159件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

泉南市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-06-06

りんくう内の桜並木の歩道につきましては、現在議員が提案していただいたところは、多分都市計画緑地のりんくう南浜1号緑地のことではないかというふうに思われますけれども、この緑地につきましては、大阪府が南大阪湾岸整備事業に関連する既設防潮跡地と、その周辺整備として地域環境改善と生活道路の整備を行いまして、市が引き取ったというものでございます。  

東大阪市議会 2019-03-11 平成31年 3月第 1回定例会−03月11日-03号

また2011年の東日本大震災では、観測史上最大のマグニチュード9.0の大地震と最大40メーターを超える大津波が発生し、防潮により津波をおくらせる等の効果はありましたが、完全に防ぐことができず、多くの方々が死亡行方不明となる大災害となりました。東日本大震災では、これまでの防護という発想によるインフラ整備中心の防災対策だけでは、限界があることを認識させられました。

堺市議会 2019-02-25 平成31年度予算審査特別委員会(市民人権分科会)−02月25日-01号

高潮のハード対策である、本市の防潮高さなど整備状況はどのようなものとなっているのかお答えください。 ◎鈴木 防災課長  防潮でございますが、防潮とは高潮津波が内陸部に進入することを防ぐことを目的とした施設でございまして、防潮の整備の主体大阪府港湾局となっております。

岸和田市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2018年12月06日

本市の防潮の天端の高さは、大阪湾最低潮位プラス5.1メートル以上で整備されておりまして、浜校区であれば浜工業公園の山側にある防潮提は大阪湾最低潮位プラス5.0メートルになっているなど、避難勧告のエリアには浜校区や中央校区を含めず、臨海線よりも海側を対象としたものでございます。  次に、災害対策本部機能のあり方についてでございます。  

堺市議会 2018-12-05 平成30年第 4回定例会-12月05日-02号

また、海岸堤防につきまして、異常を早期に発見するため、防潮沿いの府道大阪臨海線や旧堺港などの巡視を行いました。以上でございます。 ◆9番(渕上猛志君) 議長。 ○議長山口典子君) 9番渕上猛志議員。 ◆9番(渕上猛志君) 防潮沿いの府道大阪臨海線などの巡視を行ったということですけれども、まさにこの臨海線が堤防がわりになっているというわけですね。

高石市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−03号

また、タンクのものが漏えいしないように、防潮と申しますか、そういったものも強化していただいた。また、いろんな検知器を直したり強化したり、あるいは非常用電源を設置したり、そういったことを企業さんも、聞きますとおよそ30億円近い設備投資を、防災面だけでやってくれているわけであります。  

堺市議会 2018-03-09 平成30年 3月 9日市民人権委員会-03月09日-01号

100年から150年周期で起こるマグニチュード8クラスの地震による津波に対しまして、防潮の倒壊を防ぐ事業や液状化対策による津波被害を防ぐ等の事業が進められております。  こうした取り組みは、主に災害を未然に防ぐという意味では防災に資する取り組みではございますが、同時に被害を抑えるという意味で、減災の取り組みとも言えます。  

高石市議会 2018-03-05 平成30年  3月 予算委員会-03月05日−01号

これは、まず本市のほうが要望しておりました漁港内の防潮の液状化対策工事というのが、大阪府の施工によりまして、平成29年度中に完成する運びとなってございます。  今後につきまして、本市への移管をにらみまして、漁業振興策、また技術的支援、人的育成等につきまして、大阪府と協議してまいりたいと考えてございますので、よろしくお願いいたします。

豊中市議会 2017-12-20 平成29年12月定例会(本会議)-12月20日-03号

次に、神崎川堤防安全対策についてでございますが、大阪府が実施した南海トラフ地震による津波浸水想定は、防潮などの地震による沈下等も考慮しているものでございまして、神崎川堤防の破堤による本市への浸水は想定されておりません。  ただし、浸水想定は一定の条件を設定して計算されたものであり、浸水域や浸水深が変わる場合がありますので、注意が必要です。  

高槻市議会 2017-09-25 平成29年第4回定例会(第3日 9月25日)

東日本大震災の被災地では、復興のための高台移転や防潮の用地取得の際、土地権利関係や相続人追跡に膨大な時間がかかり、災害公営住宅の整備が大幅におくれるなど、長期にわたりその影響が続き、災害復興の大きな妨げとなりました。  また、昨年の熊本地震においても、所有者に連絡がつかず、地震で傾いた空き家の解体ができない事例が熊本市だけで50件を超すなど、同様の問題が発生しました。  

岸和田市議会 2017-08-25 平成29年第3回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2017年08月25日

高潮対策といたしましては、1つは、岸和田沿岸部全域に防潮があり、その維持管理等を大阪府が行ってございます。直近の工事といたしましては、平成28年と平成29年の2カ年で、岸和田漁港防潮の補強工事が行われているところでございます。  また、2つ目といたしましては、水門がございまして、岸和田カンカンベイサイドモールの沖にございます岸和田水門や他の水門の点検整備を大阪府が行ってございます。

高石市議会 2017-03-03 平成29年  3月 予算委員会-03月03日−01号

防潮はこっちですから。もっと東側ですから。だから、あそこについては、そういう誘導施設じゃなくて、2月7日にやった都市計画審議会でも都市の誘導施設にはなれなかったんですよ。専門家の先生が。それでどうするかと。それは市独自で生涯学習地域にしなさいということで都計審で立地適正化計画、そういうところを決めているんです。  ここではこうだけど、都市計画ではこうだ、防災だとこうだと。

高石市議会 2016-11-30 平成28年 11月 総務文教委員会-11月30日−01号

だから、別にこれに反対するとか申し上げているわけではなくて、ただ、やはりその3.11を受けて、その警戒区域には指定はされていないながらも、やっぱり防潮の外であるということで、部会長からも危険はあるんじゃないかという、これは同じ議事録の中にあるんです。部会長のご意見が出ているんですけれども、というようなご指摘がある中で、どういうふうな市としての安全対策をお考えなのか。  

東大阪市議会 2016-09-30 平成28年 9月第 3回定例会−09月30日-05号

議員御指摘のとおり、大阪府国土強靱化地域計画には、土砂災害に対するハード面の具体的な計画が示されてないのが現状であり、主として津波対策に重点を置いた計画となっており、防潮及び水門耐震化、自動化に関するハード対策に毎年数千億円の予算配分の計画がされており、津波被害想定のない本市では自然災害の脅威は土砂災害であると訴えました。