139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2020-03-05 令和 2年度予算審査特別委員会第1分科会(市民人権所管事項)−03月05日-01号

(田渕副会長宮本会長に替わり会長席に着く) ◎堀井 北区役所企画総務課長  まず、安全安心まちづくり事業におきましては、地域防災力向上推進していくため、防災士養成や中学生を対象にしました防災講座による新たな防災リーダー養成様々な支援を行っており、地域では地区防災計画の策定に向け、積極的な取り組みがなされています。

泉佐野市議会 2020-03-04 03月04日-01号

このことにより、これまで医療機関ごと医療機能が見えにくかったものを各医療機能を明確にするため、高度急性期機能急性期機能回復期機能慢性期機能の4機能ごとに振り分けること、その上で各医療機関が目指すべき医療提供体制を実現するための施策として、医療機能の分化・連携を進めるための施設設備医療従事者の確保や養成強化されることになります。 ここで、各医療機能についてご説明いたします。 

吹田市議会 2019-09-25 09月25日-05号

(5番池渕議員登壇) ◆5番(池渕佐知子議員) 平成25年4月に施行された障害者日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律等において、意思疎通支援を行う者の派遣養成を行う制度として、意思疎通支援を規定し、市町村は手話通訳者及び要約筆記者派遣必須事業とされています。しかし、本市では常勤の手話通訳者各部署で配置できていない状況です。 

河内長野市議会 2019-03-26 03月26日-04号

3、青少年リーダー養成事業委託料を増額する。10万円。 以上です。 提案議員は、自民党会派峯満寿人奥村亮。 これ以降は、お目通しください。ご審議いただきまして、ご同意賜りますよう、よろしくお願いいたします。 ○議長(土井昭)  説明が終わりました。 本修正案に対する質疑に入ります。--これにて質疑を終結し、これより討論に入ります。 駄場中大介議員

能勢町議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会議(第1号 3月 5日)

必要な支援をしてほしいというところでありますし、認知症にもやはりその度合いでありますとか内容ですね、記憶がちょっと苦手であるとかいろいろなこと、多様性がこれもありますので、やはりこれをすれば支援になるという一通りのものでもございませんので、まずはかかわりを持ってどういうサポートが要るんだというようなことを、身近な支援者といいましょうか、サポーターが必要になるということでありますので、サポーターさん養成

堺市議会 2019-02-27 平成31年 2月27日文教委員会-02月27日-01号

地域連携強化通学路の点検を徹底して、環境整備をしていくこととか、不審者情報等の共有とその対応、多様な担い手によって見守りの活性化、多様な世代や事業者日常活動の機会に気軽に実施ができるような見守りのやり方、これ、ながら見守りというみたいですけれども、それとスクールガード養成々あります。

大東市議会 2018-12-19 平成30年12月定例月議会−12月19日-02号

◆11番(北村哲夫議員) 自治会さんには知らせてるんで、大体、活用してはるんですけども、この制度、活用して、どこの地域でも大体だんじり関係とか、そういったお祭り関係の修繕とか後継者養成補助金の申請されてるんですけども、これどこも、やっぱりこういった補助金って、なかなかない話なんで、かなり期待されてるんですけど、先ほど、不備で不採択みたいな形で言われたんですけども、その件について、どのように対応

八尾市議会 2018-10-11 平成30年10月11日予算決算常任委員会(文教分科会)−10月11日-01号

それで、いろいろジュニアリーダー養成もやっていただいております。ジュニアリーダー平成29年度は前年度よりも活発になっているんではないかという数値を見ても思うんですけれども、そういう子どもたち地域活動ボランティアとして、今後育っていってほしいという狙いのもとで、育成をやるわけですか。 ○委員長土井田隆行)  伊東課長

能勢町議会 2018-09-20 平成30年総務民生常任委員会(9月20日)

本町におきましても毎年数名の方が自死されているという状況がございますので、特に年代も固有の一定の層の年代に偏っているわけではございませんので、今現在、本町といたしましては、広く自殺対策に当たるような、いわゆる啓発も含めたゲートキーパー養成軸足を置いた事業展開をさせていただいているところでございます。

能勢町議会 2018-06-19 平成30年 6月定例会議(第2号 6月19日)

まず、移動手段については、公共交通を補完する手段団体、個人の皆さんの自助、互助活動に委ねざるを得ないのが現状であり、認知症施策についても、早期対応理解促進推進として、初期集中支援チーム立ち上げSOSネットワーク体制整備、さらには、認知症サポーター養成により、見守りなどの不安の払拭や環境整備に努めているところです。

藤井寺市議会 2018-06-19 06月19日-02号

まず高齢者生活支援サービス等体制整備推進するために生活支援コーディネーターを配置し、地域に今あるサービスの把握と不足しているサービスの創出や、サービス担い手養成資源開発を行います。また、認知症早期診断早期対応に向けて、認知症初期集中支援チームを設置するとともに認知症地域支援推進員を配置し、認知症に関しての地域での支援認知症ケア向上を図ります。 

羽曳野市議会 2018-06-12 平成30年第 2回 6月定例会-06月12日-02号

内容は、ペアレント・メンター養成事業として、ペアレント・メンターに必要な研修実施、また、ペアレント・メンター活動費支援ペアレント・メンターコーディネーターの配置などであります。  次に、2点目としては、家族のスキル向上支援事業として、保護者に対するペアレント・プログラム、ペアレント・トレーニングの実施など。  

門真市議会 2018-03-08 平成30年第 1回定例会−03月08日-02号

また、青少年スポーツクラブ育成する団体である門真市スポーツ少年団本部に対しましても、大会の実施指導者養成講習会事業補助金を交付しております。  今後におきましても、これまでの支援に加え、先般設立された生涯スポーツ推進協議会とともに、青少年スポーツクラブ育成に努めてまいります。  次に、市立総合体育館東和薬品RACTABドーム連携についてであります。  

箕面市議会 2018-02-28 02月28日-02号

また、ケースワーク業務に携わる職員育成については、これまでも社会福祉主事養成を計画的に行ってまいりましたが、今後も研修等の充実を図るとともに、各福祉分野専門性を高めつつ、分野を超えた総合力を養い、複合する生活課題対応できる職員育成すべく、各分野間での計画的なジョブローテーションを行うなど人材育成に努め、加えて地域包括支援センター等運営法人との人事交流なども検討をしてまいります。 

藤井寺市議会 2017-09-12 09月12日-02号

まちづくりにおけるキーマンの養成については、国においてもその重要性を認識しており、平成26年度から平成30年度までの間で、まちプロデュース活動支援事業を展開しております。その事業目的概要につきましては、開業や会社経営に必要なビジネススキル空き店舗対策合意形成手法等まちづくり特有スキルの習得を図る研修実施し、タウンマネジャー等育成するとあります。

豊中市議会 2016-09-29 平成28年 9月定例会(本会議)−09月29日-03号

( 登 壇 ) ◎健康福祉部長直川俊彦) 豊中あぐり塾概要につきましては、事業豊中社会福祉協議会が主催し、男性高齢者を中心とした豊中あぐりプロジェクト運営委員会を設置して、都市型農園運営及び農作物の直売、ボランティア講座等の開催による地域福祉活動担い手養成が行われているものでございます。