23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

八尾市議会 2019-10-15 令和 元年10月15日予算決算常任委員会(総務分科会)−10月15日-01号

最近、うちの近所でも火事が何かぽつぽつと多くて、平成30年度の火災原因を見てると、電気火災というのが1番になってて、たばこであったり、放火であったりは2番、3番という形になってるのですが。このたばことか放火って、寝たばこはやめましょうとか、今までの防火部分で。放火であるならば、家の周りに燃えやすいものを置かないでおきましょうというようなアナウンスをされておられたと思います。  

堺市議会 2019-09-25 令和 元年 9月25日市民人権委員会-09月25日-01号

◎山領 予防査察課長  電気火災防止への取り組みにつきましては、プラグコンセントの間にほこりがたまることで火災に至るトラッキング現象や、電気製品配線などの劣化による漏電火災事例を掲載して注意喚起するチラシを作成しております。防火訪問時や火災予防運動各種イベント等において市民啓発を行っています。

堺市議会 2018-12-12 平成30年12月12日市民人権委員会−12月12日-01号

まず、今映させていただきましたけど、電気火災ですね、これ3面の記事ですね。大掃除で電気火災を防ぐという記事の件についてちょっとお聞かせをいただきたいと思います。この電気火災といいますと、タコ足配線であったりプラグトラッキングなどによる火災などを想像いたしますけども、消防局管内では、電気関係火災は過去10年間で何件ぐらい発生しているのかお示しください。

大阪狭山市議会 2018-09-28 09月28日-04号

さらに、地震発生時に電気火災防止するための手段の一つとして有用であります感震ブレーカー啓発を行っていただく予定です。ぜひとも皆様の、多くの市民の方々のご参加をお願い申し上げます。 次に、健康ウォーキング大会についてでございます。 11月4日、第10回大阪狭山健康ウォーキング大会を熟年いきいき事業実行委員会と共同で開催いたします。

池田市議会 2018-09-26 09月26日-03号

今後は、防火管理者講習会各種イベントの機会を通じまして、地震における電気火災防止対策を図るため、感震ブレーカー普及啓発に取り組んでまいりたいと考えているところでございます。以上でございます。 ○前田敏議長 子ども健康部長。 ◎子ども健康部長岡田和也) 細井議員さんの保育所入所申し込み受け付け及び選考結果通知の時期についてお答えさせていただきます。 

岸和田市議会 2018-06-25 平成30年文教民生常任委員会 本文 開催日:2018年06月25日

感震ブレーカーは、地震発生時に設定以上の揺れを感知したとき、ブレーカーコンセントなど、電気を自動的にとめる器具でございまして、不在時やブレーカーを切って避難する余裕がない場合に電気火災防止する有効な手段でございます。  消防本部といたしましては、今後、住宅用火災警報器とあわせて、普及啓発を進めてまいりたいと思います。  

大阪狭山市議会 2018-06-12 06月12日-03号

電気機器からの出火や、また停電復旧後に傷ついた電気コードからの出火など通電火災と言われる電気火災感震ブレーカー設置は有効であると、大阪府は説明をしております。 本市住民皆様に、防災減災について行政に力を入れていただきたい項目を伺いますと、半数の方が、感震ブレーカー普及活動が必要だとおっしゃっていました。

高槻市議会 2017-03-28 平成29年第1回定例会(第6日 3月28日)

これを受けて、内閣府、消防庁経済産業省連携で、大規模地震時の電気火災発生抑制に関する検討会が開催され、平成27年2月に感震ブレーカー等性能評価ガイドラインが策定されました。その中で、地震時等に著しく危険な密集市街地においては、出火防止対策としての感震ブレーカー普及啓発活動推進が期待されるとされております。  

門真市議会 2017-03-13 平成29年 3月13日総務建設常任委員会-03月13日-01号

規模災害におけます二次災害啓発につきましては、大規模地震発生後の二次災害としてよくあります電気火災危険性、その防止対策について市ではどのような啓発が行われているのか、また、過去の災害事例でありますとか、南海トラフ地震被害想定についても説明をされているのか、その点についてお聞かせください。

守口市議会 2017-03-07 平成29年 2月定例会(第3日 3月 7日)

次に、防災への備えについてでございますが、感震ブレーカーにつきましては、地震が発生した際の電気機器からの出火停電復旧後の通電火災などの電気火災防止する上で非常に有効であると考えております。ただ、市販されて間もない機器でありますことから、現在府と連携をしながら防災訓練各種講座防災啓発イベント等を通じて、まず機器の存在とその有効性に対する周知理解促進に取り組んでいるところでございます。

豊中市議会 2016-09-30 平成28年 9月定例会(本会議)−09月30日-04号

感震ブレーカー設置は、地震時の電気火災予防に有効な手段であると考えます。  そこでお伺いいたしますが、現在は消防局の方で感震ブレーカーについての普及のための広報活動がどのように実施されているのか、具体的にお聞かせください。あわせて、今後の広報活動についての取組みについての考え方もお聞かせください。

池田市議会 2016-06-23 06月23日-03号

しかしながら、最近、マスコミ報道等で、火災原因としてトラッキングによる電気火災と報道されることがありますが、そこで、2点お伺いいたします。 まず1点目は、トラッキングとは具体的にどのような現象なのか、お伺いいたします。 2点目は、池田市において、トラッキング原因による火災が発生したことがあるのか。また、市民はどのような対策が必要なのか、周知方法についてもお伺いさせていただきます。 

岸和田市議会 2016-06-20 平成28年第2回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2016年06月20日

◯澁谷泰隆危機管理部長危機管理監事務取扱  地震により電気火災が発生するおそれがあることから、通電火災を防ぐために有効とされているのが感震ブレーカー、つまり揺れを感じるブレーカーでございます。  経済産業省電力安全課でも、感震ブレーカー普及啓発が進められているところでございまして、関西電力の防災対策においても設置を推奨しているところでございます。

東大阪市議会 2016-06-15 平成28年 6月第 2回定例会−06月15日-03号

その後、内閣府、消防庁経済産業省連携のもと、大規模地震時の電気火災発生抑制に関する検討会にて、平成27年2月に感震ブレーカー等性能評価ガイドラインが整備され、同年3月に大規模地震時の電気火災発生抑制対策検討推進についてにより、特に地震時等に著しく危険な密集市街地における緊急的、重点的な感震ブレーカー等普及が勧告されました。

  • 1
  • 2