962件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

門真市議会 2019-06-21 令和 元年第 1回定例会-06月21日-02号

皆さんに飲料を配るとか水にぬらすと冷たくなる首に巻くタオルのような物を配付するなどの熱中症予防ができればいいのですが、難しいのであれば注意を喚起する方策を打っていただく必要があるのではないかと考えます。  そして、ふるさと納税の使い道の中に門真の学校に通う子どもたちに安全・安心を!という項目があります。その寄附額をこのような対策費に充てることができないのかもあわせてお教えください。

東大阪市議会 2019-06-14 令和 元年 6月第 2回定例会−06月14日-03号

大規模な地震による災害時の断水被害の軽減と飲料の確保のために、水道管耐震化を重点的に進めることが非常に重要です。現在、水道管耐震化の整備は進められていますが、耐震化が未整備の基幹管路及び基幹管路も含めた管路全体では、それぞれどのくらいの整備期間が必要と想定されていますか。耐震化の整備状況、今後の対応も含め御答弁お願いします。  

羽曳野市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日建設企業常任委員会-03月20日-01号

人間が一日に必要なのは、飲料としては2リットルということになりますと、これ4本ですよね。4本で計算しますと、0.3円なんですよ。一日の水がね。すると、1カ月1人9円というのが出てくるんですね。9円。4人家族ですと36円、50円かからないんですね。4人家族飲料として、この水を蛇口から活用すれば、ということなんですね。  そこで、私は別にコンビニさんで買ってはいけないということは申しません。

豊中市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日総務常任委員会−03月15日-01号

スポーツ振興課長(上原忠) 豊中ローズ球場を含め、豊島公園災害時の一時避難場所となっておりますことから、今後の設計の中で、災害の発生により断水した場合に、飲料やトイレ、シャワーなどの生活水を一定確保できる大容量の貯水タンクの設置も検討してまいりたいと考えております。 ◆委員(高木公香) 次に、展示室の設置の目的と展示内容、またどのような方に来場を期待されているのでしょうか。

門真市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日総務建設常任委員会-03月11日-01号

◎石丸 危機管理課長  乳児用液体ミルクにつきましては飲料の確保が困難な災害時の活用が期待されており、国内メーカー1社での販売が開始されております。  また、委員御指摘のとおり内閣府男女共同参画の視点からの防災復興の取組指針を2019年度に改定し、乳児用液体ミルク災害時に必要な物資に位置づけるとの報道がなされております。  

豊中市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(本会議)−03月05日-03号

政策企画部長(榎本弘志) 強靱化地域計画の概要ですが、国土強靱化基本法及び国土強靱化基本計画に基づき、火災住宅倒壊による死傷者の発生や食糧飲料の長期停止など、起きてはならない最悪の事態を想定し、対応できていない問題を洗い出す脆弱性評価のもと、災害対策の取組みをソフト・ハード一体的に整備するものであります。  

泉南市議会 2019-01-15 平成31年行財政問題対策特別委員会 本文 開催日: 2019-01-15

委員御指摘のように、確かに環境問題ペットボトル等について利用しない方向ということは重々承知をしておるところでございますけれども、当然自販機を設置している箇所につきましては、今回ほぼ屋外というところで、異常気象が続く中、熱中症対策というような部分で路上で飲料を手に入れることができるような環境を少しでも手に入れるというようなところも、このような観点が入ってございます。  

能勢町議会 2018-12-11 平成30年12月定例会議(第2号12月11日)

断水対策につきましては、一部の地域断水となりますと、給水車により飲料を拠点配布いたします。停電の長期化や企業団から受水ができなくなる場合は、北大阪上水道議会による応援給水を要請することとしております。  なお、洪水土砂災害ハザードマップと被災箇所が一致していたかとのお尋ねでございますが、大阪府の想定に基づき作成したもので、おおむね一致しているものと認識をしております。  

岸和田市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2018年12月10日

災害対策物資は、飲料食料のほか、衛生用品、毛布など、人の生命にかかわるものを優先的にピックアップしているものであり、その観点からブルーシートの掲載はないものとしているところでございます。  少ない枚数ながら、市においても備蓄はございましたけれども、6月に発生した大阪府北部地震の被災地に供給したため、底をついた次第でございます。  

堺市議会 2018-12-07 平成30年第 4回定例会−12月07日-04号

本市では、企業団からの送水が停止した場合を想定し、大規模地震発生時においては、企業団の業務継続計画、いわゆるBCPにおける施設復旧目標が7日間であることを踏まえ、全市民飲料など、最低限必要となる8日分の水、約8万立方メートルを緊急遮断弁により自動で市内の10カ所の配水池に確保します。

岸和田市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2018年12月07日

今、数カ所の公園で地下タンク、飲料のタンクを入れてますけれども、これだけの大きな公園で何カ所かに地下タンクを置ければ、災害時には十分水を賄えると。また、公園の中ですから、マンホールトイレも設置したり、ベンチこんろを置いたり、そういうこともできると。  あと、今回またお話ししますけれども、憩いの場として、皆さん、散歩できたり、木陰で読書をしたり、バーベキューをしたり、憩いの場をつくると。  

泉大津市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号

◎総合政策理事危機管理監(藤原一樹) これまで家庭での備蓄につきましては、例としては、非常食飲料、カセットコンロとガスボンベ、ラジオ、懐中電灯等をご紹介しておりましたが、今回の台風被害の教訓から特に各家庭でのブルーシートの準備をホームページや防災出前講座等を通じ積極的に周知し、その趣旨をご理解いただいているところでございます。  

堺市議会 2018-12-05 平成30年第 4回定例会-12月05日-02号

災害救助法の適用がある場合についてですが、避難所運営や応急仮設住宅供与、飲料供給など、法に規定のある救助事務に要した全額を大阪府に求償できます。台風21号で本市に災害救助法が適用されたと仮定した場合、例えば避難所運営に要した人件費や、毛布支給に係る経費では約315万円となります。