365件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松原市議会 2021-06-25 06月25日-02号

次に、GIGAスクール構想実現により学習内容も大きく変わってきたと思います。緊急事態宣言下校外学習の機会がなくなり、子どもたちにとって楽しいはずの学校行事がない日々が続いています。そんな中で、工夫した授業学校行事に取り組んでいただいていると思います。その一端をお聞かせください。 また、学校での端末利用時間が増えることによって、子どもたち視力低下を心配します。

泉佐野市議会 2021-06-23 06月23日-02号

2019年12月、文部科学省が打ち出したGIGAスクール構想は、児童生徒1人1台の端末と高速大容量の通信ネットワーク環境整備取組の中心に位置づけ、コロナの影響で前倒しになり、昨年度末までに本市においても整備が整ったと認職しています。その現状を教えてください。また、各家庭でのネットワーク環境についてはどうなっていますか。 4.「生理の貧困」について、貧困女性支援物資配布現状について。 

柏原市議会 2021-06-22 06月22日-05号

国の推し進めるGIGAスクール構想の下、柏原市も全児童生徒端末が配付されています。学習面活用していくのはこれから本格的になっていくのかなと思います。 通信環境整備については、市政運営方針岸野議員質問に対して、各家庭でおおむね接続ができたというふうにお聞きをしました。それでも、学校でも有線ではなくてWi-Fiで一斉につなぐんですよね。通信状態が脆弱な場所もあろうかと思います。

柏原市議会 2021-06-18 06月18日-03号

冨宅正浩市長 文部科学省が提唱されておりますGIGAスクール構想これの実現によりまして、児童生徒だけでなく、授業を行う教員にも1人1台の端末整備され、教員による効果的な機器活用する力、これの育成には力を入れているところであります。 その一つといたしまして、専門的な技能を持ちましたICT支援員、これが全ての学校を巡回し、教員のサポートを行う体制を整えたところでございます。

柏原市議会 2021-06-17 06月17日-02号

そして、令和2年2月、ちょうどこの新型コロナ感染が横浜のクルーズ客船の中で感染した頃に、まだこれは陳情も行けましたので、GIGAスクール構想実現、そして通信ネットワークに係るランニングコスト、そしてトイレ洋式化について、羽生田文部科学大臣に陳情させていただきました。 この間、市長も政府のほうへいろんな形で行っていただいていると思います。

貝塚市議会 2021-06-16 06月16日-02号

時開議日程 番号議案事件名備考種別番号1  会議録署名議員の指名 2  一般質問 ───────────────────────────────────本日の会議に付した事件名 日程第1から日程第2まで───────────────────────────────────一般質問提出者一覧表質問者質問形式質問要旨4番 出原秀昭一問一答式1アフターコロナ時代小・中学校ICT利用等について (1)現在のGIGA

貝塚市議会 2021-06-15 06月15日-01号

接種について (1)高齢者施設障害福祉施設などに対するPCR・社会的検査の拡充について (2)新型コロナウイルスワクチン接種について2高齢者補聴器購入助成制度の制定について3番 牛尾治朗一問一答式1ワクチン接種について2二色の浜パークタウン環境整備について (1)渋滞問題について (2)海浜緑道について4番 出原秀昭一問一答式1アフターコロナ時代小・中学校ICT利用等について (1)現在のGIGA

茨木市議会 2021-06-11 令和 3年第3回定例会(第2日 6月11日)

国のGIGAスクール構想によって、茨木市では予定していなかったスケジュールでタブレットの1人1台の整備が進みました。コロナ禍も相まって、既にタブレット活用した宿題が出されている学校があるとお聞きしています。そこで、学童保育室タブレットを使った宿題については問題なく行える状況なのか、現状について、ご説明ください。  

阪南市議会 2021-06-07 06月07日-01号

あるいは施設の移動にとりましても、GIGAスクール構想施設をどうするのか。クーラーを頂きましたですね、この間、そのことをどうするのか。多くの条件が入ってきまして、新築や改築をどうするのかという議論が要ります。 

高槻市議会 2021-03-26 令和 3年第1回定例会(第5日 3月26日)

そこで、教育委員会が昨年12月に策定したGIGAスクール構想実現に向けた計画について質問します。  この計画では、2020年度から2023年度までのICT活用目標が掲げられ、来年度は1日2回以上の活用です。目標未達成の学校については、研修などを実施するとされています。  小学校1年生から端末を使うことになります。使用方法が分からない、機器のトラブルなど想定しないことが起こることも考えられます。

茨木市議会 2021-03-26 令和 3年第2回定例会(第8日 3月26日)

児童生徒1人1台タブレット端末活用は、子どもたち全員に最適な学びを実現し、子どもたち可能性を引き出すために、情報教育の積極的な推進が必要とのGIGAスクール構想の下に進められる取組であり、これからますます進化していくICT時代において、子どもたちに必要となる情報活用能力を育み、未来社会で自立し、生き抜く力を育成する取組であると期待が膨らむものであります。