20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

岸和田市議会 2020-08-26 令和2年第3回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2020年08月26日

今、このピンクの付箋を貼ってあるのは、南海春木駅、和泉大宮駅、岸和田駅、蛸地蔵駅、そしてJR久米田駅、下松駅、東岸和田駅です。  これ、先ほども私、提案させていただいたと言っていますけれども、南海本線春木駅も一部、以前からの商店街のところは近隣商業地域となっていますけれども、ほとんどのところが準工業地域住居地域となっています。ですから、駅周辺は大体利便性が高くて地価も高いです。

岸和田市議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会(本会議 第4日目) 本文 開催日:2020年03月05日

駅周辺利便性向上を目的とした駅周辺まちづくり事業は、現在、JR久米田駅周辺、及び、南海春木駅周辺において事業実施してございます。  まず、JR久米田駅周辺まちづくり事業につきましては、駅東西駅前広場アクセス道路駅西側改札口等整備するものでございます。

岸和田市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2020年03月02日

次に、地域拠点であり、人々の移動の起点となる駅周辺利便性向上にぎわいづくりを進めるため、JR久米田駅周辺において、久米田東西アクセス改善基本構想に基づき、引き続き駅周辺道路や、駅西側改札整備を進めてまいります。さらに、南海春木駅周辺においても市道整備を進めるなど、安心・安全な都市空間の創出を進めてまいります。

岸和田市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(本会議 第5日目) 本文 開催日:2019年03月22日

このような厳しい財政状況の中において、庁舎建設基金への10億円の積み立てや夏期臨時チビッコホームの充実、泉州山手線延伸推進JR久米田駅・南海春木駅周辺インフラ整備推進、(仮称岸和田ビジネスサポートセンターKishi-Biz設置、さらに今年度当初から実施している全職員を対象とした給与削減の継続により、庁内全体で財政健全化に取り組む姿勢を示されたことなどを評価し、ただいまお手元までご配付しております

岸和田市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2019年03月07日

活用した、外国人旅行者の戦略的な誘致に向けた新規事業でございますとか、市内中小企業小規模事業者売り上げ向上でございますとか、販路拡大を強力に支援をします(仮称岸和田ビジネスサポートセンター、いわゆるKishi-Biz設置、そして丘陵地区のゆめみヶ丘岸和田におきます積極的な企業誘致住宅販売の促進、泉州山手線整備関連事業実施でございますとか、久米田東西アクセス改善基本構想に基づきますJR

岸和田市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2019年03月04日

また、地域拠点である駅周辺利便性を高めるため、JR久米田駅周辺において、久米田東西アクセス改善基本構想に基づき、駅周辺道路整備を進めるとともに、駅西側に新たに改札口設置されることから、アクセス道路整備を行います。さらに、南海春木駅周辺においても市道整備を進めるなど、安全に、そして安心して暮らしていただける駅周辺インフラ整備を進めます。  

岸和田市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2018年12月07日

現在、JR久米田駅の東側西側整備計画と、南海春木駅の東側整備計画計画としてもう岸和田市で上げられております。先ほどご答弁でもありましたけれども、単に例えば行政が、幾ら地元が国に対しまして踏切をなくすために高架にしてくださいと言ってもだめなようでございます。それは、あくまでも地域整備計画、特に道路整備計画がきちんとできていなければ高架事業にはなっていかないと。  

岸和田市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2018年06月20日

続きまして、(2)JR久米田駅周辺整備についてお尋ねします。  久米田駅周辺では、これまで具体的なまちづくり計画がなく、道路整備市街地整備がなされてこなかったのが現状です。  昨年6月、本市として、久米田東西アクセス改善基本構想として、久米田周辺まちづくり基本構想第一次整備計画が示されましたが、今後の久米田駅周辺まちづくり事業の具体的な内容についてお尋ねします。  

岸和田市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2018年06月19日

JR久米田駅周辺及び南海春木駅周辺では、鉄道地域が分断されて、東西アクセスが悪い状況となっており、交通渋滞も発生しております。駅周辺地域にふさわしい安心・安全で利便性の高い地域とするため、久米田駅周辺では駅西側改札アクセス道路整備を進め、春木駅周辺では春木周辺まちづくり基本構想に基づき、市道などの道路整備を進めます。  

