429件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨木市議会 2021-03-10 令和 3年第2回定例会(第5日 3月10日)

震災対策被災者対策に正味、本当に頑張って、震災時のときには、残念ながら黒字も大きく減りましたという状況なら、13.8億円を震災被災者対策に使いましたと言い切ってもよいと思います。  しかし、実際にはそうではなくて、震災被災者対策も十分ではなく、多額の黒字も生み出しているということです。

茨木市議会 2021-03-09 令和 3年第2回定例会(第4日 3月 9日)

12ページ、7款1項1目繰越金は、令和年度黒字について、計上するものでございます。  次に、議案第21号、後期高齢者医療事業特別会計補正予算でありまして、年度末までの所要額を見込み、大阪後期高齢者医療広域連合への納付金の増額などを行うものでございます。  その内容につきまして、予算書12ページの歳出からご説明申し上げます。  

柏原市議会 2021-03-03 03月03日-03号

石橋敬三健康福祉部長 年度決算額が確定し当該年度収支黒字となった場合に、その黒字から補助金等精算による返還額を除いた額を、原則全額積み立てることとしたいと考えております。 積立てのスケジュールにつきましては、決算認定されてから積立ての可否及びその額について判断いたしますことから、例年12月に開催される第4回市議会定例会に繰越し及び積立て補正予算を提出する予定としております。

守口市議会 2020-12-08 令和 2年12月定例会(第1日12月 8日)

実質収支は前年度収支を反映していますから、赤字年度の前年度黒字によって補填し、見かけ上の連続黒字を保っているにすぎません。その黒字も市民の財産である市有地を売却し、一旦基金に積んで、それを翌年度以降に取り崩すことによって財源不足を補っている現状をきちんと見ておく必要があります。つまり、市有地の売却と臨時財政対策債という赤字市債発行なくしては黒字が生まれていないということです。  

池田市議会 2020-12-02 12月02日-01号

3年連続黒字で、黒字も年々増えつつあります。 また、一般の被保険者数は2万659人で、前年度比817人、4%の減少となっています。 別途、退職の被保険者数も55人から6人に減少していますが、被保険者1人当たりの保険給付費は33万7,155円で、前年度比1万6,246円、5.1%の増加となっています。 反対の第1は、保険料の大幅な値上げで、府内でもトップクラスの高い保険料となっていることです。

大東市議会 2020-10-27 令和2年10月27日街づくり委員会−10月27日-01号

これは項1繰越金、目1繰越金、節1前年度繰越金のとおり、平成30年度一般会計黒字7億9,572万393円の繰越しと、歳出繰越明許費事業に係る財源1億990万9,000円の繰越しとを合わせたものでございます。  次に、2つ下の款19地方消費税交付金は20億5,663万5,000円でございます。これは地方分権の推進や、社会保障費財源となる交付金でございます。  

柏原市議会 2020-09-29 09月29日-04号

この黒字保険料の減額に使うことはできませんが、保健事業など国保の様々な事業に使うことができます。 柏原市の大阪府に対する人口割合だけを取って、その取組や効果を過小評価するべきではなく、本市が保険事業に積極的に取り組むことで、被保険者の健康に寄与し、健康寿命の延伸につながることとなり、さらにこれが医療費適正化につながり、ひいては保険料率の伸びを抑制することにもなります。 

高石市議会 2020-09-25 09月08日-01号

なお、黒字につきましては、令和年度に繰越し後、全額後期高齢者医療広域連合納付金として支出することとなっております。 最後に、議案第13号 令和年度高石水道事業会計決算認定についてでございます。 本件は、地方公営企業法第30条第4項の規定によりまして、監査委員の意見を付してご提案申し上げるものでございます。 

泉佐野市議会 2020-09-24 09月24日-03号

令和年度決算で純利益が約3億9,000万円あり、累積黒字は6億3,000万円計上されています。水道事業については維持管理費も必要となりますが、黒字の半分でも値下げに回していただきたい。そういう意味で不認定といたします。 以上が各決算についての不認定の理由です。皆様のご賛同をよろしくお願いいたしまして、終わります。 ○議長(向江英雄君)  ほかに討論ございませんか。     

茨木市議会 2020-09-09 令和 2年民生常任委員会( 9月 9日)

法定外繰入を当初予定どおり執行していれば、幾らぐらいの黒字となる計算かも、あわせてお聞かせください。  5点目に、府補助金について、お尋ねします。  府からの市取り組みに対する補助金額を改めてお示しください。  6点目に、保険給付費について、お尋ねします。  当初、183.3億円に対して、最終187億円と増加した要因をお聞かせください。  

泉南市議会 2020-09-07 令和2年第3回定例会(第4号) 本文 開催日: 2020-09-07

次に、その下に記載繰越金2億657万4,000円は、令和年度決算黒字を繰り越すものでございます。  次に、議案書、104ページにお戻り願います。  第2表地方債補正につきましては、記載のとおりでございます。  以上、甚だ簡単ではございますが、議案第11号の説明とさせていただきます。

柏原市議会 2020-09-01 09月01日-01号

ここから庁舎施設整備事業などの継続費繰越事業等に充当される財源といたしまして2億3,905万3,427円を令和年度へ繰り越しし、この財源を差し引きました1億9,108万7,220円の黒字実質収支でございます。 なお、令和年度実質収支1億9,108万7,220円から平成30年度実質収支6億69万5,374円を差し引きました単年度収支は、マイナスの4億960万8,154円となりました。 

泉南市議会 2020-08-26 令和2年議会運営委員会 本文 開催日: 2020-08-26

次に、繰越金2億657万4,000円は、令和年度決算黒字を繰り越すものでございます。  以上が歳入予算補正の主な内容でございます。  次に、3ページをお願いします。  2の地方債補正ですが、歳入歳出予算補正に合わせ、地方債発行限度額について、記載のとおり変更するものでございます。  以上、簡単ではございますが、議案第11号の説明とさせていただきます。  

枚方市議会 2020-08-01 令和2年8月緊急議会(第1日) 本文

百歩譲って、過徴収した分は、これまで決算でも黒字計上されておられますので、毎年の黒字が減少したということで目をつぶるにしても、このミスで過徴収の返金に伴う利子はどう考えても看過できません。  しかしながら、先ほど管理者から、猛省し局全体の意識改革体制整備に取り組むとの発言がありましたので、今回これ以上、追及はいたしませんが、最近同じような事案が立て続けに起こっています。