664件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊能町議会 2019-09-04 令和元年 9月定例会議(第3号 9月 4日)

○8番(小寺正人君)  同じく基本構想ですかね。基本設計に係る支払金額並びに受託業者がその基本設計を途中までやってると思うんですけど、幾ら払って、その事業にどれくらいかかると見積もっていたのかということをお聞きしたいと思います。 ○議長(永谷幸弘君)  答弁を求めます。  上畑建設環境部長。 ○建設環境部長(上畑光明君)  お答えさせていただきます。  

豊能町議会 2019-09-03 令和元年 9月定例会議(第2号 9月 3日)

診療所につきましては、以前の方針では東地区のこのかいわいで診療所の敷地、中央公民館も含めての構想がございましたので、それまではがまんだとは思っておったんですけれども、方針も少し変わりましたので、あの診療所については今後も活用していきたいと考えてございまして、大規模修繕が必要ではないかと。

茨木市議会 2019-07-18 令和元年北部地域整備対策特別委員会( 7月18日)

それでは、もし市長とか副市長でお考えがあれば、お聞かせいただきたいのと、あと、ハブ拠点としての役割というふうなこともおっしゃってたんですけれども、今、見山の郷でも若干、減少傾向にあるというふうなことも、ここの中に報告にあったんですけれども、ここで同じような、例えばとは限りませんけれども、いろいろなそういう設備施設を市がつくるということも書いてありますので、どういう施設が入ってくるかわからないですけれども

羽曳野市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日建設企業常任委員会−06月24日-01号

◎南口 政策推進課長観光課長しらとりの郷・羽曳野駅長   委員のご質問の具体的な活用方策ですけども、これまでも何度か議会において答弁させていただいているかとは存じますけども、基本的には歴史的な価値を守りながら観光産業、交流を促進する拠点として再生してまいりたいというふうに考えております。

羽曳野市議会 2019-06-20 令和 元年 6月20日総務文教常任委員会-06月20日-01号

南里民恵世界文化遺産推進室長   ・ 森井克則市長公室副理事兼こども課長兼(仮称)西部こども未来館設立準備     室長兼古市複合館長       ・ 田中安紀保険健康室長   ・ 松本晃保健福祉部副理事   ・ 藪田英友生活環境部理事環境衛生課長   ・ 渡辺正治都市開発部副理事建築住宅課長   ・ 岩城泰弘農業委員会事務局長   ・ 塚本圭祐人事課長   ・ 南口修二政策推進課長観光課長

豊能町議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会議(第2号 6月 4日)

例えばのように、ほかにあって豊能町にないものをおくれたタイミングでつくるようなことはせずに、豊能町にだけあるものや豊能町にしかないもの、既に制度としてあるけれども十分に活用されていないものなどを探し出し、それを活用して費用を抑えながら豊能町独自のまちづくりを着実に実施していけるような視点で質問させていただきます。  6項目ございます。  

豊能町議会 2019-04-26 平成31年 4月会議(第2号 4月26日)

次に、委員会は今回で終わるのか、別の委員会を立ち上げるのか、また新たに委員会が再編されるのか、今後の検討になるのかどうかという質問に対して、委員会については一旦任期は終了しますが、また何らかの形で立ち上げる方向で考えています。今後、引き続きその方に委員をしてもらうかどうかは現状に応じて考えていきたいと思っておりますという答弁でございました。  

豊能町議会 2019-04-19 平成31年 4月会議(第1号 4月19日)

次に款6・農林水産業費、項1・農業費、目3・農業振興費の4.農×観光戦略推進事業でございますが、建設準備委員会の委員報酬でございます。  19ページをごらん願います。  項2・林業費、目1・林業総務費の4.野生ジカ・イノシシ等農林業被害防止事業でございますが、有害鳥獣被害防止活動の助成に係る費用を増額するものでございます。  

豊能町議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会議(第3号 3月26日)

しかし公約として書かれてるのはの白紙撤回。ということはそのものをなくしてしまうということが白紙撤回のいう意味なんですわ。これは書いてある字のごとくですわね。だから我々が受け取ったときには白紙じゃなしに白紙撤回と言われているので、そのものをなくしてしまうというぐあいに我々受け取ったんやけども、それいかがですか。 ○議長(永谷幸弘君)  答弁を求めます。  塩川町長。

羽曳野市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日総務文教常任委員会-03月12日-01号

佐藤貴司契約検査課長      ・ 森井宏之管財用地課長   ・ 菊地一夫指導監査室長      ・ 和田康隆生活福祉課長   ・ 白樫伸浩保険年金課長      ・ 寺元麻子高年介護課長   ・ 尾久聖子地域包括支援課長    ・ 山下和男市民課長   ・ 松浦 治人権推進課長   ・ 木村晃祥市民協働ふれあい課長市民大学事務長兼緑と市民協働ふれあい     プラザ館長   ・ 風呂谷康世観光課長

豊能町議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会議(第1号 3月11日)

また、東地区では構想が持ち上がり、基本設計と実施設計を行うことが発表されました。  私は、これらの計画実施には多額の経費が必要で、町財政の破たんを招く恐れがあり、子どもたちに将来の負担を強いるものと危惧しました。そこで、学校再配置の住民説明会にも出席し、町と教育委員会の考え方を質してきました。  

岸和田市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(本会議 第4日目) 本文 開催日:2019年03月08日

2003年よりみなとオアシスの制度が始まって以来、近年では港のとして親しまれ、港湾の振興につながり、観光地としての関心を集められるエリアが多くあります。  本市においても港のさらなる振興につながる取り組みであると考えますが、みなとオアシス岸和田について、その登録の背景についてお聞かせください。  以上で壇上からの質問を終わります。

豊中市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(本会議)−03月05日-03号

ただ、豊中市には地域でとれた農産物を販売するのような施設がありません。  そこで提案ですが、飛行機を間近で見られる緑と食品リサイクルプラザに、農産物を定期的に販売する「市」を開くことを検討してはいかがでしょうか。お考えをお聞かせください。  1問目を終わります。 ○副議長(今村正) 本荘都市活力部長

羽曳野市議会 2019-03-02 平成31年第 1回 3月定例会-03月02日-02号

特に、南阪奈道路沿線においては、にぎわい交流拠点でありますしらとりの郷を中心に、広域的な交流拠点が形成されてきたところであります。  何もなかったところに道路ができて、住宅が建ち並び、人の暮らしが生まれました。そこに、と地元野菜や特産品の直販所を誘致をさせていただきまして、さらに1万本のアジサイを植栽させていただきました。  

豊能町議会 2019-02-13 平成31年 2月会議[第2回](第1号 2月13日)

次の2回目につきましては、10月の24日、の方向性について、または管理運営方針について、それから先進地の事例の見学についてといったことで議論をしていただいたところです。その議論を踏まえて昨年の11月28日は事例の先進地と言われるところ、については3カ所のについて視察に行って、調査研究を行ってきたところです。