岸和田市議会 2017-12-21 平成29年事業常任委員会 本文 開催日:2017年12月21日

現在のところ、対象としている校区につきましては、競輪場周辺春木周辺校区、また、競輪場JR久米田駅間の送迎バスを運行しておりました経緯と、また、道路渋滞影響を考慮した地域というふうに考えてございます。これまでも、競輪場を運営していく上で影響があると思われる事案につきましては、その協議会で協議いただいてまいりました。

岸和田市議会 2015-12-08 平成27年第4回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2015年12月08日

JR久米田駅や南海春木駅周辺まちづくりは、ロードマップに明確にスケジュール化されている項目でもあります。  このような中、先般の説明では、これまでの過度な日影規制まちづくりの支障となる可能性を踏まえ、今回、商業地域規制対象外とする一方で、近隣商業地域については現状どおりとのことでした。改めて、今後の駅前開発等まちづくりの足かせとなることを懸念する次第であります。  

岸和田市議会 2014-08-27 平成26年第3回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2014年08月27日

特にわかりやすいのは、例えば公約の67、68番の南海本線春木駅・JR久米田駅の高架化と再開発、これもゼロで上げてるんですけど、こんなん4年間ゼロというわけないですよね。既にJRについては東岸和田駅の高架化をやってます。南海本線については、岸和田駅の高架化もありました。  

岸和田市議会 2014-08-26 平成26年第3回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2014年08月26日

6点目、公約67、「南海春木駅の高架化駅前開発市有地有効活用)」、公約68、「JR久米田駅の高架化駅前開発海側と山側の連絡)」についてお尋ねいたします。  南海本線春木駅の高架化は、野口前市長公約に挙げておられました。分類1、新規行政施策として位置づけたものとなっていますが、新たなものとして何を行っていくのですか。

岸和田市議会 2012-06-15 平成24年第2回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2012年06月15日

郷土文化室がこしらえたものを、多分これは観光用にということでおつくりになったのかと思うんですが、この裏には、南海岸和田駅を拠点としてとか、JR東岸和田駅、そしてまたJR久米田駅というのを拠点として、幾つかコースをつくってくれて、そういうものもつけての本でございますけども、これをできたら、山手と先ほど言う、上のほうの神社仏閣だったり、史跡めぐりですので、そういうとこにもボランティアガイドにも、厚かましいですけどお

岸和田市議会 2010-02-24 平成22年第1回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2010年02月24日

JR久米田駅の周辺もそうであろうと思います。  そういう中で、本当に財政が苦しい状況、それをクリアしていくのには、先ほど副市長が答弁されておりましたけども、集中と選択、そして事業の仕分けをしていくと、こういうことをやっていかなければ、財政的に非常に難しい時代になってんかなと思っております。  

岸和田市議会 2008-09-10 平成20年第3回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2008年09月10日

このような中にあって、少子化対策として乳幼児医療対象年齢拡大障害児安心して学校生活を送れるよう介助員を配置する障害児自立支援事業実施、小・中学校の耐震補強調査実施高齢者障害者が利用しやすくするためのJR久米田駅のバリアフリー化、安全・安心まちづくりのため新消防本部庁舎実施設計の委託など、市民福祉向上に寄与していることなどが評価され、ただいまお手元までご配付いたしております報告書

岸和田市議会 2007-09-04 平成19年度決算特別委員会(第2日目) 本文 開催日:2008年09月04日

1つ飛びまして、鉄道駅舎バリアフリー化設備整備費補助事業3,000万円で、JR久米田駅のエレベーター設置を含めたバリアフリー化工事に対するJRへの補助金でございます。  一番下のコミュニティバス事業1,850万円で、ローズバス運営補助金、202、203ページをお願いいたします。

岸和田市議会 2007-03-08 平成19年予算特別委員会(第2日目) 本文 開催日:2007年03月08日

これは、JR久米田駅のエレベーター及び多機能トイレ等バリアフリー化設備に対する補助金でございます。  下から2番目、コミュニティバス事業で1,850万円の計上をいたしております。市内公共施設巡回ローズバス運営に対する補助金でございます。  一番下、路線バス運行存続補助事業で2,250万円を計上いたしております。これは、路線バス葛城線河合塔原線及び福田線全線運行補助金でございます。  

  • 1