15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

門真市議会 2015-12-17 平成27年第 4回定例会-12月17日-02号

まず、第二京阪道路高架下利用計画でありますが、高架下等有効利用につきまして、市より要望書道路管理者である国土交通省近畿地方整備局及び西日本高速道路株式会社提出し、その後、有識者及び沿線地方公共団体等から構成する高架利用調整協議審議を経て、平成22年1月27日に道路管理者において策定されました。  

門真市議会 2013-09-27 平成25年第 3回定例会-09月27日-02号

道路の開通に合わせて、高架下などの有効利用推進の一環として、まちづくりにぎわいの創出などの観点を踏まえ、高架利用調整協議審議を経て、平成22年1月27日に高架下利用計画が策定されました。門真市区間4.2㎞について利用用途が決定しています。  この計画に基づき、ことし4月7日、高架下利用した公園北巣本地区に完成、第二京阪高架下北公園として供用開始されました。

門真市議会 2013-03-12 平成25年 3月12日建設文教常任委員会-03月12日-01号

◎真砂 土木課長  当初、地元自治会からの要望により、高架利用調整協議公園利用の提示をし、高架下利用計画の中で地域交流にぎわいゾーンの多目的広場としての利用位置づけられました。22年度に高架道路からのごみ等の投げ込みを防止するネットを設置し、23年度に一部インターロッキングを設置し、24年5月に北巣本・青山両自治会の協力を得ながら住民説明会を開催いたしました。

門真市議会 2011-03-15 平成23年 3月15日建設文教常任委員会-03月15日-01号

市においては、まちづくり観点地元要望を踏まえ、高架下利用計画を作成し、高架利用調整協議に強く要望してまいったところであります。  平成22年度に、国土交通省並びに日本高速道路保有債務返済機構にて高架下利用計画が策定され、北巣本地区には地域交流にぎわいゾーンが承認され、その一部として公園整備をするものです。  

交野市議会 2010-10-19 10月19日-06号

一方、市が占用許可申請をいたします高架下につきましては、供用開始前に事業者において設置された高架利用調整協議審議を経て、供用後に各市より個別のゾーンにおける土地利用計画に基づきまして申請を行っているものでございまして、東京にございます独立法人西日本高速道路保有債務返済機構において、許可の審査を行っているものでございます。 

交野市議会 2010-06-14 06月14日-02号

昨年度に高架利用調整協議を経て、独立行政法人日本高速道路保有債務返済機構審議会で承諾がなされております。このうち、今年度利用予定の12カ所につきましては、第二京阪道路供用後速やかに道路占用許可申請を行っております。しかしながら、提出書類内容が相当多くございまして、提出後に記載内容の修正や追加等も求められ、先月末ごろにようやく申請書類が整った状況でございます。

枚方市議会 2010-03-16 平成22年予算特別委員会(第2日目) 本文 開催日: 2010-03-16

第二京阪道路枚方市域高架下利用については、第二京阪道路高架利用調整協議枚方市域部会においてゾーニングの提案を行い、本市道路事業者学識経験者との間で意見交換を行い、平成22年1月に道路管理者である国土交通省高架下利用計画を策定しました。津田南地区高架下地域交流にぎわいゾーンとして位置付けられております。  

交野市議会 2009-12-16 12月16日-04号

こうした場所において、議員ご指摘の物産販売利用も選択肢の一つとして、高架利用調整協議におきまして地域交流にぎわいゾーンとして既に位置づけを行っているものでございます。現在、高速道路機構高架下利用等審議会において審議中で、間もなく計画として位置づけられるものと認識しております。 ○議長吉坂泰彦) 10番、坂野議員

交野市議会 2009-12-15 12月15日-03号

これらと一体利用によって臨時駐車場、あるいは多目的広場等利用を念頭に、前々から紹介しております高架利用調整協議において、地域交流にぎわいゾーンとして既に市のほうでは位置づけを行いまして、現在、高速道路機構高架下利用等審議会というんですが、そこにおいて審議中と伺っております。近々、答申が出てこようかと思っております。この方向で利用していきたいと、このように考えております。

交野市議会 2009-09-25 09月25日-05号

次に、第二京阪道路高架下利用計画の経過と進捗でございますが、高架下利用計画につきましては、事業者高架下及び道路予定区域有効利用を図るため、第二京阪沿線関係市と事業者である国土交通省及び西日本高速道路株式会社学識経験者を含めたメンバーによって、高架利用調整協議を設置し、ゾーン設定位置づけした計画案として策定されるものでございます。 

枚方市議会 2009-09-16 平成21年第3回定例会(第2日) 本文 開催日: 2009-09-16

本市では、国の通達に基づき、市と道路事業者学識経験者で構成する枚方市域部会を、本年2月と7月に開催し検討を進め、8月に沿線市も参加する高架利用調整協議に付議するなど、必要な手続を経て計画案をまとめました。  今後、高速道路部について、高速道路機構高架下利用検討会に付議し、道路管理者計画を策定する予定です。  

交野市議会 2009-06-19 06月19日-03号

これらの利用計画は、夏ごろにゾーニング位置づけとして高架利用調整協議に図られる予定となっております。以上でございます。 ○議長堀憲治) 8番、吉坂議員。 ◆8番(吉坂泰彦) この、ことしの第1回議会で、いろいろ計画をすると、いろんな案を応募するというんですか、公募するというんですか、やるというふうにやってきて、今出ているのはこれぐらいですか。今言われたようなものだけですか。

四條畷市議会 2007-03-28 03月28日-04号

現在、国土交通省学識経験者本市で構成されます「一般国道163号清滝生駒道路中野高架橋高架利用調整協議におきまして審議が行われているところであります。本市といたしましては、災害時における活動拠点や市民が憩い集う場、沿道住民公共的利用目的としたスペースの確保に向け調整を行っているところでございます。 

  • 1