運営者 Bitlet 姉妹サービス
42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-06-21 茨木市議会 平成29年第3回定例会(第3日 6月21日) 最後になりますが、2025年万博誘致の言い出しっぺは、1970年の大阪万博の企画、実施に携わり、成功をおさめた堺屋太一氏だと言われています。高度成長期の1970年の大阪万博は私の記憶にも残っておりますけれども、今は高度成長期ではありません。夢よ、もう一度と無責任に大阪万博を推進すべきではありません。  議員諸氏に決議反対の態度をとるよう、お願いをして私の討論を終わります。 もっと読む
2016-12-08 泉南市議会 平成28年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2016-12-08 まず、産まれ落ちた時点で第1次ベビーブームのさなかにあり、長じて我々の意思とは裏腹に、受験戦争を引き起こし、何ゆえか全共闘世代となり、社会に出てからは堺屋太一氏によって団塊の世代と名づけられ、2007年問題、2012年問題の因子となり、2025年問題にも厄介者たちとして登場する予定だそうでございます。   もっと読む
2014-09-25 東大阪市議会 平成26年 9月第 3回定例会−09月25日-03号 特に今里にある堺屋太一さんの銘板には、この道はシルクロードの東の端なのだという言葉が印象的でありました。ところが東大阪に入ると、それなりに表示板が整備されていますが、目立たないし、もちろん暗越奈良街道の道標、道しるべなんかもありませんでした。せめてこの街道の最初の宿場であった松原宿跡などはもう少し手を加えてもいいのではないかと思います。 もっと読む
2012-02-29 堺市議会 平成24年第 1回定例会-02月29日-03号 14番上村太一議員。(拍手) ◆14番(上村太一君) (登壇)おはようございます。大阪維新の会堺市議会議員団を代表いたしまして、2巡目の質問をさせていただきます。  さて、昨年の11月に大阪市長・大阪府知事選挙、いわゆるダブル選挙が行われました。この選挙におきまして、我々の大きな方向性について理解を大阪府民の皆様にいただき、民意を得ることができました。 もっと読む
2012-02-28 堺市議会 平成24年第 1回定例会−02月28日-02号 ところで、きのうの産経新聞にですね、大阪府市特別顧問を務めておられます堺屋太一さんのインタビューが掲載されておりました。ごらんになった方も多いかと思いますけども、その中で堺屋氏は、橋下大阪市長は織田信長や平清盛のような資質を持っていると評しておりました。織田信長と堺市の歴史といえば、将軍足利義昭を奉じて信長が上洛した際に、堺に2万貫の矢銭を課したという逸話が有名でございます。 もっと読む
2011-12-09 堺市議会 平成23年12月 9日総務財政委員会−12月09日-01号 そして私は、先ほども野村委員もちょっとおっしゃっておりましたが、なぜこのような条例ができ上がってきたのかなというように考えまして、私は体制維新という堺屋太一さんと橋下さんの共著になってますけど、端から端まで読ませてもらいました。非常に勉強になったわけですけど、是非はともかく、非常に勉強になりました。   もっと読む
2011-12-07 泉大津市議会 平成23年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号 あわせて、その本の中で堺屋太一が、政治こそが、この機能不全を打開しなければならないんですけれども、政権交代によって全く知識も能力も経験のない人たちが政治をやり始めてしまった、これは困ったことです、この堺屋太一は民主党の応援団です。 もっと読む
2011-12-06 豊能町議会 平成23年第7回定例会(第2号12月 6日) ○5番(小寺正人君)  選挙の結果、特番が流れたわけですけれど、私もテレビ、何度も見たわけですけど、万歳というところで、すぐ後ろに堺屋太一さんがいつもおるわけですよね。選挙カーの上にも堺屋太一さんが後ろ盾に、ブレーンとして存在していると。  それから、選挙後でありますけれども、翌日になると、今度は上山信一という慶応大学の教授が盛んに出てくるわけですよね。 もっと読む
2009-03-04 泉大津市議会 平成21年  3月 定例会(第1回)-03月04日−02号 作家の堺屋太一さんは、今の70歳は30年前の60過ぎぐらいだと述べておられます。高齢者という言葉が適切でないような若々しい人はめずらしくないんだというふうに結んでおられます。  2015年には、団塊の世代の方々すべてが高齢者の仲間入りですが、この方々こそ地域社会での推進力を担う世代として活躍していただく必要があるわけですが、この辺、何か施策を考えておられるのか、お尋ねをいたします。 もっと読む
2008-12-17 能勢町議会 平成20年 第6回定例会(第3号12月17日) それが、団塊の世代という、堺屋太一さんがそういうお名前をつけられまして、それが今、時代の大きな1つのうねりで、60年間きたわけですわ。   もっと読む
