4706件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2019-10-28 令和 元年 9月定例会本会議−10月28日-05号

この間、全国各地で地震台風などの災害が起きるたびに、公務員が救援、復旧、食料や水の調達など、中心的役割を果たしてきました。いざというとき、身を挺して住民の命と安全を守るのが公務員です。その公務員が減らされ、一番被害を受けるのは住民です。官から民へという国の政策は、まさに破綻しています。  

八尾市議会 2019-09-30 令和 元年 9月定例会本会議−09月30日-04号

項目6、「八尾市立小・中学校体育館にエアコンを設置すること」については、年々温暖化が進み、いつ地震台風水害などが発生するかわからない状況のもと、必要不可欠の施策です。体育館が避難所になれば、たちまち冷暖房設備が必要となります。児童・生徒の熱中症対策としてもエアコン設置は必要です。  

茨木市議会 2019-09-20 令和元年一般会計決算特別委員会( 9月20日)

次は、大阪北部地震台風被害についてであります。  2018年度は、大阪北部地震、さらに台風被害と、大きな災害被害があった年度でした。  いろんな教訓や問題があるんですけども、本決算審査に当たって、何点か、お尋ねしたいと思います。  まず、この避難所となる体育館の空調設備の整備について、お尋ねいたします。  

茨木市議会 2019-09-12 令和元年総務常任委員会( 9月12日)

昨年の地震台風災害対応の検証をしていただいたと思いますけれども、今後、有馬高槻断層帯の地震南海トラフ地震等を想定したときに、この検証におきまして、新たに、どのような物資、あるいは、サービス等が必要だと思われたのか、お示しをいただきたいと思います。 ○吉田危機管理課長 昨年の地震台風時を検証し、今後、必要となる物資サービスについてでございます。

八尾市議会 2019-09-06 令和 元年 9月定例会本会議−09月06日-01号

昨年は、大阪北部地震岡山県集中豪雨台風21号、北海道胆振東部地震など、多くの自然災害発生した年でした。  また、今後、30年以内に80%の確率で南海トラフ巨大地震発生すると予想されており、死者は、最悪の場合、大阪全体で13万人を超えるとされています。  日本に住む限り、いつ、いかなる場所においても、自然災害に対する備えが必要となります。  そこでお伺いをいたします。  

茨木市議会 2019-07-18 令和元年北部地域整備対策特別委員会( 7月18日)

新名神高速道路茨木千提寺インターチェンジへのアクセス道路である都市計画道路大岩線につきましては、大阪府において、ことし秋の開通を目指して整備しておりましたが、切土のり面施工中に一部で亀裂、崩落が発生し、のり面の安全対策が必要となったことから、ことしの秋の供用がおくれると大阪府から聞いております。  

高槻市議会 2019-07-12 令和元年第3回定例会(第5日 7月12日)

昨年発生しました自然災害による市営バスの損害についてですが、大阪府北部地震を初めとして、台風第12号、第21号、第24号など、相次いで自然災害に見舞われ、合計20か所のバス停上屋が損壊し、うち17か所が使用不可能となったため、撤去いたしました。  それ以外にも、芝生営業所の洗車機や、大型観光バス用のテント、バス標識柱や各種設備にも深刻な被害が出ております。  

八尾市議会 2019-07-12 令和 元年 6月定例会本会議−07月12日-06号

本予算案には、八尾市で大規模災害発生したときに、スムーズな支援の受け入れ態勢を整備し、被災された市民に対して、迅速かつ確実に支援していくための受援計画策定に要する経費を初め、橋梁の長寿命化や交通バリアフリー駅周辺整備、また、市民安全で安心した暮らしを守っていくための経費、また、ゼロ歳から2歳児の子育て家庭に対象が拡大した、プレミアム付商品券事業や、マイナンバーカードを利用した自治体ポイントの付与

高槻市議会 2019-07-11 令和元年第3回定例会(第4日 7月11日)

大阪府北部地震発生に伴い開設した災害ボランティアセンターにおいて、被災者への支援活動を行い、災害ボランティアセンター閉所後も引き続きボランティア市民活動センターにおいて支援活動いたしました。  また、地域共生社会の実現をテーマとした研修会を開催しました。この研修に関連して、地区福祉委員会委員長・民生委員児童委員議会地区委員長合同研修会を開催し、両者のさらなる連携に向けた契機となりました。  

高槻市議会 2019-07-01 令和元年都市環境委員会( 7月 1日)

現在の野田交差点は、大阪・京都方面ともに右折専用レーンがないことから、右折待ちの車による交通負荷が発生している状況です。  今回、国が実施する交差点改良において、大阪・京都方面とも現在の2車線に加え、右折専用レーンを配置した3車線に拡幅されることから、当該交差点の円滑な交通流動が確保できるものと考えております。  以上でございます。 ○(市來委員) ありがとうございます。  

高槻市議会 2019-06-28 令和元年福祉企業委員会( 6月28日)

国から示されましたことで、今回、初めて取り組むということになるわけですけども、窓口で申請受け付けをされるということで説明がございましたので安心をしておりますが、対象の方の申請漏れが発生しないよう、より丁寧な対応をよろしくお願いしておきます。  続きまして、2項目めでございます。補正予算主要内容、25ページにあります生活困窮者自立支援補正予算334万円の家計改善支援事業についてお伺いします。