516件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高槻市議会 2021-03-25 令和 3年第1回定例会(第4日 3月25日)

戦後、人口増加による住宅不足背景に、国の住宅政策として税制優遇を行うことで新築住宅の建設を後押ししてきたということで、当時は、高度成長経済も活性化してそれでよかったんだと思いますが、やはり住宅の量が十分に充足して、むしろ空き家の問題でまちづくりに大きなマイナスの影響を与えているという現状を考えますと、新築をどんどん造るんではなくて、既存住宅流通市場リフォーム市場、これを拡大していくことが重要

河内長野市議会 2021-03-11 03月11日-03号

地球温暖化で豪雨災害の頻度が上がり、高度成長の盛土はますます老朽化するため、宅地の崩壊は今後も続くと予想される。土地所有管理の在り方、自然と国土の成り立ちにまで視野を広げた発想の転換も必要だと説かれています。ぜひ、この視点で、これからも本当に危険のないように、事前に防げるように努めていただきたいなと思います。よろしくお願いします。 次へいきます。スーパーシティのことです。 

大阪狭山市議会 2021-03-11 03月11日-02号

狭山ニュータウン再生化についてですが、高度成長に生まれた、ニュータウンが全国に幾つもあります。その中の一つである東京多摩ニュータウンは、一部のエリアで高齢化率が50%を突破しました。 昨今のコロナ禍により自宅でのテレワークという新しいライフスタイルを生み、多摩ニュータウン駅前商店街では、今年1月約100メートルのテレワーク用スペースが設けられました。 

貝塚市議会 2021-03-10 03月10日-03号

また、高度成長以降に集中的に整備されたインフラストラクチャーが今後一斉に老朽化することから、インフラストラクチャー維持管理更新を確実に実施する必要があるが、いまだ予防保全型のメンテナンスサイクルは確立できておらず、適切に対応しなければ中長期的なトータルコストの増大を招くのみならず、我が国行政社会経済システム機能不全に陥る懸念があるとしております。 

高槻市議会 2021-03-09 令和 3年第1回定例会(第3日 3月 9日)

公共建築物、特に高度成長に量産されておりますので、建て替えの時期がきておりますので、今後の建て替え計画に関してもですね、計画的に行っていただきたいというふうに思います。  また、消防団の多機能型訓練施設に関しては、やはり今まで訓練の場所に困っていたという現実がございますので、これを造ろうとしていることについては私も歓迎するところでございます。  

大東市議会 2021-03-09 令和3年3月9日街づくり委員会-03月09日-01号

○光城 副委員長   皆さん経済事情っていうのは、高度成長に比べたら鈍化しているけれども、またその最近のデフレーションなんでお金が集まらないと。それに上乗せでコロナが来ちゃったということで、国が大変なんだけど、初めにも言いましたけど、国は結局お金造ったら済む話やから、それを出し惜しみしてるっていうのはやっぱりよくない国の政策やと思うけど、それがどうやって皆さんに配分するっていうことですね。

泉佐野市議会 2021-03-05 03月05日-03号

一方、高度成長以降、交通網整備されるとともに、近年では、情報化技術の急速な発達・普及によって、住民の行動範囲行政区域内に留まることなく、飛躍的に広がってきていることから、公共施設相互利用や広域的な交通体系整備など、近隣市町との連携による広域的なまちづくりや施策に対するニーズも高まっています。 

堺市議会 2021-02-26 令和 3年第 1回定例会−02月26日-03号

しかし、高度成長を経て、日本の社会経済状況国際化成熟期に入り、経済をはじめとした国際情勢は、いまやグローバルな単位で捉えるのが常識となりました。さらに新型コロナウイルス感染症の拡大で、今や国際社会は距離や国境をますますいとわない構造になりつつあります。  こうした変化を踏まえ、本市の国際化の推進はどうあるべきか、いま一度捉え直す必要があるのではないかとこのように考えます。  

羽曳野市議会 2021-02-26 令和 3年第 1回 3月定例会−02月26日-01号

高度成長整備され、耐震性老朽化課題がある施設をはじめとする公共施設等最適化に向けて、改めて、施設整備の方針や予定の検討、見直しを行い、財政負担の軽減・平準化をめざし、公共施設等マネジメントを推進します。  市域を超えて多様化する市民ニーズへの対応や自治体間の共通課題解決等にあたっては、行政コストの削減や事務の効率的執行に資する有効な手段である広域連携を推進します。

