234件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

四條畷市議会 2021-03-22 03月22日-03号

質疑の中で、権現川ハイキングコースについて、台風被害に対する本復旧を進められたい、テイクアウト支援事業について、支援が届くように徹底周知し、また、飲食の方に支援が届くよう施策を実施されたい、無電柱化推進する市区町村長の会において、市内電柱を整理できれば狭い道も少しは解消されると思われるため、当会にて進められたい、イノシシ対策について、新たな支援として、もう一歩踏み込んだ形で具体的な支援をされたい

東大阪市議会 2021-03-10 令和 3年 3月第 1回定例会−03月10日-04号

新型コロナ関連の倒産も1000件を超え、その2割近くは飲食となっています。雇用でも休業者数が過去最高の256万人に達しています。GDPは昨年末に失速し、感染拡大により、1月から3月期は再びマイナス成長になると報道されています。旅行や宿泊、小売りなどの個人消費に依存する業種は大変な苦境に置かれています。

東大阪市議会 2021-03-09 令和 3年 3月第 1回定例会−03月09日-03号

いわゆる回復型の代表的な施策といたしましては、飲食などを対象とした水道料金減免事業企業経営サポート事業中小企業設備投資支援事業などが挙げられ、また、進化型といたしましては、行政デジタルトランスフォーメーション推進経費リージョンセンターWiFi環境整備経費郊外型シェアオフィス整備支援事業電子書籍購入経費などが挙げられると考えております。

茨木市議会 2021-03-05 令和 3年第2回定例会(第2日 3月 5日)

コロナ影響宿泊業飲食、サービス業など、女性の非正規雇用者が多い業種を直撃したからです。さらに残された雇用者の中でも、月の間に1日も働かなかったという人は、5月では前年同月比で169万人も増加、4月から12月平均でも前年より49万人の増加となっています。コロナ休業を強いられた影響です。その49万人のうち、非正規が35万人、うち女性が23万人と、ここでも女性影響が集中しています。

泉佐野市議会 2021-03-04 03月04日-02号

次に、2番、特産品普及に寄与する漁場の資源増大をということで、漁獲量減少は漁師さんや鮮魚店さん以外にも飲食、食品加工業販売業など多くの事業者にとって大きな損害となります。 また、ふるさと納税特産品拡大の観点からも、市は地域資源の損失を防ぐ必要があります。 そこで質問です。 (1)つくり育てる漁業の推進について。 本市が抱える課題と市の取組内容についてお伺いします。 

能勢町議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会議(第1号 3月 4日)

、それもありますし、実際のところ能勢町の中では結構いろいろこじゃれたお店であったりとか、そういうのがあったりすると思うんですけれども、そういう飲食をちょっと能勢町でやりたいとか、そういう製造業というよりはサービス業能勢町をもうちょっとアピールしていくとか来ていただくとか、そういう取組は実際お声がけとか多分そういう一般的に何か企業フェスとか、そういうのが町なかであったら分かりやすいんですけれども、飲食

大阪市議会 2021-03-03 03月03日-03号

例えば、市統計情報から各種事業者経営状況を分析し、飲食以外にも支援が必要な事業者を特定し、財政調整基金を活用した支援を行うなど、より具体性を持った大阪市独自のきめ細やかな支援策を第4波が到来するまでにいち早く検討していただきますよう、強く要望します。 次に、市民の生命を守るための対策として、現状のコロナ禍における防災対策推進についてお聞きします。 

高槻市議会 2021-03-01 令和 3年第1回定例会(第1日 3月 1日)

昨年、新型コロナウイルス感染が全世界に拡大し、国内においては緊急事態宣言が発出され、大阪府からの要請に基づく施設の休業や府民の外出自粛、イベントの開催の自粛などにより、本市においても飲食をはじめ事業者経済活動が停滞するなど、深刻な影響が及んでいます。また、感染拡大の収束時期が見通せないことから、感染リスクだけでなく生活や雇用などの先行きに対し、市民の不安は拭えない状況となっています。  

堺市議会 2021-02-26 令和 3年第 1回定例会−02月26日-03号

飲食を含む事業者皆様にも死活問題の中、多大な御協力をお願いしております。私たちの元へは、理美容方々からも水道料金免税措置についてお話をいただいております。そして、市民皆様にも本当に粘り強く頑張っていただいており、感謝しかありません。  待望のワクチン接種医療従事者方々から始まりました。職員も健康部だけではなく、各職場が様々な対応に追われる中、懸命に働いております。  

池田市議会 2020-12-22 12月22日-02号

特に飲食は年末の書き入れどきに大勢の会食は自粛するよう要請され、今後さらに廃業に追い込まれる飲食店増加することが懸念されます。そういった事業主に対してさらなる支援策を講じるお考えはないかお聞きします。 次に、池田市新型コロナウイルス感染症対策本部会議についてですが、当日は公務もないとのことだと判断するのですが、対策本部会議を欠席したのは職務放棄ではないのかと思いますが、お考えをお聞きします。 

東大阪市議会 2020-12-16 令和 2年12月16日総務委員会−12月16日-01号

こういう東大阪事業所への支援、あるいは小売店舗への支援、また飲食非常に今、打撃を受けております。観光業もそうだというふうに思いますから、こういった仕事や収入の減少がこのコロナ禍の中で出ているところ、そこについては支援金とか、あるいは固定の家賃等々、固定費の補助ですね、こういったものもやるべきだというふうに思いますし、また、失業が本市でも少しずつふえていっている。

八尾市議会 2020-12-16 令和 2年12月建設産業常任委員会-12月16日-01号

資料のほうで、先に確認をさせていただきますと、3ページのほうの事業者サポート給付金申請率38.9%ということで、これはこの委員会でもいろいろと議論があったところなのですけれども、業種別ということで、構成比を算出してみますと、宿泊飲食のほうが3.8%、分母1863で、決定が70件ということで3.8%だったということなのですけれども、これは特に、主に飲食だと思うのですが、1ページのほうの産業全体では

岸和田市議会 2020-12-15 令和2年事業常任委員会 本文 開催日:2020年12月15日

◯米田貴志委員  3館の共通券を購入した人に500円券を1枚あげるという、こういう内容かと思うわけでございますけれども、今回、岸和田駅前通商店街が作られた岸和田ランチマップということで拝見しますと、当初、駅前だけかなと思ったのですが、結構、南海から下の主立ったところの飲食方々が含まれているなと思うわけでございますが、まず、店舗数が大体64店舗ほど参加をしてくださっているのですけど、今回、昨日の大阪新型