366件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

箕面市議会 2021-06-23 06月23日-03号

特に本市は、大阪の郊外に立地し、緑豊かで自然環境に恵まれ、人心は穏やかで、これまで率先して整備に取り組まれた防犯カメラの普及も相まり治安もよく、また、教育面におきましても、ICT教育など先進的な教育環境整備に取り組み、英語教育にも力を入れ、英語教育実施状況で非常に良好な結果を出すなど、教育環境も良好でございますところ、このたび、北大阪急行線延伸事業の成就により、大阪中心部への短時間でのアクセスも

柏原市議会 2021-06-22 06月22日-05号

ICT教育学力向上の核とすることになっているのかなと思って質問しましたが、教育委員会の考えるICT機器を活用した学習は手段であって、効果的で効率的な学習であったり、ICTならではのよさを引き出してそれを最大限に生かすということで理解をいたしました。 ICT教育の弊害と言えば、ノートに書いて勉強するという機会が減ってしまうことです。

茨木市議会 2021-06-11 令和 3年第3回定例会(第2日 6月11日)

近隣市を調べたところ、枚方市では、ICTを効果的に活用した教育の全体像を枚方版ICT教育モデルとして発信し、公開しています。本市においても、漠然とした理念だけではなく、もう少し具体的なポイントを盛り込み、まとめた茨木版ICT教育モデルを作成することが重要だと考えますが、いかがでしょうか。 ○河本議長 加藤学校教育部長。     

大阪狭山市議会 2021-05-13 05月13日-01号

また、令和元年8月からは、本市教育委員会教育長として、ICT教育推進コロナ禍における教育環境整備など、山積する課題の解決に向けて指導力を発揮してこられました。 このように、教育行政に精通され、温厚誠実で人一倍教育に対する熱意と豊富な経験をお持ちの竹谷氏は、本市教育長として最もふさわしい人物であると確信しております。

高槻市議会 2021-03-26 令和 3年第1回定例会(第5日 3月26日)

ICT教育が導入されることで、教員負担が重くなることが懸念されます。デジタル教科書は、紙の教科書と同一の内容を電磁的に記録したものとされています。デジタル教材ネット経由で閲覧します。授業中、端末ネットに不具合が生じた場合、教員が対応を迫られます。  GIGAスクールサポーターの派遣については、ヘルプデスクを基本とするとしています。

大阪市議会 2021-03-26 03月26日-06号

教員へのサポートについては、文部科学省補助制度であるGIGAスクールサポーター配置促進事業を活用し、ICT教育アシスタントを8名の体制から37名に増員する。各校における教員ICT活用指導力端末活用状況などの実態に応じて、アシスタントが全ての小中学校に対して月1回から2回程度訪問して支援していく旨、答弁がありました。 

能勢町議会 2021-03-19 令和 3年 3月定例会議(第4号 3月19日)

生涯教育課関係におきましては、B&G海洋センター並びに名月グラウンド運営管理について、住民サービスセンター内の歴史資料室について、外国人教師招致事業について、通学路安全対策について、PTA協議会事業について、地域教育協議会について、こども会育成会等活動状況について、生涯現役社会推進事業について、人材バンクについて、文化財説明板整備保守事業について、能勢高原マラソンについて、ICT教育環境事業整備

泉南市議会 2021-03-16 令和3年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 開催日: 2021-03-16

3つ目、サポート体制なんですけれども、ICT教育アドバイザーGIGAスクールサポーター支援員の現況、どうなっているか。これは国からある程度のお金が出ていると思うんですけれども、実際にそのお金を活用できているのかと、それと募集して来ているのかという点です。  

東大阪市議会 2021-03-11 令和 3年 3月第 1回定例会−03月11日-05号

教育委員会といたしましては、国や府の動向を速やかに情報発信するとともに、各校に新たにICT教育担当者を位置づけ、定期的に協議会を開催することで、学校間でのICTを活用した指導内容の交流や、市教委から直接指導、助言する機会をつくってまいります。また、各教科教育研究会とも連携し、ICT環境を活用した、一人一人が自ら学力を育む授業づくり研究を進め、教員授業力等向上に資するよう努めてまいります。  

大阪狭山市議会 2021-03-11 03月11日-02号

3番目、学習指導要領の改訂により、外国語プログラミング教育の導入、ICT教育充実など教育内容が多様化しています。また、児童生徒の障がいは重度化、重複化してきています。情報を共有し、支援の質を高める場として必要な研修や会議に参加できる機会を保障していただきたい。 以上、3点について本市の見解を伺います。 ○山本尚生議長  それでは、8点目につきまして教育部長答弁を求めます。

羽曳野市議会 2021-03-11 令和 3年第 1回 3月定例会-03月11日-04号

要 望(広瀬公代)……………………………………………………………………… 179  o質 問(樽井佳代子)…………………………………………………………………………… 180   (1)子育て支援学校教育充実について     ①幼児教育・保育の総合的な見直しについて     ②市立学校のあり方について     ③学校教育におけるICT教育について    1. 

茨木市議会 2021-03-10 令和 3年第2回定例会(第5日 3月10日)

○3番(永田議員) 学校家庭をつなぐ取組が推進されるということで、ICT教育には大変期待するところですが、一方で、現場の先生方負担は増大すると思いますので、市としては、しっかりとしたサポート体制を取らなければならないと考えます。国のGIGAスクールサポーターICT支援員ICT活用教育アドバイザーの利用の予定などはありますでしょうか、お答えください。 ○河本議長 加藤学校教育部長。     

能勢町議会 2021-03-09 令和 3年 3月定例会議(第3号 3月 9日)

これにつきましては、ICT教育環境整備、昨年度はノートパソコン等の購入に伴う予算が、事業が完了いたしましたので、減予算の大きな要因となってございます。  続いて、122ページ、項3の中学校費の目2教育振興費、950万9,000円の予算に対しまして、昨年度より182万5,000円の増となっております。これにつきましては、生徒就学援助費の増が主な要因でございます。