岸和田市議会 2020-12-10 令和2年第4回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2020年12月10日

我が国は戦後の荒廃から立ち直るために、あるいは高度成長の初期までの頃は、民間セクター、企業を中心とした民間十分成長・成熟しておりませんでした。そういう時代にあっては、豊かな税収右肩上がり税収背景に、官僚を中心とする行政的セクター公的セクターですね、行政機関が世の中を牽引し、発展の礎を築いてまいりました。

松原市議会 2020-12-09 12月09日-04号

高度成長以降、多くの公共施設整備され、その維持管理建て替えなどに多額の経費が今後必要になる。しかも、人口減少により、利用率の低い公共施設もあり、景気の低迷によって税収の伸びも見込めない。そうなれば、公共施設長寿命化にとどまらず、再編、統合ということにつながってくるでしょう。国が進める地方創生政策とも密接に関係してくると思います。 

阪南市議会 2020-11-30 12月02日-02号

およそ50年前、1970年頃から高度成長の中、人口が急増し、1972年、南海町と東鳥取町が合併することで現在のこのまち基礎自治体としての行政区画となりました。この頃は、モータリゼーションの進展により、国民にとって自動車を所有することは特別なことではなくなったこともこの合併による行政サービスの全体最適化が図られるきっかけであっただろうと推測します。 

東大阪市議会 2020-10-27 令和 2年10月27日令和元年度決算審査特別委員会−10月27日-05号

◆金沢 委員  収納の部分ではそういった取り組みされてるということなんですけれども、総括にもあるように、高度成長に構築した水道施設老朽化による更新費用、また耐震化投資というものも必要だということなんですけれども、経営努力に取り組みながら適時、適切にそういった施設更新を行う場合に、総括に書かれている経営効率化という部分ではどうお考えでしょうか。

門真市議会 2020-09-17 令和 2年第 3回定例会-09月17日-02号

高度成長を経て市民のなりわいが変化していく中で、各インフラが変化していく中にあって市内水路を資源と考えて時代変化に適応させていくことは、門真市を多くの方から選んでいただけるまちにするために重要なポイントであると考えております。  市内水路現状を見ますと、残念ながら水路の不法な占拠やごみの投げ捨て、不法投棄など不適切な状況を目の当たりにすることがあります。

箕面市議会 2020-06-22 06月22日-02号

昭和時代は、まさに高度成長そのもので、どれだけ広い道路が完備されているかがそのまち発展を占う重要な要素でしたが、今回取り上げた箕面市の旧市街地は、交通利便性と住環境のよさが高く評価されているのですから、過去の計画に縛られるのではなく、計画の廃止も視野に、再度検討すべきだと思います。 次に、大綱第2項目めとして、箕面市立病院建て替えについてお聞きします。 

東大阪市議会 2020-03-18 令和 2年 3月18日建設水道委員会-03月18日-01号

その水道施設をより強靱なものにしていかなければならない、このように思ってるんですけれども、聞くところによりますと、市内水道設備昭和30年代の後半、また高度成長にかけて一斉に整備された、集中的に整備されたものが多く、現在に至りましては老朽化が進んでおるというところでございます。

茨木市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第3日 3月 5日)

そこで、高度成長を過ぎたころ、今から20年前と現在では、かなり市内道路整備が、100%とはいいませんが、進んできていると思っております。  そこで、現在と20年前との交通量変化について、お伺いいたします。  次に、幹線道路都市計画道路整備が進められてきました。しかし、いまだに都市計画道路は途中でストップし、交通の不便さを感じている箇所がまだまだ多くあります。  

能勢町議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会議(第2号 3月 5日)

高度成長の典型的なリーダー像といえば、あの東京オリンピック女子バレーボールチームを金メダルに導いた大松博文監督のような人物ではないでしょうか。すなわち、俺についてこいというリーダーでした。戦国時代武将たちもおおむね同様のタイプと言えるでしょう。  しかし、近年では、このようなリーダーは余り求められなくなっています。