2158件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨木市議会 2021-08-04 令和 3年北部地域整備対策特別委員会( 8月 4日)

もう皆さんもよく御存じだと思いますし、市長も自ら足を運んでいただいたと聞いておりますけれども、例えばイチゴ、茨木の泉原のほうで育てられているミライバナさんとか、あと、ふるさと納税に出品していただいているマンゴーの小川さん含めて、若い農業者がそこで何とか茨木の魅力を発信していこうということで、今までやったら、簡単に言うたら、おじいちゃん、おばあちゃんが地元野菜作って、朝市に出して終わりっていうところじゃなくって

箕面市議会 2021-06-22 06月22日-02号

地産地消率も毎年20%を超える状況になっており、学校給食へ箕面産野菜を安定して供給できています。 次に、これまでの農業公社事業展開と今後の在り方についてですが、先ほどご答弁しましたとおり、農地の借受け面積や学校給食への供給量は着実に増加しており、農業公社の目的である農地保全地産地消を着実に推進できているものと認識しています。 

茨木市議会 2021-06-11 令和 3年第3回定例会(第2日 6月11日)

あわせて、本市でも社協やWAMと連携し、市民グループとしてフードパントリーに尽力をいただいている市民の皆様や、こども食堂へ、みしま館から定期的に野菜の寄附をいただいたり、学習支援子ども若者支援の場、DVシェルター市民事業者の方から提供されるケース、市へ直接食品が提供されるケースなど、実態として様々な動きがあります。  

豊能町議会 2021-06-09 令和 3年 6月定例会議(第3号 6月 9日)

あるいは知っていても、わざわざあっちまで回って行くのにちょっと離れてるからつらいとか言って、結果的には豊能町の野菜が購入されることなんか、限られているわけですよね。  で、もしこの人たちが気楽に寄れる場所、時間帯であったら、どれほど生産者たちに活気やら生きがいやらもたらすかと、私は考えてます。

豊能町議会 2021-06-08 令和 3年 6月定例会議(第2号 6月 8日)

コンビニ移動販売については、大阪府内では千早赤阪村や河内長野市が移動販売を始めている状況で、日用品やお弁当野菜を含む150種類を搭載できる移動販売車で、平成23年のスタート以降、33道府県で76台が稼働しています。本町もスーパーやコンビニから遠い地域に住む高齢者皆さんにとってはとても参考になる事例だと思います。

茨木市議会 2021-03-19 令和 3年文教常任委員会( 3月19日)

それから、調理場で使用されている洗剤ですね、野菜洗い、手洗い、それぞれどうなってるのか。それは、公立でやってる場合と民間委託と、それぞれありますけども、それについて、全く一緒かどうか、お聞きしたいと思います。  それから、小学校給食、直営、委託含めて、仕様書の中には、事故報告という文言がありますけれども、ここ3年間の事故報告状況はどうだったかと。その事故内容と件数をお聞きをしたい。  

豊能町議会 2021-03-19 令和 3年 3月定例会議(第4号 3月19日)

地域の独り暮らしの方がプランターに同じ野菜を植え育てます。同じ野菜を植えることで共通の話題ができ声をかけやすくなります。水やりや草引きが必要なことから、できていなければ異変に気付きます。令和年度は全地区で実施しますのでこの事業が広まれば一助になるのではないかと考えていますという答弁がございました。  

大東市議会 2021-03-19 令和 3年 3月定例月議会-03月19日-03号

これは量に換算すると、御飯が30グラム程度おかず平均45グラム程度で、おかず残菜率は生徒の比較的苦手とされる魚や野菜が多くを占めています。  給食の質につきましては、安全性確保を基本とした上で、おいしく喜ばれることと食育の教材に資するものとなるように努めております。  

茨木市議会 2021-03-16 令和 3年建設常任委員会( 3月16日)

