運営者 Bitlet 姉妹サービス
38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-10-04 門真市議会 平成30年10月 4日決算特別委員会−10月04日-01号 は24名、摂南大学経営学部の針尾准教授による、スマホ時代の護身−家庭と会社をどう守る?−は27名、大阪樟蔭女子大学学芸学部の佐久田准教授による、ストレスとの上手なつき合い方は19名でありました。 ◆松本 委員  それでは、平成30年度大学教員リレー講座の開催に向けて、昨年度から変更になった点や工夫した点があればお教えください。 もっと読む
2018-06-11 大阪狭山市議会 平成30年  6月 定例月議会-06月11日−02号 本市での小児・医療を含む高度急性医療については、引き続き移転後の新病院においても全て受入れをする。南河内医療圏で発生する三次救急、心筋梗塞、脳卒中等の救急は、従来どおり新病院で対応する。大阪狭山市での医療機能の確保については、大阪狭山市の将来にわたる必要な医療需要を踏まえながら、経営移譲を軸に跡地での医療確保に努める。 もっと読む
2017-06-22 高槻市議会 平成29年第3回定例会(第3日 6月22日) 経常収益計から経常費用計を差し引きました当期の経常増減額は、協会の自主財源である年事業積立資金を165万円使用したこともあり、79万2,629円のマイナスでございまして、この結果、次ページ末尾の正味財産期末残高は2億835万8,511円となるものでございます。   もっと読む
2017-03-23 泉佐野市議会 平成29年  3月 定例会-03月23日−04号 議案第32号、地方独立行政法人りんくう総合医療センターの第2中期計画の変更の認可について、及び議案第33号、地方独立行政法人りんくう総合医療センターの重要な財産の譲渡の認可について、以上2議案については関連する議案ですので一括して反対の立場から討論させていただきます。   もっと読む
2016-12-14 堺市議会 平成28年12月14日健康福祉委員会−12月14日-01号 乳幼児は、保護者が仕上げ磨きを毎日する子の割合について、目標値90%以上に対し、現状値78.6%。  幼児は、3歳児健康診査時の虫歯経験のある子の割合について、目標値10%以下に対しまして、現状値19.7%となっております。  また、学童、思春は、例えば虫歯のない中学1年生の割合では、目標値65%以上に対しまして、現状値は68.3%でございます。   もっと読む
2016-06-05 大東市議会 平成28年 6月定例月議会−06月05日-02号 本日6月5日に開会されます日曜議会も、大東市議会の年事業の一環としての意義もとどめて開催されますので、傍聴の皆様方の御理解をよろしくお願いいたします。  せっかくの機会でございますので、議会から御報告を一つさせていただきます。 もっと読む
2016-03-10 八尾市議会 平成28年 3月10日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)-03月10日-01号 だからこそ高度な医療が実現すると、そういうどうしても裏表の関係にございますので、医業収益が上がりつつも診療材料の割合も相当上がってきてると、そのような状況で急性病院、あるいは高度急性病院と言われる医療機関であっては相当これが高くなる傾向にあるというのが一般的に言われております。 ○委員長(重松恵美子)  畑中委員。 もっと読む
2015-09-28 泉佐野市議会 平成27年  9月 定例会-09月28日−03号 1920年代初頭に、の妊婦死亡率や乳児死亡率が高い状況を打開するために、妊娠からまでの母子保健の支援の取り組みとして出発し、現在では妊娠から就学前まで、ネウボラ保健師が、母、子ども、家族全体の支援を担当する制度となっております。   もっと読む
2015-03-03 八尾市議会 平成27年 3月 3日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)-03月03日-01号 ◎企画運営課長(朴井晃)  まず、鏡視下手ということで、腹腔鏡あるいは胸腔鏡というものを用いた手術の影響のことを申し上げました。   もっと読む
2014-10-17 松原市議会 平成26年 10月 定例会(第3回)-10月17日−03号 松原市小児休日急病診療及び南河内北部広域小児休日急病診療事業を実施し、また松原徳洲会病院、阪南中央病院、明治橋病院において救急医療や医療、小児救急医療体制ができており、医師会とも連携を図って実施しております。  一方、二次救急医療では、南河内9市町村による南河内圏域二次救急医療体制の整備及び重症者への適切な医療を確保するための初期救急医療体制が整っております。   もっと読む
