187件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

羽曳野市議会 2021-03-10 令和 3年第 1回 3月定例会-03月10日-03号

方針を基本としながら、全体像の見直しを行っており、見直し後の方針に基づき、認定こども園として統合されていくこととなりますが、それまでの間に関しては、現配置での位置関係から見れば、白鳥幼稚園については古市幼稚園が、西浦東幼稚園については西浦幼稚園受皿園となってくると想定しており、閉園までの間もそれぞれの園の間での交流保育を充実し、少人数である白鳥幼稚園及び西浦東幼稚園園児に対する一定規模人数での集団教育

松原市議会 2020-12-09 12月09日-04号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◎市民協働部長坂野徹也君)  クリエート月ヶ瀬につきましては、自然と触れ合いながらの様々な体験とか、それから集団教育を学ぶことができる社会教育施設でございます。 豊かな自然の中での集団活動によりまして、仲間意識の醸成など、松原市の子どもたちの健全な育成を図っておるところでございます。       

羽曳野市議会 2020-12-09 令和 2年第 4回12月定例会-12月09日-03号

今後の方向性といたしましては、少子・高齢化公立幼稚園の需要もしっかりと精査をしていただいて、集団教育環境の中から生きる力の育みを学べる環境整備も考慮するべきであると考えております。  そのためには、今後の公立幼保育園の在り方がどうあるべきか答えを出さなければならない時期に差しかかってきているのではないかと思われます。  

八尾市議会 2020-09-08 令和 2年 9月定例会本会議−09月08日-03号

集団教育必要性教育を受ける権利保障の観点からすれば、八尾市の責任で必要な地域公立施設を確保すべきです。今、存続している公立幼稚園3園を来年度も継続すること、人口急増地域については、公立幼稚園の復活も視野に入れ、早急に手だてを講じるべきです。御答弁ください。  次に、障がい児の発達支援について質問します。  

池田市議会 2020-06-25 06月25日-03号

子ども無力感子ども間の支配関係子ども問題行動から、小規模施設優位性が認められていたソ連の流れを含む集団教育理論、戦後日本に根づいた家庭教育理論との選択の中、日本では集団教育理論を取り入れました。現在でいうところの里親制度養子縁組制度家庭教育理論とするならば、現況の主流にも変化があったと思われます。 

東大阪市議会 2020-06-09 令和 2年 6月第 2回定例会−06月09日-02号

児童や生徒に端末を渡してオンライン学習など考えておられると思いますが、一方で学校という器の中での集団教育、人間関係形成などどのように整理されているのでしょうか。  次に新型コロナウイルス感染拡大のために障害者の方々が緊急的に生活状況を変えなければいけない場合について、その間必要な介助などについてお聞きします。  

東大阪市議会 2020-06-04 令和 2年 6月第 2回定例会−06月04日-目次

見守りセンター等の今後の取り組み、公民連携協働室役割について     5.障害児者支援センター、レピラの短期入所事業稼働状況コロナ禍も含めた事業の総括、指定管理者選定方法自立支援協議会あり方について     6.コロナ禍の中でのDV、虐待への対応、10代の妊娠相談について     7.GIGAスクール構想のスケジュール、教職員への支援策オンライン学習に係る各家庭での通信環境学校での集団教育

吹田市議会 2020-02-28 02月28日-03号

集団教育個人学習で言いますと、間違いなく個人学習は高めると思います。ただし、それが集団教育を弱めることにならないか、一定の時間しか教育時間はありませんので、それに対して教育界としてこのタブレット端末というものが、今後、教育メーンストリームになるのか、するのか、それとも電子文房具として教育補助ツールに位置づけるのか、これについても全く定まっておりません。 

豊能町議会 2019-12-03 令和元年12月定例会議(第2号12月 3日)

ただ、寮を、実際の話、建てて、そこで舎監、世話をする方を入れて、そしてそこで集団教育をするということは、子どもたちにとって、これは自立心を生んだり、いろいろな部分でいいところはあるというようには思います。ただ、やはりたくさんの、それをするには課題があるというように思いますし、私が調べた中ではなかなか小学校全寮制をとっておるところは、私立。             

藤井寺市議会 2019-11-29 11月29日-01号

その結果どうなったかといえば、少人数だと集団教育支障が出るとして策定された計画で、さらなる少人数を招いてしまっています。 これは過渡期という言葉では済まされません。子どもたちにとってはかけがえのない1年です。道明寺東幼稚園地域のお子さんは、園区というものもなくなってしまいました。今からでも幼稚園統廃合は一旦立ちどまり見直すべきです。

河内長野市議会 2019-09-11 09月11日-03号

また、廃園また休園といったところに至った経過としましては、現在、子どもの数が非常に少なくなりまして、我々が目指すべき標準的な教育で行います集団教育ができないといったこともあったということを申し述べたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 ○副議長(浦山宣之)  原歴史議員。 ◆1番(原歴史)  廃園するかどうか、当分の間、経過観察したいと。

河内長野市議会 2019-09-10 09月10日-02号

その結果、現状の市の人口実態から児童数の回復は見込めず、適正な集団教育実施することは極めて難しい状況であり、公立施設が目指すべき標準的な幼児教育が行えないこと、その一方で、民間施設においては受け入れに余裕があることから、令和2年度の新入園児募集停止をお知らせし、在園児が卒園する令和3年3月末をもって廃園する予定としておりました。 

藤井寺市議会 2019-06-27 06月27日-03号

市立幼稚園保育園再編実施計画前期計画における、幼稚園廃合幼稚園統合集団教育効果を確保するためのものと理解しております。就園率の低さとそれに伴う学級の少人数化につきましては、集団教育効果に影響を与えかねない喫緊の課題であり、適切な集団が確保できなくなる前のやむを得ない統合であると考えております。 3歳児保育につきましては、今後の検討課題の一つであるという認識を持っております。

藤井寺市議会 2019-03-05 03月05日-03号

逆に保護者の方も、それでも通わしたいんだと、近くの道明寺東幼稚園にというのがあるということは、逆に言えば、幼稚園統廃合教育委員会としての根拠として挙げてた集団教育支障が出るからというのが、実際には現場の要望と離れているということを指し示していることになってませんか。これ、しっかりと考え直さなきゃいけないと思うんです。