500件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

門真市議会 2019-06-24 令和 元年第 1回定例会−06月24日-03号

そして住宅用火災警報器の設置が義務づけられてから10年が経過し、一般社団法人日本火災報知機工業会は住宅用火災警報器は古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しないおそれがあるとして住宅用火災警報器の取りかえを推奨しています。  住宅用火災警報器の取りかえについて、どのように周知しようとしているのか。  

岸和田市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2019年06月19日

続いて、人工内耳の電池の助成についてお尋ねいたします。聴覚障害のある人が、聞こえを改善するために装用するものとして補聴器が広く知られていますが、重度の難聴者(児)が聞こえを改善するために、補聴器ではなく、人工内耳を選択する方もいらっしゃいます。人工内耳とはどういう仕組みのものか、まずお示しください。  

茨木市議会 2019-03-19 平成31年総務常任委員会( 3月19日)

それともう1つですね、代表質問の中でもさせていただきました避難所への水素発電について、その代表質問のご答弁では、現在、水素発電都市ガスを利用していることもあり、その効果について調査研究してまいりますというふうなご答弁をいただいたんですけれども、このご答弁はですね、家庭燃料電池に対する認識でのご答弁かというふうに思います。  

東大阪市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日民生保健委員会−03月18日-01号

本市が採用しているのはQRコードシール入りの衣服とか杖とか靴にどこにでも張れる特殊な素材シールを御本人、御家族に渡して発見されたときに周りの方から事務局のほう、行政のほうにつながるというふうな仕組みのほうを採用しているんですけども、GPSについては検討はしたんですけども、やっぱり電池の問題とか、確実にその対象の高齢者の方が常に持っていっていただけるかとか、ちょっとそういうところがまだ検討した時点では

東大阪市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日文教委員会−03月18日-01号

◆中西 委員  その辺のところ、市としてもっと推進していったらどうかなというふうに思うんですけれども、今エネルギーの変換を利用した製作品の設計とか製作ということで、ラジオ教材として製作してるかもわからないということだったんですけれども、今ラジオって電源でいうと交流の電流も使えるし、そしてまた電池や、また今太陽光発電もその中に組み込んでしようとしているところもあるんですね。時計もついてる。

豊中市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日環境福祉常任委員会−03月11日-01号

また、これらの事業とともに、住宅再生可能エネルギーシステム設置補助事業、また家庭燃料電池システム設置補助事業も含め、本市の地球温暖化防止地域計画が着実に前進しますことを要望しておきます。  次に、事業別予算説明書143ページのリユース事業につきましてお伺いいたします。  

堺市議会 2019-03-08 平成31年度予算審査特別委員会-03月08日-03号

現在、市役所本館1階正面玄関に展示中のタペストリーを初めまして、水素を燃料とする公用車、つまり燃料電池車へのラッピング、各種広報物への印刷など、さまざまな場面で活用しておりますところでございます。  今後も市民の皆様へ配布するパンフレットやチラシへ、このロゴマークを活用することによりまして、SDGsの認知度向上に努めてまいります。以上でございます。

茨木市議会 2019-03-07 平成31年第2回定例会(第3日 3月 7日)

現在、燃料電池自動車家庭燃料電池など、一部既に小型の水素発電機が実用化されております。本市の水素発電の取り組みについてのご見解をお聞かせください。  ごみの減量と再資源化について、雑がみ保管袋の配布によるごみの減量を進めるとありますが、その効果と具体的な再資源化について、お尋ねいたします。  

豊中市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(本会議)−03月06日-04号

市は、地球温暖化防止地域計画推進事業として、家庭燃料電池システム設置補助住宅再生可能エネルギーシステム設置補助、ZEH普及促進補助住宅窓断熱リフォーム支援補助に取り組んでいます。その成果と課題について伺います。  次に、市が自ら取り組むことで環境負荷の低減に関する取組みに、グリーン契約グリーン購入の推進として、電気事業者の選択が掲げられています。

堺市議会 2019-03-01 平成31年度予算審査特別委員会(健康福祉分科会)−03月01日-01号

聴覚障害の方の人工内耳の電池代、これも今までもう絶対に難しい、この助成制度は入っていかないというのを入れていただきました。もう本当にこれは障害をお持ちの、聴覚障害、電池代もすごい高いんですね。それを抱えてるお母さんの声を聞いて、本市で取り組んでいただきました。これは何も局長だけではなくて、ここにおられる皆様方が一緒になって、一丸となって成果を出された結果だろうと思っております。  

堺市議会 2019-02-25 平成31年 2月25日産業環境委員会−02月25日-01号

そして、ハイドリッチや岩谷産業は液化水素と、さらには宇部興産もリチウムイオン電池ということで、重厚長大から軽薄短小の産業に変えていくということが大きな流れでございます。そして、もちろんIT産業情報産業も堺の中で小さいではございますが、そろそろ伸びてくるという状況でございます。いろいろな会社がそろそろ頑張り出しているところでございます。  

堺市議会 2018-12-21 平成30年12月21日大都市制度・広域行政調査特別委員会−12月21日-01号

これに対しまして、竹山広域産業振興副担当委員から、水素燃料電池関連分野のフォーラム開催によりまして、大学研究機関の最新の研究成果の発表が企業技術シーズの実用化に向けた動きにつながっていることでありますとか、蓄電池分野におけます支援機関として世界最大級の耐火・耐爆性能を備えました試験設備を有する大型蓄電池システム試験評価施設が設置されたことなどの答弁がございました。  

豊中市議会 2018-12-20 平成30年12月定例会(本会議)−12月20日-03号

また、市民の皆様にはご家庭でも大規模停電に備え、災害時の非常持出品に加えて、電池使用できる情報機器や蓄電池の準備等を行っていただくなど、啓発をしてまいりたいと考えております。 ○議長(喜多正顕) 31番、福岡正輝議員。   ( 登 壇 ) ◆31番(福岡正輝) 2問目です。  

大東市議会 2018-12-04 平成30年12月4日未来づくり委員会−12月04日-01号

基本的には、私も使わせてもらったことがありまして、会館の方の対応というのも、基本的にはしっかりされているというまず前提のもとで言いますけども、例えば、備品なんかですよね、会議室使うときの、例えばマイクの電池、ワイヤレスマイクとか、あるいはプロジェクターとか使いたいときの使い方の問題、一応の説明書き等は書いてある場合もあるんですけども、これがちょっと、どう扱うかわからないといったときに、対応として、電話

東大阪市議会 2018-10-29 平成30年10月29日平成29年度決算審査特別委員会−10月29日-04号

まず太陽光発電設置補助金といたしまして、交付件数が155件、交付決定金額が1667万4000円、家庭燃料電池補助事業ですが、済みません、1435万円です。 ◆塩田 委員  何件ですか。 ◎山口 環境企画課長  済みません、287件です。HEMSですが、35件で65万9000円です。家庭用蓄電池、リチウムイオンですが、647万8000円でございます。以上です。