40件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

豊能町議会 2019-09-04 令和元年 9月定例会議(第3号 9月 4日)

令和元年の6月20日には近畿農政が現地視察し、ヒアリングを受けたところです。本年4月には事業参加申出書の提出、これを地権者から大阪府、豊能町、それから農地等の貸付希望申出書の提出ということで、これは地権者から大阪府みどり公社へ、利用権設定に係る被相続人代表届け出、これは該当者だけですけども、地権者から町へ提出されました。

羽曳野市議会 2019-03-06 平成31年第 1回 3月定例会-03月06日-03号

一方で、この間、当該土地の是正について、大阪府の担当部署と数回にわたり協議を重ね、また、近畿農政大阪府とともに赴き、事情説明等をしてまいりました。それらの経緯の中で、当事者への事情の聴取を行い、当該土地については、自らで農地に回復し、本人もしくはどなたかに貸すなどして農地として適正な活用をしていくという意向を確認しております。  

豊能町議会 2018-12-14 平成30年12月定例会議(第4号12月14日)

水路や農地については土砂がかぶってしまい、被災しているかの確認ができないため、まず土砂を取り除く工事を行い、被災していれば近畿農政に改めて申請する予定でございますという答弁でございました。  討論なし。挙手全員で可決いたしました。  続きまして、第64号議案、豊能町一般職職員給与に関する条例改正の件でございます。  

豊能町議会 2018-12-04 平成30年12月定例会議(第2号12月 4日)

7月豪雨後のため池の緊急点検につきましては、近畿農政大阪府協力を得まして調査をしていただきました。応急措置が必要ということのため池については3カ所あるということでした。そこで、台風に備えて地元のため池管理者に対して、土のうとかビニールシートの設置や経過観察等の対応をお願いしてきたところでございます。  以上です。 ○議長橋本謙司君)  永谷幸弘議員

岸和田市議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会(第2日目) 本文 開催日:2018年03月13日

◯栗栖和道丘陵地区農整備総括理事  近畿農政の農林水産統計年報によりますと、平成27年度本市の農業生産産出額は、畜産を除きますと約28億円で、府下2位でございました。そのうち、畑で栽培される野菜、花卉、芋類の全産出量は約18.5億円と全体の過半を占める本市の基幹的農産物となっております。  

八尾市議会 2017-07-07 平成29年 6月定例会本会議−07月07日-04号

同氏は、平成20年11月から国版認定農業者として御活躍をされるとともに、平成27年9月に、近畿農政男女共同参画優良事例表彰を、平成28年2月には、本市中小企業地域経済振興功績者顕彰を受賞されました。  また、平成27年度大阪府農の匠の認定を受けておられます。  次に、森下氏は、昭和**年*月**日のお生まれで、現在、**市*****丁目*番*号にお住まいでございます。  

八尾市議会 2017-07-05 平成29年 6月議会運営委員会−07月05日-04号

同氏は、平成20年11月から国版認定農業者として御活躍をされるとともに、平成27年9月に、近畿農政男女共同参画優良事例表彰を、平成28年2月には、本市中小企業地域経済振興功績者顕彰を受賞されました。  また、平成27年度大阪府農の匠の認定を受けられております。  次に、森下氏は、昭和**年*月**日のお生まれで、現住所は、**市*****丁目*番*号でございます。  

能勢町議会 2015-03-24 平成27年 3月定例会議(第6号 3月24日)

この観点から、この27年度同事業関連予算の執行に当たっては、参加団体の自立・起業を主たる目的とし、近畿農政大阪地域センター並びに大阪府流通対策室等関連機関と連絡を密にされ、参加団体指導補助の支援を受けられるよう、能勢町各部署が連携してこれに当たられることが必要であると考えます。  以上、提案趣旨理由を御理解いただき、議員各位の賛同をお願いするものでございます。

能勢町議会 2014-03-20 平成26年 第1回定例会(第5号 3月20日)

平成26年度におきましては、6次産業化支援を軸といたしまして人材育成観光など地域資源の循環、また商品開発に向けた小さな資金循環を目指していくため、平成25年度に引き続き地域再生マネジャーを招聘して推進しようとするものでございますが、高額な費用を要する地域再生マネジャーでなくても、近畿農政の6次産業プランナーの活用も視野に入れるべきだと考えております。

能勢町議会 2014-03-13 平成26年総務民生常任委員会(3月13日)

これは例えばこういうことを商工会、これ大阪府の事業を通じて近畿農政から同様の趣旨の方を招聘されて、こういう講演的なこともされたわけなんですけど、こういう、これを見られて、例えば商工会とそういう話をされたりとかいうことはございますか。 ○町長(山口  禎君)  そのチラシのことについてお話をしたことはありません。

堺市議会 2013-12-05 平成25年第 4回定例会−12月05日-03号

また、日本一の販売実績を誇っています和歌山県紀の川市にあるファーマーズマーケットめっけもん広場については、農林水産省近畿農政のホームページには、全国でも有数の売り上げ規模を誇るJA紀の里経営のめっけもん広場は、平成12年にオープンした農産物直売所で、年間の売上額は26億円強であり、県内はもとより、大阪圏からも多くの来客があり、年間80万人、約1,600人の農業者が直売所の出荷資格の登録をしています

能勢町議会 2012-09-12 平成24年 第4回定例会(第2号 9月12日)

これ、近畿農政から働きかけがあったと言うておりますけど、能勢町、有機栽培されてる方は何人かいらっしゃると思うんですけどね。この辺の農家の選択と、この18万6,000円、これどのような補助をやるのかということを御存じでしたら教えてもらいたいということですね。  それから、森林の再生、里山再生、これ以前にこういう事業もありましたね、森林組合通じての事業も。

大東市議会 2010-03-24 平成22年第 1回定例会−03月24日-04号

小学校の米飯給食は平成20年度まで週に3回実施しておりましたが、近畿農政からの要請もあり、平成21年度から月1回を追加して実施をしております。  以上でございます。 ○中谷博 議長  川端総務部長。 ◎川端利明 総務部長  (登壇)当部所管事項についてお答えいたします。  まず、市職員退職金についてでございます。  

八尾市議会 2010-03-16 平成22年 3月文教産業常任委員会−03月16日-02号

農業委員会事務局代理経済環境部参事(白石哲也)  実は、19年までは国の方で出荷の方の集約をされておりまして出ておったわけでございますけども、近畿農政の方も集約を今、統計やめております。ですので、近畿で何番という程度しかわかりませんのでございますが、それと八尾は農協で、大阪の近辺の農協に限ったことでございますが、共同出荷しておりません。

  • 1
  • 2