2014-09-25 泉佐野市議会 平成26年  9月 定例会-09月25日−03号 同様に、りんくう総合医療センターにおきましても、両親学級を開催してきており、妊娠から父親の育児参加を促してきております。  次に、(2)こども手帳についてでございますが、確かに議員さんご指摘のとおり、自分自身がどんな予防接種を、どんな検診をどの時期に受けたかなどを、ご家庭内で知るためには、母子健康手帳で確認するしかはございません。   もっと読む
2014-07-23 豊中市議会 平成26年 7月臨時会(本会議)−07月23日-04号 そして、所信表明において、3目の市政運営に臨むに当たり、夢と希望に満ちた未来を子どもたちに託せるまちをつくるため、政治理念である「子どもたちの未来が輝くまちづくり」のもとで、新たに5つの基本政策とともに、重点的かつ優先的に取り組むべき課題を挙げられました。市長3目は、ホップ、ステップ、ジャンプと総仕上げの4年間であると考えます。  一方で、今後ますます少子高齢化の進展は否めません。 もっと読む
2014-03-19 豊中市議会 平成26年 3月19日環境福祉常任委員会−03月19日-01号 過去3年間においての政策医療に対する一般会計からの繰入金の主なものといたしましては、救急医療に要する経費が平成24年度は4億6,400万円、平成25年度は5億2,500万円、平成26年度は4億200万円、医療に要する経費が平成24年度は1億600万円、平成25年度は1億1,200万円、平成26年度は1億1,200万円、小児医療に要する経費が平成24年度は7,700万円、平成25年度は7,700 もっと読む
2012-12-19 大東市議会 平成24年12月第4回定例会-12月19日-02号 センター内には射撃場、陸上競技場、自転車訓練コースがあり、現在は府警の各種訓練の総合拠点、所属対抗柔・剣道、逮捕大会等の各種大会の開催会場として活用されていると聞き及んでいるところでございます。  市民への開放ということにつきましては、地元の皆さんを初めとする市民ニーズ等を十分に踏まえた上で必要であれば府に働きかけを行っていくことについて検討してまいります。   もっと読む
2012-11-02 八尾市議会 平成24年11月 2日決算審査特別委員会-11月02日-01号 ◆委員(谷沢千賀子)  こういう時期ですので、本当にいつ災害が起こるかわからないと、もう地球全体が今、地震の活動に入っているんじゃないかというようなときですので、もうできるだけ耐震化のほうも急いでやっていただくようにお願いしたいなと思います。   もっと読む
2011-10-24 池田市議会 平成23年 10月 文教病院委員会-10月24日−01号 事案の内容につきましては、平成19年7月31日に、腹腔鏡下S状結腸切除を実施した際に左尿管損傷が発生いたしました。退院後3カ月ごとに入院し、尿管ステントを交換することが2年余り続きました。また、平成22年8月に水腎症により左腎臓摘出を行ったことなど、長期間にわたり入退院を繰り返したことにより、損害賠償請求がなされたものでございます。 もっと読む
2011-05-13 阪南市議会 平成23年  5月 市立病院関連特別委員会-05月13日−01号 さらに、大阪府地域医療再生計画に基づき、亜急性・回復医療の機能を強化し、りんくう総合医療センター、市立貝塚病院を後方支援するとともに、府県境の患者の流れ等を勘案し、和歌山県立医科大学等との協力体制も確保していく必要があります。  次に、7ページをごらんください。 もっと読む
2010-12-06 豊中市議会 平成22年12月 6日環境福祉常任委員会−12月06日-01号 市立豊中病院は、公立病院としての使命である救急医療や医療など、不採算の医療部門を担う一方で、急性医療を担う地域の中核的病院といたしまして市民に良質な医療を安定的、継続的に提供していくという役割を担う必要があると考えており、大きく変化している医療環境に対応するとともに、その役割を果たせる経営形態は、独立行政法人より地方公営企業法の全部適用での運営の方がより効果的に行えるものと判断したからでございます もっと読む
2010-06-15 泉大津市議会 平成22年  6月 定例会(第2回)-06月15日−01号 医事課設置の必要性やDPC(急性病院の包括請求方式)の導入につきましても、現在検討しておりまして、DPCの導入につきましては、本年度、その準備病院として申請する予定でございます。   もっと読む
2010-03-16 河内長野市議会 平成22年  3月 都市環境・経済常任委員会-03月16日−01号 また、それにかかわる、やはり人材というんですか、だれかれなしにそのことに当たるんかということになりますと、なかなかこれは専門性というんですか、また、交渉というんですか、かなり能力というものも必要かと思います。その点はどうかなということ。 もっと読む
  • 1
  • 2