2330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤井寺市議会 2053-09-13 09月13日-03号

そうした立場を踏まえて、消費税増税反対ですし、無償化そのものは、消費税を財源とせず実行すべきだと思っておりますが、本市における保育料無償化に際して、何を理念として置くのか、その点をはっきりさせておきたいと思いますので、保育所保育指針における位置づけについて、どのようになっているか、お聞かせいただけますでしょうか。 ○議長片山敬子君)  白江こども健康部長

大阪狭山市議会 2023-09-10 09月10日-03号

学校における重要性に鑑みて、平素からの習慣としての健全なを願うところであります。 学校現場についての現状、効果的な取り組みについて伺います。 ○片岡由利子議長  それでは、7点目につきまして教育部理事答弁を求めます。 ◎酒匂雅夫教育部理事  上谷議員の第7点目、学校給食における、残飯量削減への取組についてのご質問にお答えいたします。 

河内長野市議会 2021-12-12 12月12日-03号

まず1点目といたしましては、観点でございます。文部科学省は、学校給食を通じて学校におけるを推進することが重要と認識しております。このことから、中学校段階でのの意味合いや位置づけを整理する必要があると考えております。 2点目といたしましては、給食時間の確保のため、学校の授業時間の見直しが必要となり、他の教育活動、例えば部活動などへの影響が想定されます。 

松原市議会 2021-09-20 09月20日-04号

私は給食センター設立時から、拠点としての役割を果たし得ることができる場所となり得るため、何度も施設としてあるべき姿への提案や質問をさせていただいてまいりました。 時の教育長部長なども拠点となるための対策を進めることをお約束していただく中で一定の前進が図られました。しかし、拠点というにはまだまだ課題が残されています。現状取り組み課題、今後の計画をお聞かせください。 

河内長野市議会 2021-09-11 09月11日-03号

(1) 自校方式的効果は。    (2) 子どもの減少や厨房機器の更新、また空き教室利用など自校方式はコストを低く抑えられると思うがどう考えているか。    (3) 食中毒や機器の故障など、危機管理の視点からどう考えているか。件名2 未来につながるまちづくりを。 要旨1 ごみのリサイクルを進めることで、限られた資源を有効活用するとともに、ごみの抜き取りの防止や経費削減を。    

河内長野市議会 2021-06-13 06月13日-03号

教育長松本芳孝)  きのうのご質問答弁でも申し上げましたように、国の示す姿、方向、つまり給食特別活動として位置づけ充実のために活用していくこと、それから、今、堀川議員おっしゃったように、保護者生活状況、それから子どもの置かれている状況、随分この間変化しています。それと国あるいは府の施策、そういうものを総合して、そういうことを見据えていかなければならないという認識でいます。 

藤井寺市議会 2020-12-10 12月10日-02号

本市におきましても、歯と口腔の健康は疾病予防につながるとし、「藤井寺市健康増進計画(第2次)・推進計画」(中間見直し)におきまして、幼少期から疾病予防を意識した習慣づけが重要であるとの観点から、市民の方への歯磨き習慣啓発や、定期的な歯科健診の受診促進をその最重要課題とし、さまざまな健康施策に取り組んでおるところでございます。 以上、答弁とさせていただきます。

泉大津市議会 2020-12-04 12月04日-01号

総合政策部長吉田利通) 本市における行政に頼らない自立したコミュニティーの事例といたしましては、空き民家を活用したコミュニティサロン事業やハイツの中庭空間を活用し親子で野菜を育て調理までを行う事業が、昨年度まで泉大津市がんばる市民公益活動応援補助金を活用して実施されておりましたが、今年度からは、自立して補助金に頼らずに事業を継続されているところでございます。 

高石市議会 2020-12-02 12月10日-02号

また、栄養教諭等による家庭科を中心とするにおいても、食事重要性食べ物を大切にし、食事にかかわる人々への感謝の心を育むこと、日本の食文化を理解し尊重する心を持つ等、食に係る指導を行っておりますので、よろしくお願いします。 ◆3番(阪口茂君)  わかりました。ありがとうございます。 子どものときから食べ物の大切さを学んでいくことが大切だと感じています。 

池田市議会 2020-06-25 06月25日-04号

2.商慣習見直し等による食品事業者廃棄抑制消費者への普及・啓発学校等における環境教育実施など、食品ロス削減に向けての国民運動をこれまで以上に強化すること。3.賞味期限内の未利用食品備蓄品等を必要とする人に届けるフードバンクなどの取り組みをさらに支援すること。 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。  

東大阪市議会 2020-06-10 令和 2年 6月第 2回定例会−06月10日-03号

3つ目に、生産緑地の活用についてでございますが、行政機関も借り手となることは可能であることから、適切な生産緑地があれば、農業振興啓発事業実施している事業一環として、学校園と連携した取り組み体験農園の拡充などを検討してまいります。また議員御指摘のように、都市農地貸借法の成立により貸借による農業が行いやすくなったことで、就農を希望されるなどの新たな農業の担い手も期待されることであります。

池田市議会 2020-06-06 06月06日-02号

事は子どもそして身体にも影響する問題でありますから、これは、アレルギーの問題、軽視せずに進めていっていただきたいということであります。 3回目の質問でありますから駆け足で言いました。もう一度聞きたいです。私の一番最初質問市長、答えられなかったけれども、地方公共団体役割、住民の福祉の増進に努めることにあるのだということをちゃんと認めてくださいよ。