109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊能町議会 2019-09-04 令和元年 9月定例会議(第3号 9月 4日)

○8番(小寺正人君)  それから、豊能町も現在採用しております、登下校ミマモルメっていうシステム、これを採用してるわけですけど、箕面市ではあわせて、これも採用してるんだけども、平成26年度から、IoTを利用した子ども見守り、そしてその高齢者見守りサービス、ottaっていうんですかね。ottaって書いてオッタと読みますが、これを展開していると。100%の国庫補助で行ったということであります。

岸和田市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2019年06月17日

昨年の第2回定例会でも質問いたしましたが、近年ブルートゥースやGPSなどICT、IOTを活用した見守りサービスの進歩が目まぐるしいものがございます。児童安全確保のために、積極的に活用すべきだと考えておりますが、昨年から普及状況、活用状況に変化はあったのでしょうか。

八尾市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議−06月13日-02号

特に、大阪維新の会は3人から8人にふえましたが、前期のときに申し上げさせていただいていたIoT、この役所を効率よく進めるためにはどうしていかないといけないかと言ったら、何回も今までも出てきていると思うのですが、AIの力をかりるだとか、もっと前の話ではインターネットの活用、ネットワークの活用、そういったファイルの活用といった部分を進めていくことによって、例えば電子決裁にすれば、もしかしたら効率がもっとよくなるかもしれない

泉南市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-06-10

現在、IoTでありますとかAIの情報技術革新が進んでおりまして、企業競争力というのは、データやその活用に移り変わっていると言われております。  また、物だけでなくマネジメント分野、それとサービス分野等の規格が制定されるようになったほか、業種を越えた国際標準化が進みつつありまして、標準化の対象やプロセスにも変化があらわれております。  

大東市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例月議会−03月22日-05号

今後、ますます社会は変化し続け、AI、スマートロボットIoTが普及する時代へと移り変わっていきます。人間ならではの感性、強みを働かせながらICTを活用していける力を身につけ、社会や人生をより豊かなものにしていけるよう、引き続きICT教育の充実に努めてまいります。 ○水落康一郎 議長  4番・児玉議員。 ◆4番(児玉亮議員) ありがとうございました。それでは、再質問をさせていただきます。  

東大阪市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日環境経済委員会−03月20日-01号

◎本田 モノづくり支援室次長  先ほど申し上げた基本的な考え方っていうのがあるんですけども、それぞれ事業に応じまして例えば30年度の事業でいいますと、中小企業省力化推進事業というものについては補助率65.6%で交付決定してるんですけども、これの理由を一つ御紹介させていただきますと、多くの中小企業者の喫緊の課題である人材不足に対する支援であること、またAIですとかIoTを自社で導入する気づきを与えるという

泉南市議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 開催日: 2019-03-19

2点目なんですけれども、昨今このICTとかIoTという言葉がよくよく新聞でも経済雑誌でも目にすると思うんですけれども、このICT、IoTが最近騒がれているというのは、これはあくまでもツールでしかないんですけれども、このツールが非常に今までやってきている業務の利便性や効率性の向上とか、先ほど私がちょっと強調した新たなサービスとか付加価値の創造というか提供する手段になり得るということで、非常にインパクト

泉南市議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 開催日: 2019-03-18

広域的な農業IoTに対応した農業ができへんかという話を、今リアルに農と緑には投げさせてもろうています。  だから、その辺も含めて企業を引っ張ってくるのも大事やし、また逆にきちっと圃場整備をやっていく、新たな農業のビジネスモデルをつくっていくという意味では、ええ土壌やと思うんですよ。

泉南市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-03-08

災害時の避難判断や日常時の訓練実施にかかわる課題を抜本的に解決するため、最先端のAIやIoT技術を取り入れ、避難判断に必要となる情報欠落ゼロ、避難勧告等の発令の出しおくれゼロ、地区単位などの小エリア発電による住民の逃げおくれゼロ、意思決定対応能力向上のための訓練体制の構築による市町村が対応できないがゼロの4つのゼロを可能とする統合システムを開発し、国内全ての市町村へ実装することにより、地域住民の犠牲者

堺市議会 2019-03-07 平成31年度予算審査特別委員会−03月07日-02号

◎小走 産業政策課長  生産年齢人口の減少を初め、AIやIoTロボットなどの新技術革新、働き方改革の推進、訪日外国人の増加など、社会経済情勢が大きく変化する中にあって、本市産業が持続的に発展していくためには、これら社会経済情勢や産業構造の変化に柔軟に対応できる企業へと成長を促すことが重要であると考えております。  

八尾市議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日予算決算常任委員会(文教分科会)-03月07日-01号

今後、いろいろこの児童虐待だけではなくて、子育て支援を進めていく中では、よく市長もおっしゃっておられますAIやIoT、ICTという部分も、まだ具体の形にはなってございませんが、サイボウズとの協定の中で、そういった児童虐待システムの検討等とも入らせていただいているようなところもございます。  

八尾市議会 2019-03-06 平成31年 3月 6日予算決算常任委員会(建設産業分科会)-03月06日-01号

また、IoT関連基盤整備促進として、ITリテラシー向上支援につながる環境整備、セミナー開催やシンポジウム開催を通じて、八尾の実情に応じた次世代人材育成、オープンイノベーションの推進に取り組みます。  続きまして、予算参考資料の12ページにお戻り願います。  平成31年度の投資的経費のうち主な事業につきまして、御説明をさせていただきます。  事業名1.

茨木市議会 2019-03-06 平成31年第2回定例会(第2日 3月 6日)

少子高齢化による住宅需要減少や、IoTの進展による新たなビジネスの創出などの時代の変化が進んでおります。また、彩都周辺では、新名神高速道路を初め、道路ネットワークの整備が進んでいるところであります。  これらを受け、彩都東部地区におきましては、イノベーションを促進する産業、業務系を主体としたまちづくりに取り組んでまいりたく考えているものであります。  

枚方市議会 2019-03-04 平成31年3月定例月議会(第4日) 本文

さて、AIやIoTロボットなどの技術革新が急速に進む中、子どもたちはみずからの手で人生を切り開き、新しい時代を生きる上で必要な資質、能力を身につけ、自己実現を目指す必要があると言われています。学校教育では、質の高い学びを実現し、子どもたちが互いに尊重し、協力しながら、確かな学力を身につけ、豊かな心と健やかな体を育むことが求められています。  

八尾市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会本会議−02月28日-03号

ただ、これにつきましては、国もこの軽減税率に対応するためのIoTを使った効率化の補助金等も出しておりまして、またこの補助についても、1月から新たに補助率及び補助の対象の部分についても拡大をしてきている状況でございまして、我々といたしましては、商工会議所とともに、こういったことをしっかりとこれからPRさせていただいて、これを利用していただくように進めてまいりたいと考えておりますので、どうかよろしくお願

堺市議会 2019-02-25 平成31年 2月25日産業環境委員会−02月25日-01号

シャープは今、IoTということをキーワードで今改革を進めております。そして、ハイドリッチや岩谷産業は液化水素と、さらには宇部興産もリチウムイオン電池ということで、重厚長大から軽薄短小の産業に変えていくということが大きな流れでございます。そして、もちろんIT産業情報産業も堺の中で小さいではございますが、そろそろ伸びてくるという状況でございます。