1628件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨木市議会 2020-03-09 令和 2年建設常任委員会( 3月 9日)

また、事業所さんとの連携の関係ですけども、これも先ほどお答えもいただきましたし、コーディネート機能を発揮もしていきたいと、こういうふうにおっしゃっておられます。いろいろ課題もあると思いますけれども、ぜひ、取り組んでいただきたいと思います。  また、全体的には、市と災害協定を結んでいる事業所等もあると思います。

守口市議会 2019-12-20 令和元年12月定例会(第2日12月20日)

議会公明党では、平成28年12月議会において、避難所運営マニュアルを作成し、官民協働避難所を運営できるよう一般質問を行いました。その答弁では、運営マニュアル職員だけでなく地域の方々にも周知し、避難所開設後はマニュアルに基づき地域の方々に参画していただいて、運営を行っていくとされています。

大東市議会 2019-12-19 令和 元年12月定例月議会−12月19日-03号

◆9番(中村晴樹議員) 全国の自治体も、見て、俯瞰していきますと、大東市は先行したわけですが、指定管理者制度の費用対効果が如実にあらわれたりであったりだとか、人を減らしてきたということで、財政効果が幾分かはあったというのが一番の行革の成果なのかなと思いますが、それら全国的にもそうなんですが、その減らしてきた人件費というのは、物件費、いわゆる委託、民間に委託することによって、民間と官民格差ですよね、

茨木市議会 2019-12-18 令和元年北部地域整備対策特別委員会(12月18日)

平成21年には、学識経験者の意見を踏まえ、府と本市により、安威川ダム周辺整備基本方針をパブリックコメントを経て策定いたしまして、ダム周辺を北摂地域シンボルとすることを目指すことや、官民連携による事業実施を想定することと等を掲げております。  平成25年から平成27年にかけては、府と本市により、地元住民と公募市民によるワークショップを実施し、得られた意見の取りまとめを行いました。  

大東市議会 2019-12-18 令和 元年12月定例月議会−12月18日-02号

この世界的スポーツの祭典を各自治体官民一体となって応援する応援村を全国2,000カ所で設置する実行委員会が立ち上がりました。その実行委員の一員として本市の東坂市長も参加し、このプロジェクトを進めることになりましたが、その内容を教えてください。  8点目、内部統制についてでございます。  これも9月議会でお聞きしましたが、内部統制の方針案の進捗はどうなっていますか、お答えください。  

堺市議会 2019-12-09 令和 元年第 6回定例会−12月09日-04号

そのため規制改革、技術開発、官民一体による水素ステーションの戦略的整備を三位一体で推進するとございます。水素ステーションの自立化を実現するためにも、燃料自動車を1台でも多く導入すべきときであります。  また、第5次エネルギー基本計画には、モビリティーにおける水素利用の中核となる燃料電池自動車と水素ステーションについては取り組みの両輪として進めていくことが重要であるというふうに結論づけています。

堺市議会 2019-12-06 令和 元年第 6回定例会-12月06日-03号

このことからも、大阪府・市連携の中で堺市、南河内、南大阪、ついては大阪府全体の発展・反映のためにも、今後条件が整えば、ぜひとも永藤市長が先頭になって各所管局連携のもと、美原区を初めとする内陸部のまちづくりのために、開発に伴う周辺環境についても配慮をしながら、本市の発展に向けて市街化調整区域であっても、利用できるさまざまな手法を用いて、従来の手法だけではなく、地域の方々だけではまとまりにくいといったケース

門真市議会 2019-12-06 令和 元年12月 6日総務建設常任委員会-12月06日-01号

第6次総合計画の推進においては、地域の活性化方策として企業等と連携し、ともに一から考え解決策の実証していくなど、新しいことに取り組む視点を持って推進していきたいと考えております。 ◆池田治子 委員  まちの成長と財政の健全化が両立する計画的な財政運営をどのように実現していくのでしょうか。

羽曳野市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回12月定例会-12月06日-02号

国によって同意された基本計画に基づき、事業者が策定する地域経済牽引事業計画を都道府県知事承認し、事業は民間事業者や官民連携事業者が実施することとなります。  国の基本方針で示されている地域経済を牽引する事業の分野は、成長ものづくりのほか、農業観光を初めとするサービス作業など、多岐にわたっています。

堺市議会 2019-12-05 令和 元年第 6回定例会−12月05日-02号

具体的には、ドクターカーの運用等により重症傷病者への早急な対応ができるようになることや、診療所病院間による医療連携が進むことにより多様な医療サービスの提供を身近なところで受けられるようになることが挙げられます。  現在医療連携の充実に向け、堺市圏域内での地域医療連携ICTネットワークの構築に向けた検討会を医師会及び堺市内の地域医療支援病院と開催しています。

門真市議会 2019-12-05 令和 元年第 3回定例会−12月05日-01号

まず、第1条の部の設置では現市民生活部につきましては社会教育等を所管することで、地域連携強化及びにぎわいの創出をさらに進めるため市民文化部とし、市民の生活環境に直結する水道及び環境に関する事務を所掌し、広域化並びに焼却炉の長寿命化等の課題へ対応するため環境水道部を設置するものでございます。  

高槻市議会 2019-12-05 令和元年総務消防委員会協議会(12月 5日)

3点目の市民地域との役割分担についても同様に、現在、連携協働手法の検討を行っており、今後も計画に基づき、取り組みを進めてまいります。  次に、8ページをごらんください。  5、実施計画の推進に当たっては、実施計画の目標等について記載しておりますが、当初から変更はございませんので、説明は割愛させていただきます。  次に、9ページをごらんください。  

枚方市議会 2019-12-05 令和元年12月定例月議会(第5日) 本文

49 ◯横尾佳子長寿社会部長 ことし6月にニッペパーク岡東中央で開催した介護予防イベントであるひらかた健活フェスタは、介護予防の普及、啓発を目的に、本市の介護予防事業において連携しているスポーツジム、栄養士職能団体、元気づくり・地域づくりコーディネーターなど官民協働介護予防に関する講座、体力測定健康相談などを行っているイベントで、858人の参加者がありました

枚方市議会 2019-12-04 令和元年12月定例月議会(第4日) 本文

アスマイルアプリをインストールし本登録すると、毎日の健康活動でポイントがたまる仕組みで、目標ポイントに到達すると、電子マネー等が当たる抽せんに参加、もしくは特典と交換することができる仕組みになっており、官民連携事業でもあり、コマーシャルもしておりまして、話題にもなっております。  

枚方市議会 2019-12-02 令和元年12月定例月議会(第2日) 本文

行政においては、今までの官民連携協働は、行政組織効果的、効率的な運営を目指すものでありましたが、これからは自治体、多様な分野の専門家、課題の現場にいる地域住民等、さまざまな人たちが知恵を持ち寄り、複雑な問題の解決に向けてアイデアを出し合うという、真の課題と解決のあり方を模索していく参画プロセスが重要であると考えます。