13524件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2019-07-12 令和 元年 6月定例会本会議−07月12日-06号

使途については、間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進に関する費用とされていますが、森林吸収源対策や、森林の広域機能の恩恵を口実に、国や温室効果ガス排出企業が引き受けるべき負担を、国民個人に押しつけるものであります。  反対理由の第1は、低所得者も一律負担になっていることであります。  

八尾市議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日予算決算常任委員会(総務分科会)−06月27日-01号

◎警防課長(川村明)  その移転につきましての経緯なんですけども、立地条件等を加味しまして、地域と、また地元消防団と協議した上で、関係課と調整した結果、南木の本三丁目の南木の本防災公園南東に移転するものでございます。 ○委員長(田中裕子)  松本委員。 ◆委員(松本剛)  済みません。

八尾市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日予算決算常任委員会(文教分科会)−06月25日-01号

今年度、この補正予算を組ませていただいている分につきましては、2階建てのプレハブで499平米の新築という形で建てさせていただいていますが、学校側と調整させていただきまして、亀井小学校の運動場というのは、確かに委員御指摘のように、東南の角のほうに亀岩という遊具があるんですけども、そちらのほうのあたりのところから、遊具のほうを移しまして、そこのあたりで建てさせていただくという形でやらせていただいております

八尾市議会 2019-06-24 令和 元年 6月建設産業常任委員会−06月24日-01号

本基金の中で、今、林野庁がお示しされているのが、森林の整備に関する施策、森林整備を担うべき人材の育成及び確保、森林の持つ公益的機能に関する普及啓発、木材の利用の促進、森林整備の促進に関する施策という形でお示しのほうはいただいております。 ○委員長(重松恵美子)  稲森委員。 ◆委員(稲森洋樹)  ありがとうございます。

門真市議会 2019-06-21 令和 元年第 1回定例会-06月21日-02号

2款総務費、3項戸籍住民基本台帳費の979万1000円の追加は、住民基本台帳システム整備委託料の追加分を計上いたしており、12款予備費の20万9000円の増額は、財源調整のためでございます。  次に、5ページの歳入でございますが、17款繰入金、1項基金繰入金の1000万円の追加は、財源調整のため、財政調整基金繰入金の追加分を計上いたしております。  

守口市議会 2019-06-19 令和元年総務建設委員会( 6月19日)

平成29年5月に都市緑地法等の一部を改正する法律が制定され、平成30年4月からは生産緑地法第3条第2項の規定に基づき、市町村は土地利用の状況等を勘案して必要があると認めるときは、同法第3条第1項第2号の規定にかかわらず、政令で定める基準に従い、区域の規模を別に定めることができることとなりました。

守口市議会 2019-06-17 令和元年福祉教育委員会( 6月17日)

また、平面図左上には児童クラブと地域交流スペースがあり、近くに門を設けることで送迎はもちろんのこと、地域の方にも利用しやすい配置としております。また、左の芸術広場は、音楽教室や図工教室に面していることから、開口部を設け、広場と一体的な活動が可能となるつくりとするとともに、その南には大枝交番、さらに南側のグラウンドに面する位置にボランティア室、会議室を設置いたします。  議34−3をごらんください。

八尾市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会本会議−06月14日-03号

平成28年1月よりマイナンバーの利用が開始してから、早くも3年余りがたちましたが、その意義と現時点における成果や課題を市民に最も身近な自治体として、どのように受けとめておられるでしょうか。  また、令和3年度から健康保険証として利用可能となるなど、マイナンバーの活用によるデジタル社会の構築が急がれる中で、今後の自治体経営のあるべき姿をどのように描かれているのかお答えください。  

門真市議会 2019-06-13 令和 元年 6月13日民生常任委員会−06月13日-01号

次に、22ページの歳入でありますが、財源調整のため6款諸収入、3項雑入に同額を追加いたしたものであります。  以上、まことに簡単ではございますが、承認第5号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御承認賜りますようお願い申し上げます。 ○土山 委員長  説明は終わりました。  これより質疑に入ります。             〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認め、質疑を終了いたします。  

東大阪市議会 2019-06-13 令和 元年 6月第 2回定例会−06月13日-02号

平成29年第3回、3月定例会において、小さい公園から大きい公園まで、また多くの方に利用していただいている公園もあれば、利用頻度の少ない公園もあり、さまざまです、公園ということで一律に利用方法を決めるのではなく、それぞれにマッチした利用方法により、より多くの方に公園で運動していただく仕組みをつくるべきであります、小さな公園では子供用の遊具に加え、御高齢の方でも使用可能なストレッチや、簡単な筋トレができる