相設置が必要なんではないかという議論が、非常に巻き起こっております。  一方、中核市市長会の議論としましては、委員御指摘の中核市が児相を持つことの意義が、本当に中核市として児相が必要なのか、どうなのかというところを、真剣に議論すべきだという意見もございます。  

堺市議会 2019-03-01 平成31年 3月 1日総務財政委員会-03月01日-01号

それは、福井の永平寺も輪島市もなかなか県警が許可してくれない、そういったことを何回も聞いておりました。やはり人の命とか、人の体に害を及ぼすかもしれない、もし接触があったときね。そういったことで、やはり私は少しでもハードルを下げるべきだということで緑道の提案をいたしておりました。  

八尾市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会本会議−02月28日-03号

また、以前に私が言ったことありますが、滋賀の野洲市は、ようこそ滞納いただきました。滞納は生活状況のシグナルだとして、滞納者が生活困窮と言われれば、支援策につなげると。  だから、そういうICTがどうのこうのではなくて、大事なのはここだと思います。こういう姿勢で、国民健康保険介護保険市民税、生活保護が連携して、ちゃんと相談に乗れる体制をつくる必要あると思うのですが、市長、どうですか。

八尾市議会 2019-02-27 平成31年 2月文教常任委員会-02月27日-01号

◎副市長(平野佐織)  今、例えば体育館であるとか、特別教室について残ったところがあるのではというお話ですけれども、昨年の小学校1年生の男の子が愛知で亡くなったと。それを受けて、緊急対策としてさせていただいております。全てを網羅していこうということではなく、普通教室で日常を過ごす子どもたちの安全を保つことを最優先で考えさせていただきました。  先ほど、熱源のこともございました。

八尾市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会本会議−02月26日-01号

教授らは、2012年から5年間、千葉柏市で、要介護者を除いた約5万人の高齢者追跡調査、柏スタディのデータをもとに分析し、その結果、フレイル予防には、3つの柱として、栄養と運動、そして、趣味や就労、ボランティア活動などの社会参加の三位一体が重要であるとし、健康寿命の延伸には、運動習慣だけではなく、栄養管理とともに、多様な社会参加、つまり、人とのつながりがフレイル予防に重要であるというものです。  

堺市議会 2019-02-25 平成31年 2月25日市民人権委員会−02月25日-01号

ことし1月に発覚しました千葉野田市児童虐待事件についてですが、父親の暴力によって小学校4年生の女児が死亡しました。この一家は、当初、沖縄糸満市に居住、そして2017年7月に父親の親族が心愛さんへの恫喝と母親へのDVを糸満市に相談をしております。糸満市は調査のための訪問を求めましたが、父親は応じなかったと。

門真市議会 2019-02-25 平成31年第 1回定例会-02月25日-01号

次に、平成30年8月には東三河広域連合、知多北部広域連合及び愛知常滑市の3団体において管外行政視察を行い、広域連合と構成市における地域包括ケアシステムなどについての見識を深めました。  そして、平成31年1月には門真市2025年問題対策検討委員会に関する報告を再度受け、本市の今後の取り組み方針について確認いたしました。