2008-05-20 大阪市議会 平成20年5月定例会常任委員会(財政総務)-05月20日−01号 市長も御存じのように、作家の堺屋太一さんと先日さまざまな懇談をさせていただいたときに、大阪市役所のことをぼろくそおっしゃっておりました。とにかく、大阪市役所の職員というのは汗を流したがらない、自分ところに仕事をしたがらない、とにかく今の大阪市役所は改革しなければならないというお話をされておりまして、簡単にその意識改革というのは私は大変難しいんではないかなと思っております。 もっと読む
2008-03-24 河内長野市議会 平成20年  3月 予算常任委員会(平成20年度予算)-03月24日−01号 2月15日に、京セラドームの方で堺屋太一さんの講演があったのです。そのときにも同じ話がありまして、昨年からことしにかけて労働人口、60歳以上の方ですけれども、60万人ふえているらしいです。280万人の方が団塊の世代として定年を迎えたのですけれども、そういうふうにふえていると。これからの企業とすれば、基本的にそういうものを受け入れる企業というのが強くなりますよというようなお話をしてました。   もっと読む
2008-03-11 大阪市議会 平成20年3月定例会常任委員会(文教経済・通常予算)-03月11日−02号 世界に向けて大阪の元気を発信しようというこの御堂筋パレードのアイデアは、昭和58年当時、大阪21世紀協会の松下幸之助会長の諮問に応じて、梅棹忠夫氏や堺屋太一氏、佐治敬三氏らが名を連ねた大阪21世紀協会の企画委員会で発案されたものでございます。 もっと読む
2007-09-10 泉南市議会 平成19年第3回定例会(第1号) 本文 開催日: 2007-09-10 こうした時代感覚に乏しく、中央と地方や現場との乖離が把握できない状態を経済評論家の堺屋太一の言をかりますと、ベルサイユ化と言うそうであります。 もっと読む
2007-03-08 羽曳野市議会 平成19年第 1回 3月定例会-03月08日-04号 その団塊の世代という名づけ親が、堺市の在住の作家である堺屋太一さんと言われております。堺屋太一さんが団塊の世代という名前を考えられたそうです。その堺屋太一さんが、堺市は何もない都市で、政令指定都市を機会に、日本の名物都市になってほしいということで、その一つに仁徳天皇陵などの百舌古墳群を世界遺産に登録して、堺市を全世界に知られる存在にしたいと言っておられます。 もっと読む
2007-02-28 大阪市議会 平成19年2・3月定例会常任委員会(建設港湾・通常予算)-02月28日−02号 その記事では、三休橋筋の土佐堀通から中央大通まで、たしかあれは45本から50本のガス灯を設置する計画で、これは大阪ガスが創業100年記念事業として地元に寄附することや、堺屋太一氏を囲む中小企業者らの勉強会、これうずの会というようですが、ここからも2,000万円を負担するという内容でありました。   もっと読む
2006-03-07 堺市議会 平成18年第 2回定例会−03月07日-03号 さて、最後でございますけれども、堺屋太一さんが名づけた団塊世代について質問をしたいと思います。  まず、団塊世代とはどのような世代であると認識をしていらっしゃいますか。また、該当する本市市民の数はどれくらいですか。地域的特性などがあれば、あわせてお示しを願いたいと思います。そしてまた、団塊世代を対象とした施策を本市はどのように考えていらっしゃるんでしょうか。 もっと読む
2005-12-20 泉佐野市議会 平成17年 12月 定例会-12月20日−02号 「団塊の世代」とは堺屋太一氏が命名した言葉で、第2次大戦後、数年間のベビーブームに生まれた世代のことであります。その「団塊の世代」の中でも1947年生まれが一番多く、2007年は、この1947年生まれの方々が定年を迎える年であります。 もっと読む
2005-11-09 八尾市議会 平成17年11月 9日決算審査特別委員会−11月09日-04号 しかし、このネーミング、名付け親とも言う堺屋太一さんが雑誌の中で、暗いイメージではないんだと、このピンチをチャンスに変えることができるんだということをおっしゃられて、「この取り組み方によっては、黄金の10年の日本をつくれる」と、このように言われております。  今回の決算審査を通じまして、やはりこのピンチをチャンスに変えるんだという、これが大事だとこのように感じております。   もっと読む
2005-10-14 豊中市議会 平成17年10月14日環境福祉常任委員会(決算)-10月14日-01号 また、堺屋太一さんが、この世代の人たち、先程言いました団塊の世代のことをドラマとして、高齢化社会の小説を描かれたわけですけれども、一色市長さん、住み続けたいまち、また安心して暮らせるまちの達成を今後もお願いしたいと要望して、終わります。  以上です。 ◆委員(児島政俊君) 1問目を行います。  はじめに、平成16年度決算説明書77ページ、徘徊高齢者家族支援についてお尋ねします。   もっと読む