115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東大阪市議会 2019-12-20 令和 元年11月第 4回定例会−12月20日-05号

東大阪における子供連れの方を対象とした託児つきセミナーの拡充など、利用者の増加へ向けた取り組みの強化、河内永和駅の活性化へ向けた支援、イノシシ対策の現状と捕獲頭数増加へ向けた関係機関との協議の実施、市民への正しいごみ分別の啓発強化、医工連携プロジェクト創出事業のこれまでの成果と企業への周知の工夫、東大阪市プラスチックごみゼロにトライ宣言後のプラスチックごみに対する取り組み、生産性向上へ向けた中小企業IoT

高槻市議会 2019-12-16 令和元年第5回定例会(第3日12月16日)

5GやAI、IoTなど、一層の技術革新が到来しているこのICT時代において、高槻市校務支援システムを導入しないということは考えにくいのではないかと思います。ある意味、先進自治体の成功事例と失敗事例を参考に、高槻市はよりよい機能を集めた校務支援システムを構築できるとも言えますので、いよいよ導入のタイミングが来ているのではないでしょうか。  また、学校には多くのデータが眠っています。

堺市議会 2019-12-06 令和 元年第 6回定例会-12月06日-03号

第四次産業革命と呼ばれる技術革新は生産性の向上や、イノベーションの創出など、産業に劇的な変化をもたらしていることから、AIやIoTなどの先端技術の導入を推進し、企業の経営革新を促していきます。  あわせまして、ICTや健康医療を初めとする成長産業分野への進出や、研究開発機能の強化など、競争力を高める投資促進に取り組み、稼ぐ力を高めていきます。  

羽曳野市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回12月定例会-12月06日-02号

すなわち、スマート自治体を目指して、AI、IoT、RPAなどの活用や窓口民間委託指定管理者制度、PFIなど、民間活用、業務改善などを総合的に進めていくことが必然となることとしており、いわば新たな行政改革の展開を求めているものです。  行政改革については、地方行政サービス改革の取り組みとして総務省が毎年公表していますが、本市は全国、大阪府、その中でどういう位置、レベルにあるのでしょうか。

堺市議会 2019-12-05 令和 元年第 6回定例会−12月05日-02号

産業振興局長(花野健治君) 今後の産業振興についての考え方でございますが、生産年齢人口の減少や、AIやIoTロボットなどの技術革新、働き方改革の推進、訪日外国人の増加など、産業を取り巻く社会経済情勢が大きく変化する中、本市産業の持続的発展を図るためには、これらの変化に柔軟に対応できるように市内企業の変革を促すのはもちろんのこと、これからの時代に合った新産業の創出に重点的に取り組むことが肝要であると

東大阪市議会 2019-12-04 令和 元年11月第 4回定例会−12月04日-02号

このように従来の移送サービスシステムをそのまま活用するだけでなく、スマートシティーの取り組み、IoTの活用やAIを活用した柔軟な発想も必要であると考えます。  お尋ねいたします。本市において市民全体の公共交通の利便性の向上と、買い物、外出支援についての具体的な施策が必要であると考えますが、当局の考えをお聞かせください。  

豊能町議会 2019-12-04 令和元年12月定例会議(第3号12月 4日)

わかりやすく言いかえると、情報があふれている現在、Society4.0の課題に対して、IOTやAIなどの最新テクノロジーを活用した便利な社会がSociety5.0ということになります。  そこで、Society5.0における業務の効率化ということで、質問をさせていただこうと思っております。時間がないので、1項目だけにさせていただきます。  まず、初めにRPAでございます。

堺市議会 2019-10-03 令和 元年第 5回定例会−10月03日-05号

しかしながら、IoTビッグデータ、AIに代表される第4次産業革命を迎えた│ │今後は、時代の流れを的確に捉えた産業振興策を講じていかねばなりません。引き続き、堺市の特│ │色であるものづくりの産業振興を図るとともに、ICTやAI、医療分野や健康分野、外国人受け│ │入れ等、新たな産業分野への投資を加速させる取り組みを要望しておきます。         

堺市議会 2019-09-25 令和 元年 9月25日産業環境委員会−09月25日-01号

昨年末には、株式会社クボタがIoTなどの先端技術や次世代農機の研究を行う大規模な研究開発拠点が堺浜に立地することが決まっております。また、港湾関係事業者や大阪府港湾局など行政機関とともに、港湾の利用促進に向けたポートセールスを行うほか、港を市民の皆さんに身近に感じていただくため、堺港まつりを毎回開催しています。

大東市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例月議会−09月25日-04号

企業などでは、自社のファンに向けたターゲットを絞った情報ツールとして利用されていることが多く、本市でも広く周知するというよりも、ピンポイントにターゲットを絞った発信ツールとして、アプリの適性に合った有効な活用を今後とも引き続き検討するとともに、2020年からスタートいたします5Gの新時代の到来に向けまして、AIやIOTなどのテクノロジーを活用した内容についてもしっかりと研究していきたい、こういうふうに

高槻市議会 2019-09-24 令和元年第4回定例会(第3日 9月24日)

技術革新の面では、IoTやAIなどの情報通信技術について、その進展のスピードがさらに高まると見られ、これに伴い、定型的業務につく就業者数が減少するとともに、価値創造業務と言われる技術が必要な職種人間的な付加価値を求められる職種の必要性が高まり、就業構造の変化も生じると考えられております。  

豊能町議会 2019-09-04 令和元年 9月定例会議(第3号 9月 4日)

○8番(小寺正人君)  それから、豊能町も現在採用しております、登下校ミマモルメっていうシステム、これを採用してるわけですけど、箕面市ではあわせて、これも採用してるんだけども、平成26年度から、IoTを利用した子ども見守り、そしてその高齢者見守りサービス、ottaっていうんですかね。ottaって書いてオッタと読みますが、これを展開していると。100%の国庫補助で行ったということであります。

枚方市議会 2019-09-03 令和元年9月定例月議会(第3日) 本文

スマートシティとは、交通災害対策環境保全、教育など、あらゆる分野において、ICTやIoT、AIといった先進技術ビッグデータを駆使して、飛躍的な生活の質の向上や経済発展などを実現する取り組みであると認識しています。  本市においても、これらの技術を積極的に取り入れることで、地域課題の解決を図り、より住みやすく、魅力あるまちづくりにつなげていきたいと考えています。  

堺市議会 2019-09-02 令和 元年第 5回定例会−09月02日-02号

生産年齢人口の減少を初め、AIやIoTロボットなどの新技術革新、働き方改革の推進、訪日外国人の増加など、社会経済情勢が大きく変化する中、本市産業が持続的に発展していくためには、これらの変化に柔軟に対応しながら、時代に合った新産業の創出を柱として取り組むなど、将来を見据えた産業集積の形成を進めることが肝要でございます。

枚方市議会 2019-09-02 令和元年9月定例月議会(第2日) 本文

より多くの方に興味を持っていただくため、IoTを活用した観光プロモーションや効果的な情報発信の強化に取り組んでいきたいと考えています。  次に、東部地域産業振興策について、お答えします。  摂南大学学部との連携については、農作物の生産・技術革新や付加価値の創造、新たな農作物の研究開発、マーケティングを含む農業関連産業戦略について、専門的な助言を得てまいりたいと考えています。