13560件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨木市議会 2021-08-17 令和 3年市民会館跡地等整備対策特別委員会( 8月17日)

建蔽率につきましては2%を上限とされており、一般的には60%程度が多い通常の土地と比べると、非常に限定されることとなります。  続いて、20ページをお願いします。  様々な制限があるところではありますが、一方で、公園の質的な向上を図る措置というものも近年は行われておりまして、Park−PFIの活用等による建蔽率の上乗せというのも可能とされております。  

松原市議会 2021-06-29 06月29日-04号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~市民協働部長坂野徹也君)  駐輪場の南側の東西の歩道というか、あそこのことだと思うんですけれども、あそこは市の土地でありまして、所管としては市民協働部が所管しております。       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ○副議長河本晋一君)  植松議員。       

泉佐野市議会 2021-06-24 06月24日-03号

これに関する質問につきましては、令和元年12月に私の一般質問焼却場施設に関する質問と併せて、近隣の土地利用についての質問にもご答弁いただいております。 当時の答弁には、土地利用については抜本的に見直し、産業集積用地としての土地利用計画を大阪府に要望し、都市計画の決定に向けて令和3年度には協議に入っていく予定であったとの記憶しております。 

茨木市議会 2021-06-23 令和 3年市街地整備対策特別委員会( 6月23日)

第一種事業の概要といたしましては、権利変換期日において、土地、建物従前資産の価額に見合う再開発ビルの床に変換するとともに、土地高度利用によって生み出された新たな床(保留床)を処分することで事業費を賄うものであります。原則、従前権利者権利変換を受けて事業後も残留されることを前提とした事業になります。  

箕面市議会 2021-06-23 06月23日-03号

また、売却先につきましては、周辺と調和を図るよう、土地利用の際の用途を指定し、今後一般競争入札により売却していく予定です。 以上でございます。 ○議長中井博幸君) 1番 村川真実君 ◆1番(村川真実君) 間谷配水地跡地の横、大阪大学箕面キャンパス跡地についてもどうなるのかの声を引き続き寄せていただいております。動きの進捗を答弁願います。

茨木市議会 2021-06-22 令和 3年第3回定例会(第3日 6月22日)

日程第8.議員発第12号 持続化給付金家賃支援給付金の再支給、科学的根拠に基づく             休業要請等を求める意見書 日程第9.議員発第13号 東京オリンピックパラリンピック競技大会を中止し、新型コ             ロナウイルス対策に全力を挙げることを求める意見書 日程第10.報告第 1号 市長専決処分事項の指定に係る報告について 日程第11.報告第 2号 令和2年度茨木市土地開発公社事業実績及

柏原市議会 2021-06-21 06月21日-04号

現在の予定では、来年度中に建物除却が実施されるようでございますが、除却された後の土地活用についてはどのように考えていられるのか伺いいたします。 ◎井料邦恵総務部理事 建物除却が完了いたしますと約2,700平米の更地となるわけですが、市の貴重な財産でございますので、有効な活用方法を検討してまいりたいと考えております。 

柏原市議会 2021-06-18 06月18日-03号

改めて観光というものを、私も観光って何やろうと、説明しろと言われてもちょっとしにくいなと思って調べていたんですけれども、観光とはその土地を視察することとか、風光などを見物することということが広辞苑に書かれているということです。

茨木市議会 2021-06-10 令和 3年第3回定例会(第1日 6月10日)

2点目といたしまして、土地に係る固定資産税及び都市計画税負担調整措置につきまして、令和3年度まで延長されていました適用年度令和5年度までの3年間延長いたします。  また、新型コロナウイルス感染症により社会経済活動が大きく変化したことを踏まえ、納税者負担感に配慮する観点から、令和3年度に限り、税額が増える土地につきまして、令和2年度の税額に据え置くものでございます。  

豊能町議会 2021-06-09 令和 3年 6月定例会議(第3号 6月 9日)

空き家を手放すというても、土地建物に難があったり、買手がつかなかったり、空き家をどのように活用すればいいのか分からないとか、あとは共有財産、何人かの方の名前で財産となっていて、それぞれの所有者間で考え方が異なるなど、いろんな問題があるようでございまして、そういった意味で、空き家流通促進プラットフォームというのは、このような問題を解決するために、建築士建築専門家、さらには土地家屋調査士とか、司法書士