確かに、生肉を販売するとなると、鮮度の問題とか、それ以外の課題もちょっといろいろあるのかなと思って、一旦諦めたんですが、ふと、ちょっと知り合いの方が家でくん製を作ってるんだけれども、住宅街なので煙がくさいという苦情をもらうときがあるということをちょっと思い出しまして、肉だけではなくて、野菜とか、たくあんとかもくん製あるみたいで、その方は何でもくん製にできるんだというふうにおっしゃっておられて、昨今、

松原市議会 2021-03-08 03月08日-02号

私も野菜セットや何店舗かの商品を購入し、こういう楽しみ方もあるんだと、そういうふうには感じました。今年はよりよく、何とか現地の開催も期待したいところです。 そこで、急遽実施したネットでのマルシェがどのような反響だったのか、また、それが今後生かされるのかといったところも踏まえて、今後の展望についてお聞かせください。 

茨木市議会 2021-03-08 令和 3年第2回定例会(第3日 3月 8日)

小学校給食における地元食材提供についてでありますが、令和年度は米が全体の63.9%、みそ汁での龍王みそ使用は100%、野菜は全体の1.3%、ジャガイモは全体の0.3%の使用となっております。  提供量確保への課題については、従事者の減少や高齢化農地遊休化などによる生産力不足であると認識しております。新規農家参入促進農家団体との協議など、生産量の増加を支援しております。  

豊能町議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会議(第3号 3月 5日)

○10番(高尾靖子君)  この道の駅いうことで、打って出られてきたわけですけれども、これを廃止するということになりましたので、志野の里になってるんですけれども、本当に皆さんが求められているのは、やはり新鮮な野菜またいろいろな野菜に挑戦して持ってきていただく農家の方々、これは本当に尊敬に値するものでございます。

茨木市議会 2021-03-05 令和 3年第2回定例会(第2日 3月 5日)

また、平成29年度からは野菜生産代表者と市の給食事務担当者が直接協議を始めたことにより、徐々に野菜類の提供が増加して、令和年度からは地元野菜を使ったメニュー提供する日を年に2度ほど実施しております。令和年度では、地元産を含む国産ゴマ提供も予定されております。  新年度における新たな食材提供など、具体的展開については特にございません。  

泉南市議会 2021-03-05 令和3年第1回定例会(第3号) 本文 開催日: 2021-03-05

そして、一番大切なことは、この砂栽培において、野菜が育つのかどうかということです。この点に関しては、泉南市が指導をしていただいているグリーンファームさんの農場を見学させていただき、確認をしてまいりました。結果、とてもおいしそうなお野菜がしっかりと育っておりました。  このように、すぐれた農法であるにもかかわらず、砂栽培自体普及率の低さや、泉南市での砂栽培事業の現状の評価が釣り合っておりません。

豊能町議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会議(第2号 3月 4日)

私もいただきましたけれども、冷たくて、私がお弁当が多いのか知りませんけど、冷たくてもおいしくいただけた、野菜の量も多くて、健康のバランスを本当に取っているなというのはよく感じます。  ただ、子どもたちにとってどうかというところについては、今、温める方法等も検討させていただいていますので、それらを踏まえて総合的に判断していきたいというように思います。 ○議長永谷幸弘君)  管野英美子議員

泉佐野市議会 2021-03-03 03月03日-01号

分離回収した二酸化炭素は、野菜藻類培養に利用されていますが、今年度令和年度)の売却量は4月から9月の実績が約176トンとなっており、当初の見込みの年間3,300トンを大きく下回っているようでございます。 また、東京都調布市は、今年度よりごみの焼却で発生する排ガスから二酸化炭素を回収して利用する実証実験を始めたと発表しました。

阪南市議会 2021-03-02 03月03日-02号

このほか、企業連携推進に係るリーフレットの作成やはんなん家族マイレージMyトレーニング教室にも参加していただき、記念品等提供健康講座開催野菜摂取量測定等、ご協力いただいているところです。 今後も、より一層の連携を図りながら、市民皆さん健康づくりに寄与してまいりたいと考えております。 ○議長中谷清豪君) 11番中村秀人議員。 ◆11番(中村秀人君) ありがとうございます。